無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

丹沢縦走もどき② 丹沢山から蛭ヶ岳・夕陽マジック

2016年5月30日 (月)

丹沢縦走もどき② 丹沢山から蛭ヶ岳・夕陽マジック

5月22日。

大倉から塔ノ岳。そして丹沢山に到着。

そこからは。。。。

丹沢一番の標高1673mの蛭ヶ岳目指します。

丹沢山から蛭ヶ岳に向かう道。。。。

大好きなバイケイソウでいっぱい。

旬ですネ。みんな生き生きしています。

Dscn7638

みやま山荘で登山バッチを購入し。。。。。

(ここも泊まってみたいな~綺麗だし。。。。お食事もいいらしい~)
Dscn7639

樹林帯の中のバイケイソウ。。。。

絵になりますね~
Dscn7640

あ~

見えたよ。。。。

遠くに蛭ヶ岳山荘。あそこまで行くんだ~
Dscn7641

ここからは。。。。

素晴らしい稜線歩き。

山に書いた細い線。この細い線の道を一体何人の人が往復したのでしょう。。。。
Dscn7642

稜線の両側にはたくさんの山々。

前。。。に向かって、

これから先に行くゴールを目指して一つ一つ越えていきます。

Dscn5667

なんと。。。

ここでもシロヤシオが。。。。

Dscn5668

熊笹の中のシロヤシオの白い色はおしゃれで、綺麗で、、、、

Dscn7644

何本のシロヤシオに出会ったでしょうか。。。

でも、、、まったく同じ環境、同じ大きさ、同じ開花具合のものはありません。

だからどれも新鮮で、、、ついつい。。。

デジカメ。。大忙し。
Dscn7646

振り返ると歩てきた丹沢山がどんどん遠くになっていきます。

歩けば歩く程。。。

その結果が見えてくる。

それが、、、励ましてくれる要素の一つ。

Dscn7648



倒木の下にツルシロカネソウがいっぱい。

Dscn7649

不動の峰1614m。

まだ半分以上。。。。あるな~

う~ん。。。。あといくつのピーク越えるのかな~

まずは日陰のあるここで、小休止。

意外と歩けてる自分に。。。。ひざに痛みもない自分にちょっと安心。
Dscn7651

白くてもシロヤシオだけじゃないんだよ~って存在感を見せてる。。。

オオカメノキかな~?
Dscn7652

バイケイソウとシロヤシオの共演です。
Dscn7653_2

だんだん。。。。

蛭ヶ岳の頂上が近くになってくる。

Dscn5674

真っ盛りのシロヤシオを眺めながらおっちらおっちら。。。
Dscn7656


Dscn7657

こんなヘビのような木。
Dscn7658


Dscn7659

鬼ヶ岩ノ頭に到着です。

鬼の角のように大きな岩が二つそびえたちます。

その岩の間からの登山道と蛭ヶ岳山頂を見るのがいいそうです。

Dscn7661

父ちゃん

「母ちゃんに角が二本立ってる~」だって?
Dscn5683


ここを降りるのには鎖をつたって降ります。

結構な急な斜面で岩場。

ちょっと怖い。

Dscn7662

この鎖場を超えると、もう一か所難所が~

足を滑らせないように。。。

滑落しないように。。。
Dscn7663

「あれ~これは?   すっごく綺麗な色の。。。実?」

downこんなきれいな色の実は見たことがありません。

先が青みがかった赤紫な実?

繊毛が葉にも茎にもいっぱい。

この色があまりにも美しく。。。。気になって気になって。。。。

山荘に着いたら、写真を見せて何か聞こうと思いました。

(のちに、何か判明するのですが。。。。知ってビックリ!!その正体は③で解明です)
Dscn7665

もう一か所の鎖場。

景色がいいので、逆に怖かったりして。。。。


Dscn7666

てまり状態のシロヤシオ。

Dscn5686


そして。。。。

再度、バイケイソウの群生を抜けると。。。。蛭ヶ岳に到着です!!

やった!!

自分の足で。。。。ここまで来れた。

蛭ヶ岳。1672m。

丹沢最高峰です。

正面には。。。富士山!!って。。。。

やっぱり。。。。

塔ノ岳下あたりから、かすんで何も見えなくなっていたので。。。

期待薄でしたが。。。やっぱり見えません。

きっと。。。空気のきれいな秋や冬は目の前にくっきり富士山!!なんだろうな~


Dscn5689

長旅で疲れた足を休めるために、蛭ヶ岳山荘で受付をして。。。。

夕陽を楽しむまでゆっくりベンチで休憩です。

その間にコーヒーを沸かして。。。。

大好きなクッキーと一緒にコーヒータイムです。

まだまだ。。。夕日まで時間があります。

こんなゆったりした気持ち。。。。

大好きな時間。

いつも。。。下山時間に陽が暮れてくるので不安感や、焦る気持ちがあったけれど、この日はここで泊まれる。

そんな心の余裕が気持ちを裕福にしてくれます。

Dsc_0166

時刻は6:22

少しずつ。。。あたりがうっすら茜色に。。。。

沈む方角は大室山かな?

柔らかな色がいい感じ。

バイケイソウも夕陽に照らされて輝いています。


Dscn7669

そして。。。6:33には。。。。

空が染まって来た。

Dscn7674

すると。。。。

なんと。。。。見えなかった富士山が。。。。

シルエットとして浮き出てきました。

今まで見えなかった富士山。

夕陽の中でくっきり。

夕陽マジック!!!

実は。。。

このマジック。。。私の中で期待感がありました。

よく行く江の島から見る富士山は。。。。

いつも夕方は逆光で見えなくなるのですが、陽が沈むと、、、シルエットとしてくっきり見える。。。

もしかしたら。。。同じように見えてくるのではないかと。。。。

こんな富士山。。。ここに泊まってからこそ味わえる景色。

左に富士山。富士山の右下は檜洞丸。

犬越路の稜線から。。。

沈むお山は大室山。
Dscn7676

父ちゃんもひたすら。。。シャッターを押します。
Dscn7680

私は頭にお日さま乗せて。。。。

あっちっち!!な~んて。。。そんな余裕も。
Dscn7685

西丹沢の山々と富士山。

そして茜色の空にまん丸の小さなお日様。

それだけ。。。。。。

Dscn5703

お日さまが半分になった~

これは。。。。

雲に入ってる感じじゃなくて。。。。

山に沈んでる?

じゃ~いったい何のお山かな~?
Dscn5705

ついに。。。沈んだ。

夕陽マジックはあっという間だ。

Dscn7689

富士山も。。。そろそろ終わりを告げてる。
Dscn7692

ありがとね。。。。

今日最後に姿。。。見せてくれて!!

空の色が。。。奇麗だな~

Dscn7697

そして。。。。

夜。

今度は夜景を!!

と思ったのですが、思った以上にガスっていて、下界がかすみっぱなし。

夜景は。。。ムリかあ~

それでも、、、、

空には満月。

まん丸お月さん。

明るいから。。。。星も難しい。
Dscn7703

そして。。。月と夜景の精一杯の一枚。

父ちゃんの力作です。

夜景を撮るのは難しい~

八王子あたりか。。。。相模原か。。。。
Dscn5715

山荘の消灯は八時。

ちょっと早いけど、疲れた私にとってはありがたい。

あっという間に眠りについた私です。朝日を見るために。。。

そうそう。。。

あの気になっていた赤紫の実?

山荘の御主人に写真を見せてお聞きしたところ。。。。

初めて見た!!どこにあったの?見たことないなあ~

って。。。。

山の花の本があるから調べてみて~

と言われたのですが。。。。

消灯も近いし、

帰ってゆっくり調べよう!!ってことで保留になりました。

それにしても気になるあの奇麗な実?

早く知りたい!!

