無料ブログはココログ

2017年12月 8日 (金)

彩りの時期(とき)にしばしお別れ

晩秋というよりもう初冬の寒さですね。

久々に、仕事が午前中だったので森の中をお散歩して帰りました。

森はすっかり冬支度。

落葉樹の多い森も、空が隙間からたくさん見えて、明るい中を歩くことができます。

それでも、また葉の落ちきっていない木々もたくさんあって、季節の変わり目をひしひしと感じます。

森のそばにある中学校のカエデの木。

巨木です。

黄色に色づくのがとても美しくて毎年これを見るのが楽しみです。

まだたくさんの葉を残しています。

ふと、逆光の中、木を見上げると~

まぶしい~

あれれ~太陽が二つ!!

と思ったら、校舎にうつるニセ太陽でした。なかなか、見るチャンスがないこの景色。

この時期今しかない景色。。。。

Dscn7010
.
.
.
名前はわからなっこのカエデ?
カエデかどうかも、本当はわからない~
やさしい黄色。
そしてちょっとふっくらしら、赤ちゃんの手のような葉の形がいいなあ~
Dscn7013
.
.
.
真っ赤なピラカンサの実が寒色の中で、ひときわ目立っています。
これは自生してるのもじゃないよね~
Dscn7014
.
.
.
うん、明るい森の中。
木の影を映す道。
趣があって、歩きたい!!心くすぐります。
Dscn7025
.
.
.
何年も歩いているのに、今まで気づかなかったのは、マユミの木がたくさんあるってこと。
見上げると。。。。鈴なり。
かわいい~
色がとてもきれいで、この時期、あたりには見当たらない珍しい色づき~
Dscn7019
.
.
.
サーモンピンクに濃い赤い実。
Dscn7017
.
.
.
不思議な実だなあ。。。。。
これはもう花?って感じで。。。
Dscn7022
.
.
.
マユミの木もちゃ~んと紅葉(黄葉)するんだね。
Dscn7024
.
.
.
ぱちぱち花火のような白い花は。。。やつで?
こんな時期に花を咲かせるんだ~
Dscn7028
朝晩はとても寒くなってきましたが、昼間の森の中はとても暖かで、やさしい日差しを浴びながらお散歩できる癒しの場所でした。
この時期のお散歩もなかなかいいもんだ~
.
.
.
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
.
.
我が家の彩りも、そろそろ終わりです。
頑張ってくれた薔薇に感謝です。
.
.
寒くてもちゃんとふりふりしてるリベルラ。
Dscn6989
.
.
.
寒くてもたくさんの花びらが込み合ってる。。。。
寒くてておしくらまんじゅう状態なのかな~
チャールズレニーマッキントッシュ。
Dscn7000
.
.
.
ジュビリーセレブレーション。
Dscn7002
.
.
.
ストロベリーアイス。
Dscn6998
.
.
.
おかしい!!
色が変だ!!。
コーネリアはアプリコット色なのに、これはどう見てもピンク。
もしかして枝変わり?
そうだったら、、、、
少しさみしい。
本来のコーネリアの色が大好きで。。。。
寒いからこんな色になったんだ!!と思っておこう。。。。
Dscn6994
.
.
.
寒さに震える?ベビーロマンチカ。
Dscn7009
.
.
.
農業まつり、250円で購入した、コルダナ社のミニバラ。
アプリコット色でフリルがかってるのが素敵です。少し大きめ。
春にも咲いてね~
Dscn7007
.
.
.
父ちゃんのお気に入りオデッセイア~
新苗なのに、たくさん花をつけました。
Dscn6996
森も、我が家も、彩りの時をそろそろ終えて、また春の準備期間に入ります。
この時期があってこそ春の楽しみが何倍にも感じるのでしょうね~
だからこの季節もそんなに嫌いじゃない~
だけど。。。。。
。。。。。。。。
。。。。。。。。
。。。。。。。。
寒さが堪える年齢になってきました。
(ノ_-。)

2017年12月 4日 (月)