丹沢縦走もどき③  蛭ヶ岳から丹沢山・靄(もや)にくすぶる朝陽  に続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

丹沢縦走もどき① 大倉から丹沢山・未知なる道

2016年5月28日 (土)

丹沢縦走もどき① 大倉から丹沢山・未知なる道

5月22日,23日で塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳。一泊二日で往復してきました。

山小屋泊は人生で二度目。(前回は木曽駒の宝剣山荘です)

今回はこのレポートを全4回でご報告したいと思います。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

前の週に檜洞丸へ出かけ、かなり厳しい往復となったのですが、それにもめげず、頂上から見た蛭ヶ岳のあの雄姿も記憶に新しく。。。。。

父ちゃんの休日が連休となったというチャンスも廻ってきて、出かけることになったのです。

ただ、、不安はいっぱいです。

まず。。。大倉からへの塔ノ岳。今までに一番の標高差。1200m。

噂のバカ尾根。景色はなく、だらだらと続く階段の上り。

そこから。。。一日で丹沢山を越え、そして3キロ強の蛭ヶ岳まで。。。私にしたら長旅です。

歩けるかな~

膝は大丈夫かしら。。。。

一泊の荷物を背負っての歩き。。。。

水分は足りるかしら。。。

挙げればきりがありません。

とりあえず歩き始めます。

Dscn7530

お天気は。。。晴天。

日曜日ということで、人気のお山は人がたくさんと予想されます。

六時半。。。。

早めの出発。

うつぎが最初にごあいさつ。

Dscn7529

この辺は朝の木漏れ日を浴びて、気持ちよく歩けます。
Dscn7532

小さな花がいっぱいついて、かわいらしい。

コゴメウツギかな~
Dscn7541

うんうん。。。一歩一歩進んでる。

まだまだだけど。。。。

見晴茶屋についた~

ここはデッキが新しくて。。。

ゆっくりできそうな場所です。

江の島が見えた。

向こうは三浦半島。

そしてかすかに房総半島まで見える~?
Dscn7546

少し歩きにくくなって来たけど、

まだ、それほど急登ではないので、大丈夫。

ま~

いつも通り、歩くのは人一倍遅いけどね~

ここまででも、何人もの人に抜かれてしまう~
Dscn7548

噂の木道。木の階段。

これが始まりかな~

でも。。。

岩場をがつがつ行くよりは、歩きやすいのかも~
Dscn7550

時々こうした優しい道がやってくるとホッとします。

こんな道が続けばいいのになあ~

なんてあるはずもないことを考えてしまいます。

とてもユニークな。。。。この植物は。。。。?down

葉の上に赤いヒトデ見たいな花?と青リンゴの実?葉は三角形で、つるつる感が落花生の葉っぽくて、放射状についてる。

searchどうやら、ナツトウダイというらしい~

道沿いにたくさんのこの植物がありました。

Dscn7553

新緑の楓が透き通るようで綺麗だな~
Dscn7561

木の隙間から、表尾根の三の塔と鳥尾山が見えてきました。

一か月前はあそこ。。。

歩いたんだ~

一度歩いた道は、すごく親しみがわいて。。。興味深く観察できます。

Dscn7562

道の反対側にはどっかり富士山。

見えますね~

でも、、、やっぱり。。。

雲はないけど、もやっています。
Dscn7563

小さな藤色。。。

ムラサキサギゴケがたくさん。

Dscn7565

おっ。。。。

いいねいいね。こんな道。

土道に。。。お日様が模様を描いて。。。。。
Dscn7568

なんて。。。

小さな楽しみを味わいながら。。。。

堀山の家に到着です。

ここまででも、、、汗汗汗。。。。

結構水分をとって。。。。

また休憩です。
Dscn7571

ここからは本格的な階段が続くのね。。。。

がんばろっと。
Dscn7574

展望が。。。。

開けたよ。

真鶴岬に。。。。伊豆半島。
Dscn7577

富士山も、まだまだ。。。

何とか見えるよ~
Dscn7578

階段に続く階段。

段差と幅が微妙に自分の足に合わないので。。。。リズミカルに登ることが出来ません。

でも。。。振り返るとこんな景色が広がるので、気分爽快。

ただ、、、

日陰がなくなるので、日差しガンガン浴びて。。。

あ・つ・い!!
Dscn7584

コケリンドウがあちこちで見られるようになると。。。。
Dscn7585

花立山荘に到着。

もちろんここは。。。。かき氷でしょ~(父ちゃんは氷いちご)

私はひやしぜんざい。。。。

冷やっこくておいしい~

山でこんなものが食べられるなんて~ちょーうれし~

富士山と乾杯~って。。。

もう見えなくなっちゃった。

ん~写真で見ると、かすかにほんと、かすかに見えてるね!
Dscn7587

冷たい甘いものを食べたら、元気復活。

もう少し頑張るぞ~

と意外と元気~

今回初めて出会ったお花。

濃い紫色で、、、、何気なく見るとすみれの色みたいだったので。。。

すみれと思い込んでいたのですが。。。。全然違うよ~

これは。。。。

ヒメハギ。。。ですね。個性的な花~
Dscn5627

遠くにトウゴクミツバツツジが。。。。

山肌に。。。。

色が濃いので目立ちます。
Dscn7596





Dscn7599

登るにしたがって、登山道にも。。。。

間近で見ることが出来ます。
Dscn7601

Dscn5635_2

また樹林帯に入っていくと、ちょっと涼しくていい気持ち。
Dscn7602

ここら辺は今が満開。
Dscn7606

トウゴクミツバツツジの根もとには、

小さなかわいらしいクワガタソウ。

中心がピンクなのね~
Dscn7608

そんなこんなで。。。。

あれ~塔ノ岳に到着です。やった~1491m。

人一倍時間かかってるけれど、何とか。。。歩くことが出来た!!

私にとって大倉尾根からの塔ノ岳は。。。

それこそ未知なる道。

それが未知でなくなった瞬間でした。
Dscn7610

残念、富士山は春霞の中。

空は晴れてるんだけどな~

この時期遠望はなかなか難しいね~
Dscn7615

それでも、、、おかげでこんな

素敵な山景色。

ここも。。。肉眼では。。。かすむ上に、逆光だったから見えなかったけど。。。。

写真でよく見ると、、、、

富士山。。。微妙に写っています。

グラデーションに末の消えゆく富士山の姿。。。極めつけは富士山の雪の白。

究極のグラデーションだ!
Dscn7611

日曜日の頂上はまだ早い時間ですがにぎわっています。

みんなおいしそうにいろいろお召し上がりですね~
Dscn7612

私たちは、まだまだこの先が長いので、いつものようにのんびりしていられません。

さっさとおにぎりを食べて、出発です。

まずは、丹沢山。

下りか~

この先、長いし~

膝気をつけなくっちゃ!

下り始めて。。。。

すぐ。。。

わおう~

シロヤシオが。。。。

トウゴクミツバツツジが。。。。。

あちこちで満開です。
Dscn7617

目指す蛭ヶ岳がシロヤシオ越しに遠くに見えます。
Dscn7618

檜洞丸もすごかったけど、こっちもすごい!!
Dscn7619

白とピンクの共演です。
Dscn7621

多少のアップダウンを繰り返しながら、シロヤシオが形を変えて現れます。

Dscn7623

上ばかり見て。。。。

なかなか足が進みません。

止まっては写真を撮り。。。花を眺めて。。。

Dscn5653


今年は五年に一度のシロヤシオの当たり年だそうです。

そんな時に来ることが出来て。。。

本当によかった。



Dscn7624

ここは見通しがよく、山の斜面がよく見えるので、開放的です。

檜洞丸とはまた違った美しさです。
Dscn7626


Dscn7627

下を見れば、ツルシロカネソウが可憐に風にゆらゆら。。。。
Dscn7628


Dscn7631

ここの道は木道が続くけど、見通しが良いので全然飽きません。

むしろ楽しく歩けます。
Dscn7632


Dscn7633

クワガタソウもあちこちで~
Dscn7634

そして。。。

危険な個所もなく、何度かの登り返しを経た後。。。。

丹沢山に到着です。1567m。

ここまで来れた!!

あと少し。

けれど、、、私には到着した喜びよりも、これから先の不安の方がまだまだ頭から離れない状態でした。
Dscn5664

リュックを降ろして、一休み。

背中が軽い、背中が涼しい~
Dscn5662

疲れもたまっていたので、ちょっとベンチで横になり休憩。

あと。。。。4キロ弱かあ。。。。。

アップダウンも続きます。

頑張れるかな~

丹沢縦走もどき② 丹沢山から蛭ヶ岳・夕陽マジック  に続く。

2016年5月26日 (木)

名残惜しいね  ~フィナーレの薔薇~

2016年5月26日 (木)

名残惜しいね  ~フィナーレの薔薇~

そろそろ。。。

薔薇のピークも終え、さみしい庭に戻りつつあります。

これからは二番花が少しずつ咲き続ければなあ。。。。

とかすかな期待を持っています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

クレア・オースチン

Dscn7445


Dscn7446

マルク・アントン・シャルポンティエ
Dscn7448

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
Dscn7456

ムンステッド・ウッド
Dscn7457

ホワイト・メイディランド

まっしろ。。。白から色を変えない。

純白な色が好き。
Dscn7506


Dscn7476

ブルー・フォー・ユー
Dscn7479

アイズ・フォー・ユー
Dscn7483

フィリス・バイド
Dscn7487

ピエール・ド・ロンサール
Dscn7495

レンゲローズ
Dscn7466

ラベンダー・ラッシー

Dscn7504




マダム・ピエール・オジェ

やっとマメコガネのピークが去って、綺麗に咲いてくれました。
Dscn7502


Dscn7849_2

バロン・ジロー・ド・ラン

今年は。。。。

最近になって咲き始めました。

遅咲きだね。

不規則な花びらの形と縁取りが白いところが魅力。

Dscn7853

ミニバラ、リトル・ウッズ

青森からやって来た小さな小さな薔薇。

今年も咲いたよ~


Dscn7865




今年のジギタリスは花が三本もでましたよ~

風で倒れそう。。。。
Dscn7848

中には小人が住んでる。。。そんな。。。まさか。。。

いろんな想像が出来そうな花の形です。
Dscn7862

母の日にもらったカーネーション、淡い黄色に赤い縁取り。

三年目です。
Dscn7868

クレマチス、コンフェッティ
Dscn7863



今年はバイカウツギが遅かったなあ~
Dscn7851

山アジサイ。舞子。

薔薇庭からやって来たかわいい紫陽花。

薄紫です。
Dscn7859

伊予獅子てまりは。。。。やっぱり薄紫。

これは。。。ピンク色が良かったな~
Dscn7856

2016年5月24日 (火)