雲取山・2017年に2017M。。。そして17日②  ~曇りの景色もいいんだ~

11月18日

前日、雲取山に登頂して、雲取山荘に宿泊。

昨晩はずっとガスがかかって夕陽も、そして今朝の朝日も見ることができませんでした。

薄暗く真っ白な中、下山です。

予報では午前九時ごろから雨ということ。

少しでも早く下山して、雨に合わないように。。。。

雨天の装備ででかけます。

途中で雨が降り出して、ザックから取り出し、着るのは嫌だったもので~

私の足ではどれくらいかかるかわからない。朝食の後、即下山を始めました。

二つのルートがあります。

雲取山へもう一度登ってからの下山。

そしてクマザサ覆い茂る巻き道。

当然、お天気も悪い中なので、わざわざ頂上をもう一度踏むより、まき道で少しでも早く帰ったほうが身のため。

ただ、、、、

この道は数日前、熊が出たという道。

まだ朝早いし、ちょっと躊躇。

でも、山荘からこの道を通る人も何組かあるし、この道を選びました。

Dscn1038
う~ん。。。
背の高さほどあるクマザサ~
この中に熊が隠れていても不思議ではないですね。
幸運にも、熊には出合いませんでした。ほっ!
.
.
.
暗くて最初はわからなかったのですが、明るくなってくると気付きました。
前日は雪が降ったようです。
ふるいで小麦粉をふるったようなわずかな雪が。。。。。。
Dscn1040
.
.
.
雨の予報が、、、雪になったのかしら。。。。。
Dscn1043
.
.
.
何とか無事にまき道を終えました。
そして、稜線歩きです。
Dscn1044
.
.
.
雨は降っていませんが、どんより曇り空。
急登を下ります。
くもりでも目に前のお山はちゃ~んと見ることができます。
Dscn1047
.
.
.
あたりは少し暗いのですが。。。。
かすかにお日様の存在を感じさせてくれます。
ちょっと幻想的。
Dscn1050
.
.
.
下りなので、景色を見る余裕があります~
息切れは全くありません~
Dscn1052
.
.
.
ダンスングツリーまでやってきました。
やっぱり。。。。踊らずにはいられない~
登りはそんな余裕はなかったけど。。。。。
1511687287738
.
.
.
葉の落ちたカラマツの向こうに微妙な色のグラデーション。
壮大な天空のグラデーション。
Dscn1053
.
.
.
な~んだか、ちょっとさみしげで哀愁を感じます。
Dscn1055
.
.
.
防火帯の中、アザミの咲き終わった後。
ぽつぽつと、立っているのが、夏の終わりに彩った鮮やかな花姿を自然と想像させてくれます。
Dscn1058
.
.
.
行きに見た湧水の場所。
この日は凍っていませんでした。
太陽は出ていないけど、気温は高いんだ!!前日とは全く反対です。
前日は太陽がにこにこ照らしていましたが、氷のオブジェも霜柱もありました。
Dscn1060
.
.
.
下りばかり続くと、足先の裏っ側が痛くなってきます。
膝は全然大丈夫。もう少し!
堂所までやってきました。
Dscn1061
.
.
.
落ち葉が一面いっぱい過ぎて、斜面と登山道の区切りがわかりません。
でも、ふかふかで、枯れ葉のじゅうたんを歩くのはとても気持ちがいいものです。
この道、常葉樹と落葉樹が道を挟んでくっきり分かれてるのも面白いです。
Dscn1062
.
.
.
登りの時も感動したけど、やっぱりモミジの赤は何度見てもきれい!
Dscn1067
.
.
.
ふわっふわの落ち葉のじゅうたんの中から、まっすぐ伸びた木々。
そして紅葉は気、オレンジ、黄緑、朱色、赤と。。。。。
Dscn1074
.
.
.
ここらで一息、コーヒータイム。
じわっとかいた汗、休憩すると冷えてくる。。。。
そしてお湯が沸いてコーヒーを飲んで心も体も温まる~
おいしいこと!!
これはもう。。。。
家では、都会では味わえない至福の時です~
Dscn1076
.
.
.
目の前のこの景色を見ながら~
Dscn1082
休憩したら、またひたすら下ります。
この日は土曜日。
土日かけて雲取山へ出かける人。。。。
きっと、多いんだろうな~
すれ違った登山客の方々~約80人。
当然、日帰りの方もいるでしょうが~
この他にも違うコースもあるし、山荘は満室~って言ってたなあ~
.
.
.
静かな登山道。
上のほうでガサガサ音が!
もしや。。。。熊!!??
と思って振り返って上を見ると、なんと猿が!!
ランチタイムしてた!!
Dscn1083
.
.
.
反対側の下方を見ると、こっちにもいた~
お猿さんの顔もこの時期紅葉してるんか?ってくらい赤い顔が目立ってたよ~
Dscn1087
.
.
.
Dscn1091
.
.
.
こうしてみると、本当に紅葉がきれいだったんだなあ~
登りは苦しいうえに、急いでいかなきゃ!!でなかなか味わえなかった気がします。
Dscn1092
.
.
.
遠くから全体を見るのもいいね!!
下は一面茶色だから、これがまた紅葉を引き立てているんだな~
Dscn1093
.
.
.
風が吹くと。。。頑張っていた葉も我慢しきれずにひらひらひ~ら。
Dscn1094
.
.
.
無事下山です。
4時間ちょっとで降りてきました。
目の前の山がこんなに見上げる感じになっていました。
さっきまで、見下ろしてたのに~
Dscn1100
.
.
.
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
.
.
.
お昼にはまだちょっと早いですが、
おいしいそばが食べたいなあ~ということで、次男が探したお店。
丹三郎へ行ってきました。
茅葺屋根のお店。
開店したばかりということで、もういっぱい。20分ほど待ってはいることができました。
1511687350834
.
.
.
これがまたおいしいこと!!
そばがき。。。。あついのがおいしい!!そばの風味がぎっしりつまっています。
おいしいんです。
Dscn1101
.
.
.
マイタケのてんぷらも別注文。
ウマイ!
Dscn1104
.
.
.
おそばは細いのですが、こしがあっていい味してます。
てんぷらはゴマ油が効いていてさっくさく。
Dscn1106
.
.
.
デザートにはゆずのシフォンケーキを選びました。
ぜんざいも食べたかったなあ~
Dscn1108
ここは、ちょっとお勧めです~
.
.
.
今回の雲取山。
初日はお天気に恵まれて、紅葉もなんとかまにあったし~
無事帰ることができてよかったです。
二日目は雨の予報だったけど、下山まで降らなくてラッキーでした。
曇った下山コースも幻想的で素晴らしかったです~
そうそう。。。
サルにも出会ったのですが、登りの時ホンドリスにも出会いました。
あまりにも動きが早くて写真には撮れませんでしたが~
熊の情報もあったし、鹿も出てくるそうだし。。。。
動物の多いお山だと痛感しました。
父ちゃん、次男~一緒に行ってくれてありがとうです!!

2017年12月 1日 (金)

雲取山・2017年に2017M。。。そして17日①  ~長く長く続く道~

11月17日

いつか行きたいと思っていた雲取山。

2017年に2017mのお山。

そっか。。。。

どうせ行くなら今年中に~と夏から思っていたのですが。。。。。

なかなか実行できず。

そして。。。

今回、雲取山へ一泊で行くことができました。

も一つの目的は雲取山荘に泊まって、オリジナル記念バッチをいただくことです。

私の足では雲取山日帰りは到底無理。

一泊すれば何とかいける?

一石二鳥でないかい!

父ちゃん、なかなか連休が取れず、うずうずしていたところ、次男がちょうど休みがとれたということで17,18の一泊で行く計画を立てました。

でも。。。息子は歩くのがめちゃめちゃ早い。

絶対足手まとい~

父ちゃんのようには一緒に登ってくれそうもない~

すたすたと行ってしまいそう~

今回はきっと辛い山登りになるなあ~

.

.

ところが。。。。

救いの手が!

父ちゃん17日だけ休みになったから、日帰りで一緒に行ってくれることになった!

ということは、次男と私は山荘一泊。

父ちゃんは雲取山日帰り登山。

こんなパターンは初めて。

結局、車2台で行くことに。

ガソリン代2台分だけど、それほど遠くでもないし、それより父ちゃんが一緒に行ってくれることで勇気100倍です。

暗いうちに家を出発。

車の中でうとうとしていたら、いつの間にかもう、奥多摩湖。

そして。。。

何と湖面はけあらし。

湯気のようなものが一面湧いてる。まるで温泉みたいだ~

Dscn0960
.
.
.
駐車場に着くと、青空に飛行機雲がくっきり。
空気が澄んでるんだな~
Bb637f5c76d24f9898c917272c942848
.
.
.
朝7時、歩き始めます。
登山口にはメモリアル看板。
いいね!
Dscn0966
.
.
.
最初は杉林。
木漏れ日がきっら~ん。
58b46fee22b94e29b66458bf8501d052
.
.
.
少しずつ紅葉ポイントが出現し始めます。
Dscn0969
.
.
.
やっぱ。。。モミジの赤はすごくきれいだなあ~
ほかの木々は葉を落としているので、モミジの赤はすごく目立ってきれい。
Dscn0975
.
.
.
やっと5分の1の距離。
広場のようになっていて、休憩にはちょうどいい~
でも。。。。
父ちゃん日帰りだから、のんびりしてはいられない~
12時には下山したい!!という言葉に、焦りが募ります。
Dscn0977
.
.
.
柔らかな赤い紅葉~
見上げると茶色い幹の曲がり具合がいいバランスで伸びてる。
Dscn0978
.
.
.
山の斜面をぐるぐる回りながら少しずつ登っていきます。
決して勾配はきつくありません。でも。。。だらだら。。。続きます。
そして2時間ほど歩いたところで、富士山との出会いが!!
わおう~
真っ白やん!!
Dscn0981
.
.
.
七ツ石山にも行きたかったけど、今回は急ぎなので、巻き道、巻き道で進みます。
湧水が流れる場所に、木製の梯子が掛かっていました。
Dscn0982
.
.
.
その湧水の下、垂れてきた水が凍って不思議なオブジェを作っていました。
おひさまぽかぽかで暖かいのに。。。。
気温は低いんだな~
Dscn0986
.
.
.
.
.
.
きゃ~
南アルプスが見えた!!真白でかっこいい!!
Dscn0989
.
.
.
そして落葉した木の隙間から富士山。
すそ野が少し長く見えるようになってきました。
きっと。。。午後からは曇ってくるに違いないから、見えるときにたくさん写真撮っておこう~っと。
富士山の前のど~んと構えるお山は?
飛龍山?
Dscn0992
.
.
.
ブナ坂に到着です。
早く歩かなくっちゃ!!という気持ちと、休めないという苦しさで、もう息絶え絶え。
こんななだらかな斜面なのに~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
Dscn0996
.
.
.
ここから、見晴らしのいい防火帯にでます。
なんてきれいな山が連なってるんだろ~
南アルプスからのグラデーションな山々が素敵です。
北岳に間ノ岳~
いつかは行ってみたいと思いますが、年々遠ざかってきます。
Dscn0997
.
.
.
このあたりの葉を落とした木々はカラマツでしょうか~
木の姿。。。どれも同じようで、よく見ると少しずつ違っていて。。。。
青空にくっきりと枝を伸ばすのが。。。。
まるで木の血管のようです。
二本の木に挟まれた富士山は金剛力士像に守られた大仏様~?
Dscn0999
.
.
.
誰が名づけた?~ダンシングツリー~
一緒に踊りたくなるのも自然だよね~
父ちゃんよりも次男のほうが若い分、ダンスはお上手。
Dscn1003
.
.
.
たいへんだ~
雲がわいてきた~
頂上までもつかな~
Dscn6867
.
.
.
どこがどれで、どの山か~
景色は抜群なのに名前がわからないのは、本当にさみしい。。。。。
父ちゃんに丹沢山塊や大菩薩なんか教えてもらったけど。。。。
もうすっかりわからなくなりました。はあ~┐(´д`)┌ヤレヤレ
Dscn6871
.
.
.
ヘリポートを越え~
Dscn1009
.
.
.
とうとう富士山が隠れ始めたぞ!!いっそげ~!!!!
Dscn1010
.
.
.
ちょっと急になってきたけど。。。。
まだまだこんなもんじゃない!って。
山頂直下は傾斜がすごいらしい~
それでもやっと。。。。小雲取山に到着。
Dscn1013
.
.
.
山頂近くになると必ず次男は、ひとりでさっさと頂上を目指して先にいく~
待ってくれ~とは言えないくらい早い!!
あ~あ。。。。小さくなっちゃった。次男!
背中にさみしさを漂わせる。。。。。母ちゃん~
1526b18cfca14321b721c95924fb421b
.
.
.
そして、やっと。雲取山の避難小屋が見えてきた!!
あ~もうすぐだ!!へろへろでも何とかいけそうだ!!
Dscn1015
.
.
.
ここまできつかったこと!!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
今までなだらかだった道なのに、疲労困憊のあとにこれが来るなんて!!
.
.
まず、山梨県側の頂上に到着。
Dscn1033
.
.
.
そして東京都側の頂上へ。2017m。2017年の11月の17日だよ~
17三つ。
立派な標柱です。
残念ながら。。。登りついた時には富士山は雲の中でした。
でも。よく頑張ったよ~わ。た。し。
Dscn1018
.
.
.
2017年2017mの特別な標柱もありました。
さすが東京都。。。お金持ち!!
Dscn1021
.
.
.
そして山梨県側の景色のいいところでランチです。
温かいカップラーメンと、ゆで卵におにぎり。
そして温かいコーヒーも一杯。
でも、ゆっくりしていられません。父ちゃんはそのまま帰らなければなりません。
さっさと荷物をまとめて。。。。ばいばい。。゜゜(´□`。)°゜。
一緒に登ってくれてありがとうです。
速足で滑落なんてしないでね~
写真右端に行きたかった七ツ石山が。
Dscn6874
.
.
.
父ちゃん、あっという間に豆粒に~
小さくありんこになるまで見送って~
.
なんと。。。二時間半で下山したとか!!
父ちゃんって、意外と健脚だったのね!!
Dscn1028
私たち親子も反対側の山荘に向かって出発です。
.
.
.
下りの道は日影が多いせいか、午後なのに、まだまだ霜柱がたっくさん。
Dscn1035
.
.
.
道は整っていますが、結構勾配はきついです~
これをまた登るのは。。。ちょっと・・・・だなあ~
明日、お天気だったらもう一度頂上へ~
Dscn1037
.
.
.
下って下って。。。。
何やら。。。。暗い道を歩いていくこと30分。
こんなところに山荘あるの~って感じでしたが、何とか到着です。
受付は三時からだったので。。。
少し外で休憩をして~
1511687366349
.
.
.
受付をすますとさっそく雲取山荘の今年限定のオリジナルバッチをいただいた。
今年だけ!ってことで、あと1ヶ月だけですよ~ん。
あっという間に下山した父ちゃんにはこのバッチがお土産で~す。
Dscn6988
雲取山荘~
平日なのに80人ほど宿泊していました。
個室に4人。
そして炬燵があってぬくぬくです。
トイレも、暖房してあってきれいでした。
お水は凍っていて,持参の水で洗面や歯磨きをしました。
でも、居心地は良かったですよ~
.
.
夕方からガスがかかり、夕日はもちろんダメでした。
きっと朝日も無理でしょう~
翌日は雨の予定です。さっさと下山しなきゃ~
雨の中歩きたくないなあ~
.
.
.
雲取山・2017年に2017M。。。そして17日②   下山編に続く。