薔薇とのコンビネーション

2016年5月24日 (火)

薔薇とのコンビネーション

薔薇と相性のいいお花。

いろいろあります。

最初は。。。クレマチス。。。から始まり。。。。

色んなお庭、雑誌、ほかの方のブログばど見せて頂いて。。。。

こんなにもいろんな花との組み合わせが合うんだな~と学ばせてもらっています。

薔薇だけよりも、ほかの花と合わせてそのコンビネーショで、また違った花の魅力を引き出す~

それぞれが生きて、引き立てあう。。。

そんな薔薇とのコンビネーションを少し集めてみました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

クレマチス、プリンセスダイアナと。

後ろの薔薇はピエール・ド・ロンサール。

Dscn7490

down手前の薔薇はガート・ルード・ジェキル
Dscn7493


Dscn7499

アプリコットのジギタリスは、風と重さでぐんにゃり~

薔薇はチャールス・レニー・マッキントッシュ
Dscn7449


Dscn7520

薔薇と薔薇の相性は~?

壁を覆うアンジェラと薄いピンクはナエマ。
Dscn7470

アンジェラと白いクレマチス、フルディーン。

Dscn7525


Dscn7526

オレンジの小さな薔薇はベビー・ロマンチカとオステオスペルマム
Dscn7243

ベビーロマンチカとタマシャジン(フィティウマ・ショイヒツェリ)


Dscn7462

薔薇庭からはるばるようこそ。。。。

バーベナ、ラナイ・ビンテージウォッカと薔薇、アイズ・フォー・ユー
Dscn7511


Dscn7515

大ぶりなコロンとした薔薇はジュード・ジ・オブスキュアと。。。。

クレマチス、アフロディーテ・エレガフミナ

ガクアジサイの蕾も。
Dscn7463

同じく、クレマチス、アフロディーテ・エレガフミナとガートルード・ジェキル

Dscn7481

ジュビリー・セレブレーションと白いクレア・オースチン
Dscn7472

薔薇が終わったころに咲き始めたクレマチス。ピンク・ファンタジー。
Dscn7468




今年は立派に育った白いジギタリスはそんな薔薇にもよく合います。

一緒に植えてある黄色のブライス・スピリットやジャクリーヌ・デュ・プレはすでに終わってしまいました。

これだけでも存在感があります。壁のアンジェラともあっています。


Dscn7491_2

ここは。。。白のコーナーです。パンジーやビオラ、アリッサムはまだ咲いています。

山アジサイ、笹の舞は。。。。白い色から変化しないのかな~(買ったときは水色の大好きな色だったけど。。。。)

フランネルフラワーも一緒に。
Dscn7513

白いコーナーの前に咲く薔薇、ミルフィーユは残り一輪。
Dscn7514

ミニバラ、サンドリーナコルダナとローダンセマム
Dscn7516

小さなポピーもまだ咲いています。
Dscn7519

アストランチア・マヨールももっとたくさん咲けば合わせやすくなるんだけどな~

神秘的なこの花の姿が大好きです。

Dscn7459



薔薇だけでも美しいのですが組み合わせによっていろんな雰囲気を出すことができるので、より魅力的に。

一年草。。。今年はどんな色や花を合わせようかな~ってうのも楽しみの一つです。

|

2016年5月21日 (土)

シロヤシオの檜洞丸③ 犬越路、どこまでも続くアップダウンの道

2016年5月21日 (土)

シロヤシオの檜洞丸③ 犬越路、どこまでも続くアップダウンの道

5月13日。

檜洞丸の頂上を何とか制覇して。。。

下山です。

来た道を戻るピストンより、犬越路の景色がスバラシイ。ということで、遠回りの、周回コースをチョイス。

ただ。。。。

これがまた。。。私にとっては難所だらけ。

普段の力なら何とか歩けそうですが、4時間ほど歩いてからの下山なので、ちょっと。。。

ただ。。。。お天気も良く、風もそれほどなかったので。。。

景色がいいということに魅かれ慎重に下山することに。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

下山し始めてすぐ。。。

ぱ~っと景色が開けます。

なんだこれは。。。。。どこ見ればいいの?

そして。。。

富士山が。。。はるかに。。。。ぽかり。

雲の上にぽかり。

downちょうど看板の上の木。。。その上あたり。

Dscn7352

ちょっとアップで。
Dscn7353


遠くの方まで。。。山が続き、いつの間にか雲と同化。

自分もその景色の一部となって一歩ずつ歩いて行きます。

どっしりと構える山塊に。。。ちっぽけな一歩。




Dscn7354_2

一面雲海に浮かぶ富士山もいいですが。。。。

こうして遥か向こうにかすかにぽかりと浮かぶ。。。。

Dscn5579

そして手前にはグラデーションに連なる山があり。。。。

雲を挟んでの富士山は距離感、高さ感とも。。。抜群です。
Dscn7357

お~い!富士山!!

きみはやっぱり。。。。お山のヒーロー!

かっこいいよ!

この景色はそんな気持ちを起こさせてくれます。
Dscn5580

なんて。。。

山の景色に見とれる間もなく、、、難所が始まります。

急登の下り。
Dscn7359_2

そして痩せ尾根。

風が強いと。。。ちと怖い!!
Dscn5582

まだまだ。。。ここでも富士山は見える。

熊笹の峰を歩く。

へへ。。富士山と会話できそうだ!!
Dscn5584

このくらいの道幅があれば平気なんだけどな~down

Dscn7361_2

岩場に、、もう終わりかけのコイワザクラの残骸?

奇麗に咲いてるときに。。。見てみたかった。
Dscn7363

なんだかたくましそうなガニマタ歩き。
Dscn5587

う~ん。。。

こんなにアップダウンが続くなんて。。。。

気になるのは膝。

いつ膝の痛みが爆発するか。。。ひやひやものです。
Dscn5588

歩いても歩いても。。。。

なかなかたどり着かないよ~

Dscn7367

でもこうして。。。

シロヤシオが励ましてくれる~

Dscn5589

がんばる!!

(結構膝の調子。。。。いいかんじ)
Dscn5590

オオカメノキ

Dscn7370

一つ一つのお山の名前がわかれば。。。もっと楽しいのに~
Dscn5595

犬越路コースもシロヤシオはいっぱいです。

山頂近くはまだまだでしたが。。。。。
Dscn7371

青空のシロヤシオが見られる~
Dscn7372

梯子か~

そう言えば西丹沢教室の方が後ろ向きに降りてください!!っておっしゃってたな~
Dscn7374

シロヤシオの葉が。。。お花みたい。
Dscn7377

シロヤシオの花道ですね。

それにしても下りが急だわ~
Dscn7378

花が綺麗だと。。。。見とれてしまって。。。

それが休憩になってしまいます。
Dscn7380


Dscn7382

全部で三か所?の鎖場。

鎖がないと降りられません。

Dscn5601

岩がごつごつで、足場があるからいいようなものの。。。

もしつるつるの岩だと、、、、とっても危険です。
Dscn7385

トウゴクミツバツツジもこの辺から奇麗に咲き始めていました。
Dscn7386

ぱちぱち。。。。

線香花火のマイズルソウ。
Dscn7389

ふわっとこれは打ち上げ花火~
Dscn7390

クワガタソウは、、、、

たくさん咲いていました。
Dscn7392

小笄のあたりで、シカの死がいがありました。

といっても、ほとんど骨でしたが。。。。

やっぱり自然の中。。。こうして死んでいく動物もあるんだな。

さすがに写真には撮れませんでした。
Dscn7393

後ろを振り返る。

見えるお椀型のお山は。。。通って来た大笄かな?

Dscn7394

ここら辺に来ると。。。。

ちょっと疲れもピークです。

再三のアップダウンにへろへろ。

言葉数も少なくなります。

そして。。。

なんとか。。。

犬越路に到着。

立派な避難小屋があります。

おじ様達ゆっくり荷物を置いておしゃべりしてたのは。。。。

ここに泊まるのかな~
Dscn7396

そこに

変わった白い花の木がありました。

暗い中の撮影だったので、ぼけていますが。。。。何の木かな~
Dscn7397

ここからが。。。。

悲惨。

樹林帯に入ると、まだ日は落ちていないのに、辺りは暗い感じになってきます。

他には登山客に全然会わないので、不安が募ります。

疲れもピーク。

ここからの写真は、、、父ちゃんの撮った写真。

私はカメラを出す力も残っていなかった!

そして。。。なんてこと。。。ここにきて膝に違和感。やばい!!