2017年11月26日 (日)

秋の鍋焼きうどんはほっかほか

11月10日。
二年越し、チーム筋肉痛5人組の鍋割山へのツアーが実行できました。
ずっと前々から行こうと、張り切っていたのですが、天気が悪かったり、急に予定が入ったりで延び延びになってしまっていたので~す。
.
.
筋肉痛(昔乙女の軟弱登山部)は5人組。
今まで、陣馬山から始まり、坪山、ユーシン渓谷、高尾山。。。。
春と秋、1年に2度ほどのお出かけです。
今回はやっと念願かなって鍋焼きうどんのために鍋割山へと来たわけです。
そのレポートです。
.
.
計画では5人のうちの一人Nちゃんが車を運転して、表丹沢自然公園の駐車場まで行くはずでした。(できるだけ歩く距離の短いコースを~ということで)
ところが、前日急に都合が悪くなり、車を出せなくなりました。
電車で行く話も出たのですが、結構きつい道のり。
それに帰り、疲れ果ててバスに乗って、電車に乗ってはきついんでないかい?
というより、距離も往復1時間以上、予定よりかかってくるし、この時期、日が暮れたらなんかいやだし~
と悩んだ末。。。。
うちの父ちゃんがたまたまお休みだったので、そこまでみんなを車で連れて行ってくれることになりました~
助かったあ~
今回、これでいけなかったら、筋肉痛の鍋割山への縁はないんだあ。。。。とあきらめるところでした。
.
.
朝、7時過ぎに駐車場に到着。
すでに車は10台ほど停まっていました。
さすが紅葉の時期です。
もみじの色が鮮やかで、最初の登りはおしゃべりしながら楽しく進みます。
Dscn0934
いい具合に染まったなだらかな道~
みんな元気です~
だって。。。。
あったかい鍋焼きうどん食べられるんですものね~
.
.
.
お花は晩秋の花。
リュウノウギク。
がんばって咲いてる花々にありがとうといいたくなります。
Dscn0935
.
.
.
でも、この時期は足元を飾るお花よりも、見上げて仰ぐいろいろのほうが鮮やかです。
A124e84210d54e7ab1a51bcaf975f560_4
.
.
.
前回行った丹沢の畦ヶ丸の沢も美しかったのですが、ここもまた澄んできれいです。
沢沿いの道を進みます。
Dscn0936
.
.
.
ろうそくのような林道(りんどう)のりんどう(なんちゃって)のつぼみ四つ並んで咲く準備。
陽が上がると開花かな?

Dscn0937
.
.
.
沢の橋を数本渡ります。
スリルがあって楽し!!
Dscn0940
.
.
.
「お~い!!早くおいでよ~」
写真係りの私は、遅いうえにもたもたしてて。。。。
待たせてばかり~
すまぬすまぬ!!
こうしてみると。。。。昔乙女!!じゃなくて。。。今も乙女!!
遠くから見ると若そう。。。。に見える?
Dscn0943
.
.
.
水運びのボランティア~
どう考えても無理~
今回は勘弁です~
前回ガスボンベ持っていったし許してね!!
それにしても。。。。
今回は水のほかに、ガスボンベを始め、しょうゆや土鍋までありました。
Dscn0944
.
.
.
最後の沢を渡ると、小さな滝。そこからは急登になります。
Dscn0946
筋肉痛のメンバーは歩けるか心配!と前日から不安そうでしたが、なんのなんの~
みんな元気です~
一番へばってたのは。。。私。
急登は苦手。
息切れが激しく、へろへろで。。。。
登りながらのおしゃべりは全くできません。
でも、ほかのメンバーはどんな急登でも、、、楽しそうにおしゃべりしながら~
紅葉の中。。。。
登山を満喫です~
やっぱ・・・・
少しの経験はあっても、体力はやっぱり誰よりも劣っています~
のっそりのっそり。。。。遅くてごめんなさ~い。
.
.
.
後沢乗越に到着。
ここからは稜線歩き。
あと1.7キロ。
でもここからが辛かった~
春は桜があったり、アセビや、ミツバツツジがあったりで花を観賞しながらゆっくり登って行ったせいか、そんなにきつい感覚ではなかったのですが、今回はみんなどんどん歩くし私はついて行くのがやっとこさ。
花もないので、写真を撮って休むというズルイこともできず。。。。。
Dscn0947
.
.
.
たまにこうして、休憩~
おやつを食べたり給水したり。
春とは違う紅葉した木々が美しく、の~んびり行きたい気もしますが、日の暮れるのが早い秋。
先を急ぎます。
Dscn0950
.
.
.
木々の葉もすっかり落ちてしまっているところ。
見通しがいいので、明るく、春とは違った雰囲気です。
さ~
もうひと頑張り!!いきまっせ~
257781bed1bb4ec1a01585cf4f6404b6_2
.
.
.
そして。。。。
息も切れ切れ~
ソーラーパネルが見えたところで山頂です!!
やった!!
念願の鍋焼きうどんの鍋割山。
到着です!!
AM11時少し前。1272m。
544cf568f1e14123b57d888707a8e93d
.
.
.
これがためにやってきた食いしん坊5人組。筋肉痛!!
足が止まると汗ばむ体も少し冷えびえ~
その中、鍋焼きうどんはなかなか冷めない~
おいしい!!
卵がとろ~り。。。。
いい具合に崩れておいしいこと!!
秦野の街を見下ろしながら~
Dscn0952
.
.
.
ほかの4人も。。。。
何と幸せそうなこの顔!!
って。。。。
見えなくてごめんなさい!!
想像してみてね!!
Dscn0951
.
.
.
おひさまぽかぽか~
うどんで満足~
久々に、少し自分の足の
早さより、がんばって歩いた私はここでお昼寝したくなるほど~達成感と満足感!!
相模湾もバッチリ見えるね!
Dscn0954
.
.
.
満腹になったところで下山です。
おっと忘れてた~
みんなで写真写真~
残念ながらお天気なのに富士山は見え~ず。
なかなか、筋肉痛のメンバーの登山は富士山と相性が良くないようです。
次回に持ち越し。
最初はこうしてまともに記念写真を撮っていましたが。。。。。。
Dscn0956
.
.
.
ジャンプして写真撮ろうと。。。。
何度も何度も試しますが。。。。。
カメラのシャッターと飛ぶタイミングが。。。全然合わず~
何度撮っても失敗続き!!
これなんか。。。。着地してからシャッターが下りた。
44530cb7f4f04395b61d39356985b45c
.
.
.
唯一、成功した写真はこれ。
一見普通の写真に見えますが~
地面からだいぶ足が離れていま~す。
さすが、一番若いNちゃん、何気なく飛ぶところが若い証拠。
1fcaa59a70c140aa8d9597ddc5442a28
.
.
.
かっこいいジャンプの写真は諦めて、下山です。
降りるルートは、栗の木洞、櫟山方面です。
D6db3ad050f8403292d62d1c1d5e7ba9
.
.
.
杉林は少し暗いのと、人がほとんど通らないので不安になりますが。。。。
そんな時はこうして木の切り株にみんなで乗ってポーズ。
Dscn0958
みんな~
カッコつけすぎやん~
少し、遊ぼうよ~
.
.
.
で、こんな写真も。
武蔵、小次郎対決。
ストックを剣がわりに戦う!!(なんて、ほんとにはやってませんよ~ポーズだけ)
Dbbe67d6896144b5aff323fc94ef3098
.
.
.
明るい芝生広場に着きました。ススキがきれい!!
ここで一息コーヒータイム。
お湯を沸かしてコーヒーと、おやつ。
ぽかぽかあったかい場所で。
温かいコーヒーのおいしいこと!!
992221b74b38495ca95d882f11dcaa7a
.
.
.
木道を下り、つづら折りの斜面を歩いて下山しました。
072c53517e4d46efaecd8e485f0cfe23
.
.
駐車場には、カフェや温泉で時間をつぶした父ちゃんが迎えに来てくれていました。
今回は父ちゃんにも本当に感謝です。
念願の鍋割山での鍋焼きうどんにみんな満足の1日でした。
次は。。。。富士山の見えるお山に行こうね~

2017年11月 9日 (木)

畦ヶ丸は落ち葉のライブで~②  秋色パレット

11月4日。

畦ヶ丸に向けて歩き始めて3時間はたったでしょうか~

のろいのです、ひたすらのろいのです。

おまけに滝で時間とるし、沢渡りに時間かかるし、、、、

休憩はたくさん取るし。。。。

山に行くのが趣味です!!なんていうのもおこがましい~。。。。

でもま~マイペースだからこそ行ける。。。。

そう思ってゆっくりいきます。

.

.

善六のタワを通り過ぎると木々の隙間から目的の畦ヶ丸が見えてきました。

木々の葉は落ちているところもありますが、少しずつ色づいたものも増えてきます。

Dscn0880
.
.
.
うんうん、いい感じに色づいてきた~
山は高低差があるし、陽のあたり具合によって、紅葉の場所が違っててなかなか気を抜けない。
Dscn0881
.
.
.
.
向かい側の山の斜面がすごくきれいなの~
木と木の間から見えてるんだけど、写真となると前の木が障害になってなかなか撮れない。
でもやっと隙間を見つけた。
こんな風景が見たかった。
白いパレットに赤、黄、緑の絵の具を置いて。。。。
筆で微妙な感じに混ぜて作ったいろんな色。
三色で10色以上の色が出せそうだな。
Dscn0885
こんな景色、いつまでも見ていたい~
.
.
.
.
一時間ほどしてやっと、頂上に到着。
歩く間は4,5組の登山者に追い越されましたが、頂上はもっとたくさんのグループがくつろぎ、ランチをしていました。
Dscn0888
.
.
.
.
一面落ち葉の頂上で~
畦ヶ丸、1292m。
展望はありません、木の隙間からちょっと檜洞丸方面が見える感じ?
Dscn6864
.
.
.
.
あったかいカップラーメンのランチで休憩をとると、下山開始。
下山は大滝峠経由です。
.
.
.
すると。。。。
こちら側は、紅葉まっ盛り。
赤、黄色、オレンジ。。。。もちろん緑もありますが、
めっちゃ明るい!!
Dscn0891
.
.
.
道は落ち葉が厚く積もって、ふかふか、こんな道は足に優しい~
Dscn0892
.
.
.
鮮やかな秋色の中を下る。。。。下る。。。
Dscn0893
.
.
.
そして下る。。。。
.
.
下りは見上げなくていいので、自然と紅葉が目に入ってきます。
おまけに苦しくないので、余裕で楽しめます。
でも。。。。下山の時の膝は相変わらず違和感です。
Dscn0898
.
.
.
手前だけでなく、奥のほうまで色づいて。
Dscn0902
.
.
.
遠くに見える一面紅葉の斜面も素晴らしいけれど、その紅葉の中に包まれる自分も幸せ感じます。
Dscn0903
.
.
.
この辺で奏でる落ち葉のメロディーは登りの枯れ葉舞う男声コーラス?ではなくて、 紅葉してちょっとだけ艶っぽい女性ボーカリスト。って感じかな?
Dscn0905
.
.
.
るんるん。。。
楽しい紅葉とまだまだ続く、落ち葉のライブ。
ふふ~真っ赤なモミジが降ってきて、目の前に落ちようものなら、ラッキー。
手にとってその赤さを確かめたり、くるくる回して見たり。。。。。
004513eb012740d0aa122fab41f6b923_2
.
.
.
足元にはカエデの落ち葉でレッドカーペットです~
Dscn0907
.
.
.
頂上から一時間ほどで大滝峠上に到着。
休憩。
右は杉の樹林帯、左は落葉樹の樹林帯。
半分半分。雰囲気が全然違う!
Dscn0910
.
.
.
まだまだ。。。続く紅葉ドームで落ち葉のライブ。
ずっとこのままで~
登ってきた道、滝のある道より、こちらの紅葉のほうが今はまっ盛りって感じ。ダネ。
Dscn0912
.
.
.
こんな花芽のついた低木樹が増えてきました。
なんだろう。。。。
かわいらしいな。。。。
どこかで見たような花姿。
帰って調べたら。。。。
これはミツマタの花芽でした。
春先。。。この花がたくさん咲くんだなあ~
Dscn0915
.
.
.
下りはそれほど急こう配ではなかったのですが、長い長い。
とうとう。。。。両膝が痛くなってきました。
それでも、道が緩やかで、ふかふかだったので何とか歩くことができました。
ススキが秋の雰囲気をますます濃くしてくれます。
Dscn0916
.
.
.
だいぶ降りてきました。
曇っていた下山ですが、遠くを見ると青空が戻ってる。
そして秋色の斜面。
Dscn0918
.
.
.
赤、朱、黄。。。。
三本そろってキャンディーズ。。。。いやいや。。。昭和か!
今じゃ、、、パフューム?
Dscn0919
.
.
.
そろそろこの紅葉ともお別れ。
またまた沢沿いを歩きます。
何度も何度も渡って、渡って。。。。渡り返す。
膝の痛みも忘れ、、、沢渡りはやっぱり頭使って、スリルもあって、、、なかなか楽し。
.Dscn0921
.
.
.
林道に出て砂利道の中膝の痛みに耐えながら、大滝橋のバス停に。
ここから西丹沢ビジターセンターまでバスで戻ります。
お疲れさまでした。
落ち葉のライブは登り始めから下山まで、長い長い時間。。。。
続きましたとさ。
Dscn0923
.
.
今年初めて、秋の空気をおなかいっぱい味わった山歩き。
でも、、、やっぱりコンスタントに歩かないと、体力、脚力ともに確実に落ちてきます。
久々、次の日に筋肉痛が襲った秋の畦ヶ丸でありました。