Dscn5604

もう。。。写真を撮る気力もなく。。。。

とぼとぼと。。。下っていきます。

川沿いを歩き。。。。
Dscn5607

橋を渡り。。。
Dscn5610

人口の滝?

ふ~ん。。。。

疲れると感動する力もなくなってきますね。
Dscn5611

人口の滝と立派な橋。

Dscn5612

元気な時なら川の水で遊んだり、石投げてみたり。。。

そんなお遊びもするのでしょうが。。。さすがに。。この日は。。。ムリでした。

歩いても歩いてもたどり着かない。。。そんな下山になりました。

それでも。。。何とかヘッドライトも使わずに戻ることが出来ました。人間の一歩の力って。。。。積み重ねるとすごいんだな~

改めて実感。

結局辛かったアップダウンの道も帰ってみれば、、、すっかり忘れ、素晴らしかった景色と、歩いて見てきたいろんなシーンだけがよみがえる、、、

何とも都合のいい山歩きとなりました。

いや~

犬越路。。。。この道は最高ですね~

| | コメント (20)

2016年5月19日 (木)

シロヤシオの檜洞丸② バイケイソウの木道と遥かなる富士山

2016年5月19日 (木)

シロヤシオの檜洞丸② バイケイソウの木道と遥かなる富士山

5月13日。

檜洞丸目指して、一歩一歩進んで行きます。

息切れとともに足もだんだん上がらなくなってきます。

それでも、、、美しいシロヤシオが励ますかのように登山道を白い道にしてくれています。

空に透かして見ると、一層美しく輝きを増します。

五枚葉もまるでグリーンフラワーなかんじで。。。。キラキラしているように見えます。

Dscn7303

じっと、見入ってしまいそうですが。。。。
Dscn7304

のんびりしていられません。

私の足では下山到着時間がますます遅れてしまいます。

Dscn5560

白緑の世界に違う色が入るとそれだけでインパクトがあるね。
Dscn7305

わ~いっぱい。
Dscn5561

見下ろす感じも素敵。
Dscn7308

そして。。。あと0.8km地点に到着です。

ちょっと休憩。

ここも。。。見渡す限りシロヤシオの群落が~

Dscn7321

足元にはマイズルソウの赤ちゃん。

Dscn7310

太い幹の向こうにシロヤシオ。そして。。。

深い山や谷。

何処を見ても奥深い。。。。
Dscn7312

塔ノ岳で初めて見たコケリンドウもここで発見。

私の指が怪物の指に見える~それほどこの花はちっちゃいのです。
Dscn7315

五枚葉はよく見ると。。。。葉の先が。。。。

薄化粧。

紅をさしたかのようにほんのり赤い。
Dscn7318

白い花の中はそばかすちゃんかしら~?

花も葉も。。。どちらも素敵すぎます。

Dscn7319


もうへとへと。。。。

というところに来て。。。。木の階段が続きます。

足が。。。。足が。。。。

あがらない~wobbly

ここにきての階段はつらいなあ~

それでも。。。

小さな黄色い花畑。

一つだけすみれ。

Dscn7322

黄色い花は子供たち?自由に遊びまわっているネ。

アザミの大きな花。。。先生かな?

みんなを見守ってる。
Dscn7323

特に小さな子供たちは、木の懐に抱かれて。。。。

ちゃ~んと守られてるね。
Dscn7324

なんてね。。。

苦しい中、色々と想像しながら。。。。。

*********

木の階段を上がり終えたところで。。。。

でた!

やった~

バイケイソウが群生する木道に出た!!

緑がとてもきれい。

ここからは、あと少し。

Dscn7325

不思議な木も。。。。
Dscn7327

人が三人くらいは入れそうだな~
Dscn5567

と思ったら、先客、、、

ワチガイソウだ!!

(もちろん、人は入れないですヨ)
Dscn7328

あまりにかわいいワチガイソウをカメラに納める一般登山客。
Dscn5568

かわいい~としか言いようがない。

(このボキャブラリーの貧困さ!!)
Dscn7332

そして。。。やっとぜい!!

檜洞丸頂上に到着。1600m。

長かった~

Dscn5570

頂上にはほんの少し、マメザクラが残っていました。

小さな桜。

もう少し早ければ咲いていたかな~
Dscn7333

下には落下した花びらが、アザミの葉の上を彩っていました。
Dscn7335

ネコノメソウ?
Dscn7337

頂上でいつものうどん~

ごちそうさま~

残念ながら、目の前に富士山が見えるはずなのですが。。。。

ガスってきてしまって。。。。真っ白です。
Dscn7339


頑張ってやっとのことで登頂したので。。。登山バッチが欲しかった。

青ケ岳山荘にあると、、、どこかで聞いて。。。。行ってみることにした。

Dscn7342

名前の通り、真っ青な屋根の山荘。

父ちゃん青いからしっくりくるね。

青ヶ岳山荘から抜け出たん?父ちゃん?
Dscn7344

こっちは眺めが最高です。

丹沢山系の蛭ヶ岳が綺麗に見えました。

いつか。。。。。行ってみたいなあ~

Dscn7345

残念ながら。小屋には誰もいなくて。。。。

バッチは手に入りませんでした。weep

ゆっくりしていられません。

そろそろ下りないと、到着までに日が暮れてしまいます。

下山は犬越路経由で。。。。

と。。。。

見上げるといつの間にか青空。

わ~

富士山見えたじゃん。

富士山のてっぺんがきれいに~

頂上からの富士山です。
Dscn7348

アップでぽん!
Dscn7351

そして忘れずに記念写真。

見えなかったものが、見えてくると気分はハイになりますね。

遥かなる富士山。

姿を見せてくれてありがとね。

Dscn5577

なんてラッキーな。。。

そう思いながら、犬越路へ下ります。

これが思ったよりも。。。。長く大変な道のりでした。

シロヤシオの檜洞丸③ ~犬越路、どこまでも続くアップダウンの道~

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

シロヤシオの檜洞丸① ツツジ新道から

2016年5月18日 (水)

シロヤシオの檜洞丸① ツツジ新道から

5月13日金曜日。

晴天。

以前から行きたいと思っていた檜洞丸。

ちょっと。。。私の力からしたら背伸びする山です。

今の時期はシロヤシオが咲き始めたころ。。。。

是非、その花を見てみたい。。。。

そう思ってこの時期を選びました。

行って帰って来れるかしら。。。一抹の不安を抱えながら。

西丹沢自然教室まで車で行きます。

意外とここまで道路も混んでいて、予定より出発が遅れてしまった。

登山届を書いて、さわやかな朝の空気の中、出発です。

金曜にと言えども、それなりに登山客はいます。

シロヤシオ目的の方が多いのかな。

西丹沢自然教室の情報によると、頂上近くはまだ咲き始めで、それより下の方では八分咲きとのこと。

期待が深まります。どきどき!!

Dscn7246

道路を少し歩いたら、登山道入り口。

Dscn7247

さわやかな木漏れ日を浴びて登り始めます。
Dscn7250

一時間足らずでゴーラ沢へ到着。

透き通った水の流れに癒されます。
Dscn7251

色づく紅葉したもみじもいいけれど、若葉のもみじも勢いがあって、、、

青年!!ってかんじで。。。いいな!!
Dscn7257

川の流れはあるけれど。。。

うまい具合に石が置かれています。

そこを渡り。。。。
Dscn7258

ここから本格的な登山道。

新緑の樹林帯を。。。

結構な急登。

息弾ませながら、、、汗ふきふき。。。。
Dscn7259

ぎゃ~

なんか。。。。へんなたまご!!キモイ!!

何の卵?

もうすぐなんか生まれそうだ!!

さてなんでしょう???
Dscn7262

答えは。。。コイツ。

目玉おやじ。

目玉おやじの子供だったんだ~

ギンリョウソウ。

透き通った白にブルーアイ。

二年ぶりの再会です~

なんか不思議な生き物~

おっと。。。。植物!

少し、、、私みたいに年いってるかしら~

Dscn7263

クワガタソウ
Dscn7266

展望のない中、ひたすら登ると一時間ちょっとで展望園地に到着。

お天気いいから。。。。見えるかな~

おう。。。。。

素晴らしい富士山が見えたよ~

木の間から、くっきり。

これはさい先いいぞ~

父ちゃん、富士山に手を振る。
Dscn7271

私はピース。

Dscn5538_4

アップで富士山。

う~ん。。。奇麗な稜線に、いい具合の残雪。

Dscn7272

で。。。ここで気になったのが、

手前のニセ富士山?

同じきれいな形をしています。down

富士山にあこがれて、富士山になりたくて。。。。

そんなお山に見えますが。。。。

名前がわからない~
Dscn7274

おっ。。。。

ここでトウゴクミツバツツジが。

西丹沢自然教室ではまだつぼみ。。。。

と言っていましたが。。。もう咲き始めているではありませんか~

ラッキー。
Dscn7276

そして。。。。

あった!!なんて可憐。なんてピュアな白。

素敵としか言いようがない。。。。もう。。。

最初から心奪われてしまいました。

Dscn7278

ここからは。。。

写真を撮りまくり。。。。

Dscn5539

雲が出てきて、青空にシロヤシオとは。。。いえないけれど。。。

ほんわか水色の空が見えた。
Dscn7280

白と黄緑の二色だけ。

シンプルな色合いだけど。。。

美しすぎ。
Dscn5544

トウゴクミツバツツジとのコラボレーション。

Dscn7287

上ばかり見て歩くので、足もますます遅くなります~
Dscn5548

こんなにたくさん。

ここは。。。。満開じゃね?