2017年11月 8日 (水)

畦ヶ丸は落ち葉のライブで~①  ぴょんぴょこカエルの沢渡り

11月4日。一か月ぶりの山歩き。

本当はアルプスの紅葉。。。。

行ってみたかったんだけどな~

結局今年も行くことはできませんでした。

そしてこの日は久々の晴天の連休真っ最中。

高速道路は混雑が予想されます。できれば遠くは避けて、近場で。。。。。

ということで、丹沢の畦ヶ丸へ。

一か月ぶりということで、歩く自信もなく、心配が先に立ち、日暮れも早くなるので、ちょっとドキドキです。

西丹沢ビジターセンターから出発です。

車はたくさん駐車していましたが、大部分が檜洞丸や大室山方面のようで。。。。

すいている登山道です。

期待の紅葉でしたが、すでに登山口のモミジはまっかっか。

これじゃ山はすでに終わってるのか。。。。

Dscn0815

.

.

.

緑色の吊橋を渡り。近くの山々に目をやります。なんとなく赤く染まってるかな?

Dscn0817

.

.

.

それにしてもいつも思うのは、丹沢の水は本当にきれいです。透き通る美しさとともに、川の石が花崗岩の一種だそうで、白いのです。

そのせいか、川の水がクリアグリーンというかクリアブルーというか。。。。

そんな川のふちに立つ赤いモミジはビビットで秋!!って感じです。

Dscn0818

.

.

.

このクリアな水の流れを見るだけでも、何時間でも過ごせそうです。

Dscn0819

.

.

.

沢を渡す木橋を何度も渡ります。

沢を行ったり来たり。

Dscn0822

.

.

.

橋から見下ろす。。。流れも生きてるみたいでついつい足が止まります。

Dscn0823

.

.

.

こうした橋が何か所もあり。

そして登るに従って沢も狭まってきます。

そして。。。。

なんと、橋が流れおちたりしているところもあり。

こりゃ。。。。

最後まで渡り、登り切ることができるのかしら。。。。

Dscn0825

何と。。。橋のない沢渡り。

そんな箇所も。

最初は、恐る恐る。足場の大きめな石を探して調子よくぴょんぴょんぴょ~ん。

でも、下手をすると滑って沢の中へぼちゃん。

自分たちより先に行った方が通ったであろうぴょんぴょん石を渡っていきます。

まるでカエルのよう~

.

.

.

そんなところを通り過ぎて行くうちに、少しずつ快感へ。

どこを渡ればいいか。。。。

自分の足の長さ、自分の飛び越える能力、そして岩の安定性を確かめて渡るのが楽しくなってきます。

父ちゃんは身長180センチほど、私は160センチちょっと。

当然足の長さも違うので、渡る岩場も場所によっては違ってきます。それを自分で探すのがおもしろいのです。

父ちゃんは最短距離で渡れても、私はずっと遠周りで渡ることも。

冒険心をくすぐるというか、足場を考えてカエルになるのが病みつきになりそうでした。

.

.

.

まず、下棚ノ滝に到着。

ここへ来るのも、木々をくぐり、跨いで、そして沢を渡り。。。

難しくはないけれど、そう簡単でもない感じ。

そんな斜面を慎重に、滑らないように~

途中、苔の岩や樹木。。。

苔蒸した岩の一部にふわっふわの鮮やかなグリーンが。。。。

苔もいろいろできれいです。

Dscn0826

.

.

.

落差、約30mの下棚ノ滝。

まっすぐに岩を伝って流れおちる透き通った水は、滝となるとき、こんな真っ白な色に変身するんだ!と、改めて感じます。

Dscn0828

.

.

.

流れ落ちる滝の上は紅葉がいい感じです。

青い空に、紅葉に、流れ落ちる白。

ここならではの秋。。。。かな?

Dscn0830

.

.

.

ゴマ塩のような花崗岩に、紅葉はもう終わったのを感じさせる落ち葉がたくさん。

この辺りは。。。。

終わっちゃったんだなあ~

Dscn0832

.

.

.