Dscn5549

思ったより、花が小さくてかわいらしいので、ますます。。。気に入ってしまいました。
Dscn7290

ヤマネコノメソウ?かな。
Dscn7293

わ~

みんなこっち向いてる。

シロヤシオはゴヨウツツジ。。。。ともいうそうで。。。。

葉が五枚なのですね。
Dscn7294

奇麗で。。。

周りを鑑賞しながら歩くのが楽しくて。。。。

一方、急登が続くので苦しくて。。。暑くて。。。。
Dscn5555

髪振り乱しながら、息切らせながらも。。。

汗びっちょりべとべと。。。。

でも、ふふ。。。かわきれい!(かわいい&きれい)
Dscn5556

こんな、銀梯子を登っても。。。。

上を見ながら。。。。
Dscn7296

白い色は写真に撮るのが難しいです。
Dscn7297

新緑の山がこんなに彩られるなんて。。。。

山って。。。。不思議!!
Dscn7299

おもいきり。。。。

シロヤシオに癒されながら。。。。

時間をかけて。。。。

頂上を目指します。

長い長い道です。

思ったよりたっぷり水分をとっています。

あと。。。。

頂上まで1キロほど。

頑張ります。

シロヤシオの檜洞丸② バイケイソウの木道と遥かなる富士山   に続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

薔薇の花って何色あるの?2016

2016年5月16日 (月)

薔薇の花って何色あるの?2016

薔薇が満開。そして。。。。

マメコガネも満開。昼間になるとピンクだった薔薇が、白い薔薇が。。。黒い薔薇になるほどマメコガネがたかっている状況です。

一日中庭で虫集めをしてる私って。。。。。

それでも天気の悪い日、朝方、夕方には活動も鈍く、飛来するのも減ってきます。

そんな時をとらえて何とか写真に撮るという日々です。

通りがかった方に「バラ、見せてもらっていいですか?」

なんて声をかけられますが。。。。虫がすごくて。。。悲惨なので。。。

「見ない方がいいですよ~」とは言えず。。。

「虫がすごいですけど、どうぞ~」なんて。。。

遠くから見る分はいいんだけどネ。

な~んて、ぐちはこのくらいにして。

今日はクレマチスから。。。。。

heartアフロディーテ・エレガフミナ

たくさんのお花をつ行けてくれますよ。

シックな大人っぽい色なので、どの薔薇にも似合う気がします。

Dscn7437

虫食いにあっても、、、

頑張って咲いてる。

リシマキア・ボジョレーと。
Dscn7403

咲き始めも立体感があってイイネ!!
Dscn7402

heart恋のしずく

名前がかわいい。形もかわいい。

色も。。。赤と黄色で。。。チューリップの縮小花?

Dscn7436

ここからは。。。

少し遅咲きの薔薇や、たくさん咲き始めた薔薇です。



heartナエマ

向こうに見えるのはアンジェラ。

Dscn7444

フランネルフラワーと。
Dscn7412



heartジュード・ジ・オブスキュア

一昨年、カイガラムシにやられて、バッサリと剪定してしまって。。。

もうダメかな~と思っていましたが、二年ぶりに咲いてくれました。

よかったな~復活して。

Dscn7400

大きなカップ咲きは健在です。

紫陽花の小さな花芽もかわいい。
Dscn7405


heartブライス・スピリット

ひらひら花びら~。。。。

薄い黄色から、、、少しずつ白に近いクリームイエローに変化します。

私は色あせたときのブライスがより好き。

Dscn7430


heartピエール・ド・ロンサール

アーチの薔薇。

家の前を通って声をかけてくださるのが、この薔薇です。

ゴージャスで美しい。

存在感ピカイチ。

でも、、、今年はちょっと花が少ないです。

Dscn7399


heartアイスバーグ

今年地植えにしました。日陰だけど、綺麗に咲いてくれます。ふわりふわりの花びらがやさしく、清楚で、、、、

なくてはならない薔薇。。。かな?

Dscn7419

heartあおい

最初は一輪だけ咲いて。。。

そしてあっという間にブーケのように。

今年のブーケは5束でしょうか~

Dscn7415_2


heartマルク・アントン・シャルポンティエ

色といい、花形といい、はなびらの形も。。。。

大好きな薔薇です。

これも。。。ブーケ咲き。房咲き。

咲く程に、、色があせてきますがそれがまた、、、素敵です!!

Dscn7414


heartミスター・リンカーン

背も高く、花も大きい。。。。

そして香りがいい~

父ちゃんが好きな薔薇です。

Dscn7427


heartマリア・テレジア

こぼれダネで増えたオルレアと。

Dscn7422

heartジャクリーヌ・デュ・プレ

咲き始めた白いジギタリスと。

ジャクリーヌ、、、毎年弱ってきていますが、何とか咲いてくれた。

マメコガネの大好物で、綺麗に咲いたのはなかなか見られません。


Dscn7409

heartホワイト・メイディランド

挿し木でやってきた透き通るように白い薔薇です。

今年は花が多く咲いてくれてうれしい!

Dscn7424

heartウィズレー2008

Dscn7417

heartクレア・オースチンとクリーミー・エデン

色は似ていますが、花びらの固さ、形、花びらの数。。。。

全然違います。
Dscn7443

まだ頑張って咲き続けるビオラから~
Dscn7438

heart夢乙女
Dscn7408

heart舞姫

以前。。。母の日に父ちゃんからもらったミニバラ。

夢乙女にいています。

Dscn7440



heartラブリーモア

舞子アジサイと一緒に。

紫陽花の季節ももうすぐだな~
Dscn7428




heartグリーンアイス

ピンクの薔薇はストロベリーアイス。

Dscn7426_2




heartレンゲローズ

ハンギングにしています。

Dscn7431_2





まだまだ、咲き続ける薔薇。

これからクレマチスも紫陽花も咲き始めます。

まだまだ楽しめますよ~

いろんな種類の薔薇を載せましたが、似ている色はあれど全く同じ色のものはありません。

微妙に違っています。

そして、花の形や大きさを考えると、いったいどのくらいの種類があるんだろう~な~んて。。。

調べればわかることでしょうが~

そう考えたり、想像したりすることが、楽しい薔薇との生活です。

う~ん。。。奥が深いよ~

薔薇の写真これからもまだ続きそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (

2016年5月15日 (日)

山中湖から鉄砲木ノ頭と三国山②

2016年5月15日 (日)

山中湖から鉄砲木ノ頭と三国山②

5月7日。

鉄砲木ノ頭へ行って富士山と山中湖の絶景を楽しんだ後、三国峠の駐車場から反対側の三国山へハイキング。

三国山の三国とは、神奈川(相模)、山梨(甲斐国)、静岡(駿河国)の三国にまたがるという意味らしいです。

先ほど登った鉄砲木ノ頭は。。。。

砂礫の道で。。。大きな樹木はなく、ほとんどが草地。

けれども、三国山は登山口からすぐミズナラやブナが茂る樹林帯です。

全く趣が違います。

新緑が勢いよく茂りつつある道はちょっと薄暗く感じました。

でも、、、

花の様相もまた違います。

白い花。かわいいね~

ツルシロカネソウです。

初めてお目にかかります。オレンジ色の点々がかわいらしい。

Dscn7143

後ろ姿もキュート。集中した葉の中から細い茎をすっと伸ばしそこに花をつけてる。。。

なかなかスマートで清楚な花だね。
Dscn7145

五枚花弁の間にひとつずつ、オレンジ色のしべ。そして白い繊毛。

と。。。。

思いきや、白いのは萼片で、花はオレンジ色の小さな五つの。。。この点々なんだって。

そして匍匐して(ほふく)増やすのでツルと名がついたそうです。

そう言えばこれも、、、倒木した樹から咲いてるように見えるけど、どこからかつるを伸ばして咲いてるのかな?
Dscn7146

新緑の樹林帯は黄緑色がとっても綺麗です。

晴れた空にもみじの星がちりばめられて~

Dscn7148

鉄砲木ノ頭とは違って日陰があるから。。。。

そこよりは涼しくて歩きやすい。。。。
Dscn7149


Dscn5521

一人でかくれんぼの。。。。父ちゃんはどこにいるでしょう?

って。

ひよこのかくれんぼじゃないけど、柄物のシャツと、ベージュのズボンが見えてるよん~

Dscn7152


ツルシロカネソウよりももっと小さな白い花。

ワチガイソウ。

これもたくさん咲いてたな~


Dscn7154

ミツバツチグリかな?たっくさんだ!!

Dscn7156

そして。。。頂上に到着。三国山1343M

残念ながら眺望は。。。。

木が覆い茂って。。。

Dscn7162_2



頂上で一服。今回はコーヒーと、、、、

父ちゃんの出張のお土産、神戸のアンリシャルパンティエのフィナンシェ。

これがメッチャうまいんだ~

仕入れてきた紙コップカバーでちょっとおしゃれにコーヒーを。

って。。。百均だけどネ!!

コーヒーにも木が映り込んで。。。。

ここで飲むからでこそ。。。砂糖の代わりにいかがででしょう。。。

Dscn7165

ごちそうさま~

一息ついたらまた。。。ちょっと散策。

Dscn5525


フデリンドウ。。。。かな~

これ。。。ハルリンドウじゃないかな~?


Dscn7166


Dscn7167

バイケイソウの群落がここにもあったよ。

葉が出始めの頃はとっても綺麗だ~
Dscn7172

真上から見たところ。
Dscn7173_2
新緑とバイケイソウの緑。。。。

同じ色だけど全然雰囲気が違ってて、人が意図して作ったようなお似合いの景色。。。

う~ん、やっぱり自然が作る景色だから、、、それが一番!!かな?

Dscn7174

葉の葉脈っていうのかな。ラインに凹凸があるので、その微妙なおうとつが影になって、ますますラインをくっきりさせています。

真上から見るのと、こうして影をつけてみるのとではまた違って見えます。

Dscn7159

木々の隙間から見える雲海の向こうは。。。?

Dscn5524


またまた、ツルシロカネソウ。

Dscn7175

オレンジ色のが花だと思ってみると、なんか。。。見てるうちに違うものに見えてきます。
Dscn5526

さ~樹林帯を歩くので、暗くならないうちに下山です。

日の射し方はもう夕陽になってる~

倒木の上に生えた苔の軍団が日に照らされて。。。

サイダーの泡が表面上でぱちぱちしてるイメージかな~
Dscn7177

ツルシロカネソウ。。。ばいばい。
Dscn7180

生まれたての楓?もみじ?の葉も。。。陽に照らされて手を振ってたよ。

ばいばい。
Dscn7181

みんな。。。。ばいばい。。。

空に向かってごあいさつ~
Dscn7185

短い時間にたっぷりと。。。いろんな印象や感覚を持てた楽しいハイキングでした。

さすがにこの日だけは。。。。。

長さじゃないね。。。濃さだよね。

行ってよかった山中湖周辺のハイキング。

冬にはどんな感じかな~

ここだったら行けそうなので、また来てみたいで~す。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

山中湖から鉄砲木ノ頭と三国山①

2016年5月13日 (金)

山中湖から鉄砲木ノ頭と三国山①

5月7日

連休中何処へも行かなかったから。。。。

ちっと出かけたいなあ~

でも、、、天気予報はイマイチ。

ところが。。。。当日、

朝からいいお天気。

天気がよくないから行くのはやめようと思っていたところに。。。。青空。

あ~しまった。。。出かければよかった。。。

と思った時点でもう。。。九時は過ぎていた。

遅いよな~

でも、、、やっぱりもったいない。。。。

この時間からでも行ける。。。1時間ほどで登れる山は。。。。

と急きょ決まったのが山中湖の近くの鉄砲木ノ頭(明神山)。

30分ほどで歩けば頂上。

それも富士山の真ん前。

私にぴったりこん。

という訳でお昼前に出発。

こんな時間。。。。いくら連休でも高速道路はすきすき。。。。。

スムーズに山中湖に降りてまず富士山を眺めに。

今日はいい感じだ~雲がほとんどない!!

Dscn5494

そして、山中湖から、、、、

これから行く二つの山を望む。

楽勝なコース?

いえいえ。。。私にはどんな道も。。。汗、汗。。。苦、苦。。。。

Dscn7094

まずパノラマ台に行って。。。

少し上からの山中湖と富士山。

左手から雲が出てきた。

Dscn7096

雪もだいぶ減って来たけど、美しい姿はいつもと変わらない。
Dscn7097

駐車場というか、空いた場所に車を止めまます。

連休なのに、ほかに車はなし。

だって。。。山行というよりハイキングコース。

お散歩コース。

行く人も少ないようだ。

ミツバツチグリからの出発。
Dscn7099

Dscn7188

ムラサキケマン

Dscn7186

カキドオシ

Dscn7187

登り始めはクサボケ。

Dscn7107

すみれ咲き乱れる道を。。。ゆっくり歩く。

日陰がないせいか。。。。あ、あ、あ、あ暑~い。

すでに、、、、汗びとびと。
Dscn7109

でも。。。。

あっという間に頂上だ。

富士山、山中湖、そして湧きだした雲。イイ!!
Dscn7114

広く見通しのいい草原。。。丘とでもいうかな。。。

記念写真!!

Dscn5510

山頂は1291m。
Dscn7118

山頂の反対側は、登りとうって変わって樹林帯。

半分こにきちんと分かれてるのもなかなか面白い。

そこに咲いてたフデリンドウ。

花いっぱいつけてるね。
Dscn7121

木々の隙間から見えた丹沢山系。だって!ear

でも、、、どれが何の山かはわからない~
Dscn7124

来た道を振り返ると箱根方面の山。雲の上からちょこっと飛び出した山は金時山?か。な。?

Dscn7117

反対側の樹林帯を少し下ると。。。。

あら~

バイケイソウの群落だ。

Dscn7128

大きな葉と。。。くっきり真っ直ぐなラインがかっこいい!!

うーん、、、、

咲いた時にも見たいなあ。。。。。
Dscn7129_2




バイケイソウに誘われて、どんどん下ってしまった。

振り返ると来た道は。。。トトロのトンネルみたい。



Dscn7126

どうしてこの小さな山の半分が草地で、そして半分が樹林帯なのか。。。すごく不思議。。。。

お弁当を食べて、お腹を満たしたら、時間もないので三国山へ向かいます。

下りながら。。。

シロバナヘビイチゴ?の花を見つけ。。。。

Dscn7134

ミヤマキケマン。

Dscn7136

遠くの草地にある一本の木。。。。
Dscn7137

ちょっと富良野っぽいでしょ。
Dscn7138
upwardrightを眺めながら下ってきました。

Dscn7141

こんな細い道です。

細すぎてとても歩きにくかった。
Dscn7142

ここから。。。。また趣の違った森を歩いて三国山へ行きます。

ここも30分ほどで登れます。

山中湖から鉄砲木ノ頭と三国山②に続く。

| | コメント (12) | トラックバッ

2016年5月10日 (火)

どの薔薇がお好き?2016

2016年5月10日 (火)

どの薔薇がお好き?2016

薔薇が一斉に開花。

もう少し時間差で咲いてほしいと思うのですが、贅沢な悩みですね。

写真を撮るのもどれをどの時期に撮るのかで、花の姿もだいぶイメージが違います。

一番いい時をお届けできればいいのですが、、、、

なかなか。

とか言いながら一番いい時期なんて、、、どの薔薇にもなくて、それぞれどの時期もそれなりに素晴らしいのです。


ただ。。。

今年もマメコガネ攻撃はすざまじく、どの薔薇にも、黒い点々が。。。。

酷いものは一輪に30匹ほどのマメコガネが。。。。

我が家の薔薇は黒い模様の薔薇が多いのが現実です。はぁ~

なんてネガティブな嘆きはやめて、薔薇のご紹介です。

写真は、マメコガネの虫をごまかすためにぼかしてる写真もあります。coldsweats01

heartガートルードジェキル

Dscn7200

よく見ると、花びらには食べられた跡が。。。。

Dscn7234

ガートルードジェキルの下に咲くのはアイズフォーユー。

これもマメコガネの大好物です。
Dscn7209



heartつるゴールドバニー

Dscn7231


Dscn7221

heartベビーロマンチカ

ころん。。。。

コロコロ。。。そんな。。。。小さな薔薇。

Dscn7203

ローダンセマム アプリコットとベビーロマンチカ

Dscn7222





フィテウマ ショイヒチェリ(タマシャジン)とベビーロマンチカ



Dscn7205

フィテウマ ショイヒチェリ  のアップです。
Dscn7241_2




heartパヴィヨンドゥプレイニー

バイカラー。花弁の表と裏の色が違います。表は白、裏はピンク。

Dscn7211

咲き始めはころんと。。。。

咲くと花びらの先が少しめくれます。

香りも良いです。
Dscn7210



heartブルーフォーユー

房咲きのシングルの薔薇です。
Dscn7195

時間がたつと、色が退化して薄くなります。
Dscn7192



heartラプソディーインブルー

ブルーフォーユーをもう少し紫を濃くした感じの薔薇です。
Dscn7191

heartミルフィーユ

淡いピンクと白のマーブル模様。
Dscn7232

開花したら。。。。

Dscn7235_2



heartバリエガータデボローニャ

Dscn7227_2



heartガブリエル
Dscn7225



heartあおい
Dscn7215



heartクイーンオブスウェーデン
Dscn7207



heartムンステッドウッド
Dscn7196_2



heartマーガレトメリル
Dscn7091

heartマルクアントンシャルポンティエ
Dscn7194_2


heartヘルモサ

みんな笑顔でカメラ目線~
Dscn7085

heartラベンダーラッシー

今年は花が大きいな~

Dscn7219



heartミニバラ・テディベア
Dscn7230_2

蕾のうちが一番テディーっぽいね。
Dscn7229



heart秋に種でまいた紫色のスイートピー。
Dscn7218



heartそろそろ終わりのエスコルチア ミニチュアサンデー
Dscn7212




| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

ギンランの咲く森

016年5月 9日 (月)