びっしり、緑に張り付いた苔岩の中から、可憐な花。

今回初めてお目にかかる花は。。。。

ダイモンジソウ。華奢で、細くて。。。。

この時期まで咲いてくれててありがとう~

Dscn0833

.

.

.

続いて本棚ノ滝へ到着です。

ここも、沢沿いの斜面を滑らないように慎重に進みます。

やっぱり滝に来たからには滝壺近くまで行きたいものね。

迫力感じたいもの~

最初に見えてきた滝は。。。。

下棚ノ滝と同じ方向に流れているので、シチュエーションが似ています。

青空に、紅葉に。。。。。こちらはやさしい流れ。。。柔らかな滝!!素敵!!

Dscn0847

と思ってふと左を見ると、大きな滝がもう一本。

わおう。。。。

大きな滝が二本、並んで流れていました。

左は激しく、流れ落ちるというより、滝自体が落ちてくる!!って感じで。

日影でまだ暗い所で流れる効果もあって。。。

力強い、迫力満点の男性っぽい滝。

落差は50mだそうです。

きゃー上部は紅葉まっ盛り。

Dscn0840

.

.

.

陽が当たる右側の滝には。。。。よく見ると虹がかすかに。

わかるかな?                   down

Dscn0850

.

.

.

左の男性的な滝の全体です。

遠くから見ると羽衣のようです。

Dscn0845

.

.

.

アップで滝の最上部を。

ここは。。。まだ紅葉に早いかな?

Dscn0854

.

.

.

滝の途中の岩場でカワガラスがしきりに何かをついばんでいました。

Dscn0855

.

.

.

おっと。。。こんなところに大男!

この沢は。。。。大男の鼻水だったんだ。なんちゃって!!

この岩、鼻の穴に見えません?

Dscn0849

ここで沢とはお別れです。

ひすら山道を登っていきます。

.

.

.

う~ん。。。。

一か月ぶりのお山のせいか、足が重く、なかなか前へ進みません。

息も切れ切れ。

ちょっとの距離が長ーく感じます。

それでもこんな癒しがあると、少し元気に。

イワシャジンみっけ。

1つの花だけど、すごくありがたい~

今回のお山、晩秋のため、お花は諦めていたので。。。。

Dscn0860

.

.

.

そして、リュウノウギクも。木々の隙間から日差しをもらってうれしそうです。

Dscn0862

.

.

.

リンドウも。。。。

わ~立て続けに花に会えると、気分もハイ!!

秋のリンドウはフデリンドウやコケリンドウと違って、少し大きめです。

何輪か見られましたが、陽のあたってるところしか開花していません。

Dscn0863

.

.

.

お花の中は、見かけに寄らず少し派手な感じ?

Dscn0878

.

.

.

な、なんと。。。。

一輪で感動していたイワシャジン。

こんなに咲いてにぎやかに~

すごくうれしい気持ちになる!!

Dscn0866

沢の流れと清らかな水、滝に感動した後は、こうしてお花に出会えて~

これだけで来てよかった!!

まっ盛りの紅葉はここまではなかなか見られないけれど。。。。。

.

.

.

クリスマスカラーの木の実も鮮やか。

なんだかわかりません。。。。。。。catface

Dscn0867

.

.

.

見上げると空はオータムブルーといいましょうか。。。。

その上に筆で絵の具を点々と描いたような雲。

あっという間に流れていきます。

きれいな空だぁ~

Dscn0870

.

.

.

登るにつれ少しずつ紅葉が。。。。やっとだな!

モミジのオレンジ色。。。。

Dscn0871

.

.

.

やっぱ。。。。

秋はいいな~

山が赤く染まる~そんな中にいる幸せ。

Dscn0872

.

.

.

モミジのラッピングペーパーできそうだ!!

Dscn0873

.

.

.

   ♪山の音って。。。。。♪

...   沢沿いに歩いてきたので山の音は川の流れの心地よい音。

...   沢がなくなると一気に静寂に包まれます。

...   そこには鳥の声と、落ち葉を踏むさくさく。。。そんな足音。

...   時折風の音も~

...   そうそう。。。あと熊鈴の音もあるね!

...   でも。。。秋特有の音があった!!落葉の舞う音。

...   風が吹くたびに、、、かさかさ、、、、さらさら、、、、

...   今まで気づかなかったけど、落葉も音楽を奏でるんだ~

...   今まさに落葉のライブコンサートの真っただ中。

...   そんなライブ演奏、一歩一歩歩き進む中、いつまでも続いています。

.

.

.

足元には控えめなシロヨメナ?

まだ、がんばって咲いてるね!

Dscn0877

.

.

.

善六のタワに到着。

見えにくいですが、すっごいやせ尾根を通ります。

Dscn0879

.

.ここまでくればあと少し。苦しいけれどがんばろう!!

畦ヶ丸は落ち葉のライブで~②に続く。

.

2017年11月 5日 (日)

秋の空気の中で

久々のお天気。

お山の好きな友人とウォーキングをして。。。そのあとランチをしてきました。

公園もすっかり秋~

あっという間に紅葉、落葉。。。。

雨が多かったのでこの自然な成り行きを見逃してしまった感。

遊歩道に落ち葉がいっぱい。

それでも、秋晴れの空気はすっごくおいし~

Bbbed799a7364adeb683ddf5a4c47dec_3

.

.

半分紅葉(黄葉)、半分残って。。。それもまたいいかんんじです。

1d4e723c2d2a43cb88e85c110146fbd8_2

.

.

ランチが終わると、もう日が傾いていました。

よくおしゃべりして。。。。

友人は最近夏から独標、大室山、そして今回雲取山へ出かけて。。。。

おまけに秋の北海道、知床へもお出かけ。

いろんな話を聞かせていただいて楽しいひと時でした。

Dsc_0111_2

.

.

私ものっぽになるくらいの。。。。

秋の日はつるべ落とし~

実感!!

7714f78c8ef64b00b2f1050a6be3bf45_2

.

.

.

.

秋薔薇、少々。

ヘルモサ。

Dscn0926

.

.

.

ジュードジオブジオブスキュア

Dscn0927

.

.

.

スイートチャリオット

Dscn0929

.

.

.

つるゴールドバニー

Dscn0931

.

.

.