ギンランの咲く森

レポートは少し前に戻ります。

五月に入り、仕事は薔薇休暇。一か月お休みです。(本当は調整休暇といいます)

4月の仕事の最終日は4月30日の土曜日です。

この日の仕事は午前中。

それでも、、、仕事がある限り遠出はできません。

しかし、この日我が家では父ちゃんと長女が二人で山へ。

長女が今年購入したスパイクフリードcarで乾徳山へ。

いいな~

1462747218187

そして、長男も今年購入したマツダCX5で友人と仙ノ倉山へ。

いいな~

1462747238481

にしても、、、、

この山々は私には無理な山ばかり。。。。

そして同日、この送られた写真を見ながら、行く山によって春と冬が味わえるんだ~

なんてこの地にいながら実感したわけで~

羨ましいながらも、私はふてくされたわけでもなく、それなりに自分の楽しみを~

仕事の帰宅途中、いつもの森でちょっと散策。

暖かい光が木漏れ日となって。。。

きらきら森が輝いていました。

うん。。。これは「木漏れ美」だな~

Dscn7027

のんびり明るい森を散策。

途中、カメラかかえた女性と出会いました。ここの森はそれくらい素敵な森なんだな~

オカタツナミソウ

薄紫の花がきれいです。

Dscn7017


Dscn7018


Dscn7019

そして。。。。

一年ぶり。。。ギンランを見つけました。

キンランは、前回あちこちで見つけられましたが、ギンランは初めてです。

ギンランの方が少し咲く時期が遅いのかもしれませんね。
Dscn7021

米粒が開いたような小さな花は。。。蘭のミニチュア版。
Dscn7022

この美しい姿、盗掘されずここに今咲いてくれることをうれしく思います。
Dscn7023

一つの花の先が小鳥の嘴のよう分かれていますね。
Dscn7024

まだまだ。。。

キンランも咲いています。

Dscn7025

私の指先と比べてみると、こんなに小さい。

かわいいです。

指じゃないよ!!お花が!!だよ。
Dscn7026

グリーンシャワーを浴びながら歩いていると。。。。

ホタルカズラも見つけました。

わずか数輪だけど、、、すごく小さいけれど、、、

ブルーの色を輝かせていました。

星の形です。
Dscn7029

遊歩道ぞいに咲くキンラン。
Dscn7032

タチキランソウかな~

春の始めに見たキランソウは地面にぺったり張り付いていて、そして色も、、、もっと紫だった~

藤色でラインの入った姿がいいな~
Dscn7033


Dscn7034

シャガも咲いていましたよ。
Dscn7035

キンラン、ギンランの咲く森。

ササバギンランは見つけられなかったけれども、ここの森に存在する花です。

大切に守っていきたいですね。

ここで見るから美しい~森の中だから元気よく咲いてくれる。

そんな気持ちで歩いた時間でした。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

五月のかおり。。。薔薇のはじまり

2016年5月 6日 (金)

五月のかおり。。。薔薇のはじまり

あっという間に薔薇が咲き始めました。

暖かいと一斉に咲いたり、まだまだ蕾が多いのに先に何輪かは開花して。。。

今年はちょっと咲く順番や咲き方が違うような気がします。

やっぱり暖かいせいなのかしら~

マダムピエールオジェ

うすピンクの小さな薔薇。

Dscn7073

ミモザの木に誘引してあります。
Dscn7075

一枚の花びらだけがこちらを向いて。。。。

この一輪の薔薇の広報係かしら~

Dscn7062

そしてモッコウバラは終わりを迎えています。

今年の誘引はちょっとぐちゃぐちゃ。。。。
Dscn7050

白と黄色が混在しています。
Dscn7051

アーチもあるのですが、あまりにシュートが伸びすぎてアーチの存在がないも同然。
Dscn7052

それでも、、、

通り道なので何とか一人通れるくらいの空間はありますヨ。
Dscn7053

やっぱり。。。白が好きかな~
Dscn7055

郵便受け前の寄せ植えと、満開になった薔薇のオールドブラッシュ。
Dscn7045

オールドブラッシュ。
Dscn7064

寄せ植えは、

白のルピナス、プラチーナ、アリッサム、シルバーブルーのアークトチスグランディス。
Dscn7046

長旅の末、たどり着いたヘルモサはたくさんお花をつけてくれました。

挿し木なのに花がいっぱいでうれしい。

小さなかわいい薔薇です。

Dscn7066

薔薇、ガートルードジェキルと白のニゲラ。
Dscn7067

ルージュピエールドロンサール。

上へ上へと毎年伸びて剪定が大変です。
Dscn7071


Dscn7078

最初に数輪だけこうして咲き誇りる、ピエールドロンサール。down

まだまだ他のは緑の蕾がほとんど。

満開にはもう少しかかりそうです。

Dscn7042

クレマチス、ヘンダーソニー。

本当はもう少し紫がかっています。
Dscn7069_2

西洋オダマキ。ソフトな色と形。たぶんオリガミイエローだとおもうのですが。。。。
Dscn7081

西洋オダマキ、ウインキーダブルレッド。
Dscn7082

二度目の春を迎えたスカビオサ。

山で見るマツムシソウですね。
Dscn7047


Dscn7048

壁面に咲くつるゴールドバニー。
Dscn7077

ゴールドバニーと。。。。

何年も咲かなかったクレマチス、ドクターラッペル。

初めて買ったクレマチスです。もう。。。7,8年前に買った苗かなあ~

Dscn7076

今年。。。たくさん咲いてびっくり。
Dscn7013

トロリウス・チェダー

秋に苗から育ててきました、初めて咲いた花。

コロンとしたかわいい花。

花首が長くて、少し風が吹くとゆらゆら。葉も素敵です。

一気に大好きな花になりました。

Dscn7037

今年は一輪だけしか咲かなかったけど、来年はもう少し咲くといいな~
Dscn7038

もう一つあるトロリウス・チェダーは八重気味です。

花弁が少しシャープな感じもします。
Dscn7041



毎日、薔薇が少しずつ開花していて、アップもなかなか追いつかなくなりそうです~

我が家の五月のかおりは、薔薇の香り。。。

花をむしゃむしゃ食べるコガネムシやマメコガネと闘いながら、、、この香りに癒されています~

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

くらぶ❤さくらの坪山登山

2016年5月 3日 (火)

くらぶ❤さくらの坪山登山

4月23日

今回は5人の山旅です。

以前、陣馬山から堂所山へ縦走したメンバーです。

「くらぶさくら」は勝手に私がつけた仮のグループ名。

五人ということで桜の花びらにちなみ、くらぶさくらと呼びます。

リーダーのBさんは山のベテランさん。

他はみんな初心者です。

私も、、、もちろん万年初心者だから。。。

Bさんについて行くばかり。

心配されたお天気もまあまあ。。。。

八王子駅で5人がそろい、そして、上野原まで行きます。そこからは富士急山梨バスで約一時間。

さすがお花で有名なお山、バス停にはずら~っと並んでいました。臨時便が出てみんな席に座れるように配慮してくれます。

楽しくおしゃべりしながらあっという間に八ツ田のバス停に到着。

ひんやりとした空気の中、出発です。

今まさに春!!

という感じの里山。

桜や桃の花がまだまだ、咲いていて山の出発には最高の環境です。

私はちょっと膝の状態が。。。不安でしたが。。。

Dscn6911_2

里山の斜面にはニリンソウがゆらゆら。
Dscn6912_2

坪山へは西ルートを通って登っていきます。

川のせせらぎを越えて。。。。
Dscn6913_2

遠くのパステルカラーのお山を眺めながら。。。。
Dscn6915_2

Dscn6917_2

たくさんの登山者、細い一本道。

一列で歩いて行きます。

最初からこんな細い道。落ちないようにロープをもって。

Dscn6918_3




じめじめした樹林帯に、スギのような苔。

クジャクの羽みたい。。。ふわふわ。

Dscn6920_3

チゴユリ。
Dscn6924_2

一本橋を越えて。
Dscn6926_2

エイザンスミレかな?
Dscn6929_2

ヒトリシズカ。
Dscn6931_2

目的のヒカゲツツジはほとんど終わっていましたが、ところどころ。。。

咲いていました。

上品なクリームイエローのつつじ。

そして。。。ピンクのミツバツツジ。
Dscn6934

樹林帯の急登。

みんな頑張っています。

私が一番遅いかも。。。。

Dscn6937

一年ぶりのこのお花に出会えたよ。

Dscn6939

時々。。。木々の隙間から遠くの山々が。。。

Dscn6941

終ってしまったヒカゲツツジ。

山道に落ちて。
Dscn6943


Dscn6945

登るにしたがって、イワカガミも増えてきました。

濃い色があったり、薄い色があったり。

Dscn6951

ヒカゲツツジとイワカガミ。
Dscn6952

葉が手鏡のように楕円形で光沢があるので、、、イワカガミ。。。

そのとおりだな~

葉が丸くててりてりしてる。
Dscn6955

そして最後の急登を登りきると。。。。山頂。

先にいた方が「富士山が見えるよ~」

と教えてくださったので、見ると。。。。かすかに雪の富士山の山頂が。

やった。。。。

三度目にして初めて坪山から見る富士山、

でも、、、、

あと少しで。。。見えなくなる。。。そんな気配。

今だけ。。。かな。

写真に撮ってみたけれど、う~ん。。。。

見えないなあ~

写真をピカサで加工修正、鮮明化してみたら。。。。

何とか、、、わかるようになったケド。。。わかるでしょうか?

Dscn6957

頂上で新緑の若葉の木々を撮ってみたら。。。

何か飛んでるものが~

虫だろうけど。。。。なんだろな?

偶然の写りこみ。ハチ?かしら。。。。
Dscn6959

ミツバツツジが鮮やかです。
Dscn6960

お昼はみんなでわいわい。。。。

頂上は狭いので、ほとんど斜面にみんなで腰かけて、

おにぎり。おやつの交換。

そして、あったかいお味噌汁とホットコーヒー。

登った時は汗びっしょりで、温かいものいる?って感じだったけど。。。。

ランチしてる間に、汗もおさまって、温かいものがおいしく。。。

みんなで、登頂できたことを喜び合いました。

それにしても話が尽きない尽きない~

お友達と山へ行くとまた違った楽しみがありますね。

頂上で記念写真。1102m。

と。。。。ここでは真面目に。
Dscn6962

その後は,無事に登頂した喜びを体中で表現して~

って、みんなでジャンプしたんだけど、なかなかタイミングが合わず~
Dscn6967


Dscn6965

そして。。。下山です。

私にとっては恐怖の下山。ゆっくり。。。。

びりゅう館まで楽しく降りていきます。

まだまだ落葉した広葉樹の道。

遠くまで見えるので気持ちいい。

Dscn6972



ミツバツツジがあちこちで咲いて。。。。

その中を歩いて降りていきます。

Dscn6975

この雰囲気がいいな~down

樹林帯なのに、こんなに明るい。

少しだけ緑があるために、より明るく見えます。
Dscn6976

遠くに薄桃色の桜の木。

Dscn6977_2


Dscn6978
広葉樹林帯を抜けると。。。

針葉樹の林になります。

奇木の森を通り過ぎると、ゴールはもうすぐ。

イカリソウのピンクがお別れの花。

Dscn6993_2

わいわい。。。。話をしながら下山。

奇木の場所でみんなでちょっと遊んで。。。

びりゅう館までたどり着くことが出来ました。

バスに時間までしばらくあります。

そこでアイスを食べながらゆっくり休憩。

バスの案内をしてくださる富士急山梨急行の山の案内のおじさま。

この坪山のコースを見つけ、看板を作り、歩きやすい道を切り開いてくださった長田さん。そのほかにもたくさんのコースを作って色々と説明してくださいました。

バス乗車時も、、、

登山客がみんなバスで座れるように、臨時便の手配をしてくれたり、、、、

そして復路も、現地で人数を確認しながらバスの手配を。

親切で温かいおじさま。

お話も面白い。記念にこんなものまでいただいて。。。

Dscn7061

そして、きわめつけ。。。。

登山客の靴についた土を洗い流してあげてる姿が。。。。

Dscn6999

こんな方がいるので私たちは安全で楽しい山歩きができるんですね。

長田さんお疲れ様、ありがとうございます~

楽しい山歩きとともに、うれしい出会いがあった山歩きでした。

次回は六月にユーシン渓谷へハイキングの予定です。

5人にぎやかで、楽しい時間でした。

私の膝は。。。といえば、

快調に下山していて、痛みはないなあ~と思っていたら残り15分くらいで違和感。

ちょっとまずいなあ~なんて思いながら歩いているうちに。。。到着でした。

まだまだ、、、だめかな~

往復4時間くらいの山が今の私には限界なような気がします。

次はどこへ行くかなあ。。。。。。

| |

2016年5月 2日 (月)

津久井城山・春の装い

2016年5月 2日 (月)

津久井城山・春の装

4月15日。

塔ノ岳の長距離歩行の結果、ひざを痛めてしまって、

さあさあ、通院と休息の成果は。。。ということで、足慣らしに近くの津久井城山へ行って来ました。

ハイキングコースで時間もかからないので、ゆっくり家をでました。

県立津久井湖城山公園、パークセンターに車を止めました。

ぽかぽか陽気で、公園にはいろんな花が植栽されています。

そこから出発。

約30分ほどで頂上です。

今回は足のリハビリ。亀歩きの私がもっとのんびり。

タチツボスミレがいっぱいです。

うす紫色の春です。

Dscn6774

オカタツナミソウ
Dscn6775

新緑の道を。

日差しが暖かく。。。歩いていると、汗がじんわり。

男坂を通って、とりあえず山頂へ。のたりのたり。
Dscn6777

もうシャガも咲き始めていました。
Dscn6780

フデリンドウ
Dscn6787


あっという間に頂上。

375m。

Dscn6788_2

オカスミレ
Dscn6791

たった、375mですが。やはり城跡の小さな山は見晴らしはいい。

丹沢の山々。

詳しくないので、どれが何のお山かは。。。。?
Dscn6792

ヒトリシズカ
Dscn6794

あちこちで小さな花々。。。

決してたくさん咲いてるわけではないけれど、、、

春です!!と花々が山の春を知らせてくれています。
Dscn6795

若草色のもみじの赤ちゃん。
Dscn6797

ヒオドシチョウ
Dscn6799

あ~こんなところに、ジュウニヒトエが咲いてる。。。。

と思ってよく見たら。。。。なんか少し違う。

ツクバキンモンソウ。

という花でした。

Dscn6806

葉の模様に特徴が。。。紫色のラインが。。。

ちょっとおしゃれな葉です。

津久井城を守ってきた御神木、樹齢九百年を超える大杉。。。だったのですが、、、H25に落雷にあって消失してしまったそうです。

これはその痕です。

残念。
Dscn6811_2

ここから、ちょっとした鎖場を経て宝ヶ池へ。

クサイチゴの群落にひょろりんわらび?
Dscn6814

宝ヶ池です。

水が白く濁っているので、城兵が刀を研いだという言い伝えがあるそうです。

枯れることのない宝ヶ池。小さな池です。
Dscn6816

ミミガタテンナンショウ
Dscn6817

相模原の街並み
Dscn6818

センボンヤリ
Dscn6819

チゴユリは咲き始めたばかり。
Dscn6824_2

相模川からの河岸段丘を望みます。
Dscn5405

ここのチゴユリ。。咲いてる。

かわいらしくて大好きな花です。
Dscn6827

こうして下を向いて咲くから。。。。

写真に撮りにくいよ~

でも後ろ姿もかわいゆい。
Dscn6830

鷹射場から。

まだ咲き終えてない桜がみえた~
Dscn6832

ツクバキンモンソウはこの辺でたくさん咲いていました。

私にとって初めてお目にかかるお花です。
Dscn6833

少し戻ると、飯綱神社。

赤い鳥居。

そして散ったピンクの桜の花びら。

のんびり。。。。

手を合わせて。
Dscn6836

今度は女坂を下っていきます。

南側になるのかな?

日の当たるせいかしら。。。。

また違う小さなお花との出会いです。

ミヤマシキミの咲く道を。

足に気を付けながら下っていきます。

ミヤマシキミと花を眺める父ちゃん。
Dscn6837

ヤマブキの黄色い道だったり。
Dscn6843

ヤマルリソウの群生もあった。

めちゃめちゃかわいい。
Dscn5412

ブルーの色がさわやかです。
Dscn5413


Dscn5414

ピンクのヤマルリソウも。。。みつけ。
Dscn5416

すみれとヤマルリソウ一緒に。
Dscn5419

津久井湖が見えた。
Dscn5420

イカリソウもピンクで華やいで。
Dscn5424

ツルカノコソウは斜面に群生していました。
Dscn5430

春の装いの小さな山。

津久井城山でした。
Dscn5432


おかげさまで。。。。

病院の先生の教えてくださった歩き方に留意しながら、ゆっくり降りたので膝は大丈夫でした。

よかったなあ~

のんびり小さなお山歩きにしては。。。

いろんな花に出会えたお出かけでした。

次はもうちょっと、、、長距離のお山で。。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
いいね!|


 

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31