春に続いていまもまた咲き始めたジギタリス。

Dscn0932

虫と病気のおかげですっかり葉を落としています。

また春に向けて頑張らなきゃ~

2017年10月28日 (土)

群生~ぐんせい~

群生って。。。。。

お山に出かけたり、小旅行へ出かけたりするとよく出てくる言葉です。

一番ポピュラーなのがお花の群生。

お山に行けば、ヤナギランの群生が。。。。チングルマの群生が。。。。

小旅行に出かければ、彼岸花の群生が。。。。コスモスの群生が。。。。

お散歩に出かければ、タンポポの群生が。。。。ススキの群生が。。。。

等々。私もよく使います。

でもこの言葉、長男はもっといろんな意味で使うようです。( ´艸`)プププ

「群生」

本来の意味:同一植物が一か所に群がって生えること

.

.

.

その①

八月の末。

長男夫婦はテント泊で白馬岳へ。

「おかん。。。。

絶対行ったほうがいいよ。白馬!!

花いっぱい~おかんの見たがってたウルップソウも咲いとったで!!

チングルマの群生半端ない!!

それに。。。。

ライチョウの群生も!!」

。。。。。。。。。???

う~ん。。。。なるほどね!!6羽もいる。

1508924520729_2

その②

ハネムーンというか、時期遅れで長男夫婦。念願のスイス旅行へ。

山大好きな長男。

あこがれの地。マッターホルンに登るわけではないけれど、アルプスの山々に会いに出かけました。

それはそれは素晴らしかったようで、毎日。。。。一日中トレッキング。

感動の日々を送ったようです。

.

.

.

その後帰国して我が家へ遊びに来た時のこと。

写真や動画再生で観賞会。

そのころの日本では24時間テレビで槍ヶ岳に登ったイモトさんの話で盛り上がると。。。。

長男。。。。

「おかん~日本の槍。。。それもいいけど。。。。

やっぱり、スイスはハンパネ~!

絶対行くべきだよ!!何しろ、槍の群生だから。。。」

槍の群生?

どこを見ても槍ヶ岳がいっぱいあるらしい~

なるほどネ!。。。。。。

1508924374691_2

.

.

そのひとつ、マッターホルン。

う~ん。。。。かっこいい!!

1508924361616_2_2

お土産は父ちゃん、次男にスイス製のこれ!!

名前入り。

Dscn0814

エーデルワイスの形のパスタ。

Dscn0812

スイスのチョコレート。

スイスは初めてミルクチョコレートを作った国だそうです。

甘めでまろやかで、おいしかったで~す。

Dscn0759

 

でも。。。。。

心は複雑。もっと。。。。国語の勉強しっかりさせておくべきだった!!

、 、 、 おっと、お礼を忘れてた! チョコレートの群生をありがとうー(^.^)(-.-)(__)

2017年10月21日 (土)

台風前に。。。。耐える蕾

明日は衆議院総選挙投票日。
台風が気になります。
ここ数日雨が降り続き~
庭のお手入れもままならぬ~
というより、さぼり。。。。
今日はちょっとだけ庭い出て写真を撮ってきた。
.
.
.
ラプソディーインブルーの秋らいしい紫のつぼみ。
Dscn0799
.
.
.
ヘルモサ
.Dscn0800
.
.
.
アイズフォーユーのくしゅっとしたつぼみに雨の雫がたまります。
Dscn0801
.
.
.
粉粧楼の柔らかい花びらも雨にじっと耐えています。
Dscn0803
.
.
.
マーガレットメリル
Dscn0806
.
.
.
ダイヤモンドリリーはきらきらと光るかわりに雫で光る?
Dscn0794_2
.
やさしいピンク色がいやされる~
.Dscn0796

2017年10月20日 (金)

ありがとう  ~結婚○○周年~

このところ、ブログと離れてしまって。。。。
というか。。。
パソコンとも~
お出かけしていないのと、仕事がへろへろで庭の花の写真も撮り忘れたり~
困ったものです。
ウォーキングも最近は全然。
不健康極まりないです。
通勤も往路は歩いて行けども、復路は車で迎えに来てもらってほーんとずぼらな毎日。
何年か前までは、どれだけ歩いてもブログは頻繁にアップしていましたが~
年齢!!とそれだけではないのでしょうが。。。。
でも。。。無理はしないで、できるときにぼちぼちやろうと思います。
今年で結婚30周年です。
30周年ともなると、それほど派手にはお祝いって~気恥ずかしい感じがしますが~
父ちゃんがケーキを買ってきてくれました。
うひょ!!
かわいい~
さすがにハロウィーン~かぼちゃのシフォンケーキ。
軽くてふわふわでおいしかった!!
Dscn0791
.
.
.
お互い年をとりましたな~
それでも、、、こうして何とか元気でいられることありがたいこととしましょう~
ありがとう~
これからもよろしく!!
1508488487096_2
な~ンて、二人でお祝いして、家族lineにその写真を送ると。。。。。
返ってきたline写真がこれ!!!
.
.
.
長男も結婚一周年で、ケーキでお祝いをしていたのであります。
こちらはまだまだ若い二人。
新米夫婦ですが、、、とても仲良し~
さすがに親子。同じようなことをしてお祝いしていました~
親子で、結婚記念日は数日ずれていますが同じ10月なのです。
おめでとう!!これからも仲良くね!!
1508488504703_2
.
.
.
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
.
.
時々撮っていた庭のお花~
時期は少し遅いですが載せま~す。
黄色いリコリス。
Dscn0683
.
.
.
白のリコリス(彼岸花)
何年か前に球根を植えて初めて開花しました。
Dscn0768
.
長いしべがステキです。
Dscn0769
.
.
.
国バラで買ったリベルラがふわふわぎざぎざで咲きました。
Dscn0677
.
.
.
ストロベリーアイス
Dscn0680
.
.
.
ビュビリーセレブレーション
Dscn0766
.
咲き始めがぽってり~
Dscn0774
今年は昨年に続き、カミキリムシの被害が~
大きく育ったガートルードジェキル。根っこを見事に食い荒らされぽっきり。
ブライススピリットも枯れてしまいました。
(ρ_;)
あと何鉢か、被害のあるのもありますが、何とか頑張っています~
秋薔薇は、この時期雨ばかりでなかなかきれいな姿が見られません~

«高尾山から小仏城山 ~かき氷や~い!~

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31