無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

紫陽花の景

2016年6月30日 (木)

紫陽花の景

そろそろ紫陽花も終わりです。

我が家の数種類の紫陽花も終わりを迎えています。

それまでに記録したあじさいと少しのお花とともにアップです。

heartマジカルシリーズ

一つ一つの花(がく)が、カップ型でこのまま形を変えずに咲いています。

色も。。。微妙に薄紫、薄青、、、うすピンクと変化します。

Dscn8297

一つの株なのに、、、まったく同じ色がなくて。。。。

カップ咲きなので見た感じが愛らしい。
Dscn8308

heartてまりてまり

青系の肥料を施したのですが、、、なかなか綺麗なブルーがでません。

写真はブルーな感じですが、実際は薄紫色です。
Dscn8307

こちらは何も肥料をやってない挿し木のてまりてまり。親木です。up

ピンク系ですね。
Dscn8407

heartピンクアナベル

昨年より花が小さく、花びらもちょっと少ないかな~

アナベルよりも一つの花の花びら(がく)が細長い感じがします。

うしろはてまりてまり。
Dscn8396

花は数あるけど、、、花びらが少なくてちょっとさみしい。

Dscn8398

heartガクアジサイ

もう何年も咲き続けています。

今年は。。。いろんな色で咲いてる。。。。
Dscn8298

heartユーミートゥギャザー

八重の大きさの不揃いな花が集まっています。

これも青くなる肥料を施したのですが、見事な紫になってしまった。

茎も葉も太く固い。
Dscn8302

heartアナベル

挿し木でもう何年か咲き続けています。

白いふわふわで、、、

茎も細く、重みや風でゆらゆら揺れるのが好きですね。

あまり大きくならないのが鉢植えの魅力。
Dscn8304

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

そのほかのお花。

薔薇も終わって。。。そろそろクレマチスも。。。。

今年は何種類かのクレマチスの元気がなくて残念な限り。

根詰まりか。。。。

肥料不足かなあ~

heart恋の雫

何処から見ても、咲き始めも咲き終わりも。。。かわいい~
Dscn8311

お腹が空いたよ~的な。。。。

Dscn8313

heartコンフェッティ

花が小さくて花びらもソフト。

垂れ下がる感じがいい。
Dscn8314

heartクイーンオブスウェーデン
Dscn8399

heartヘルモサ
Dscn8402

heartアストランチア、ローマ
Dscn8404

中心に少し紅がある感じがいいなあ~
Dscn8403

heartアークトチスグランティス

まだまだ咲き続けています。
Dscn8405

2016年6月25日 (土)

サンショウバラとウツギの不老山②

2016年6月25日 (土)

サンショウバラとウツギの不老山②

6月11日。

ちょっとトラブルな昼ご飯をすますと、不老山に向かって歩きます。

ウツギの花の木々の向こうに向かう不老山が見えます。

Dscn8236


Dscn8237

そして富士山の雲が少し切れてきました~

Dscn8240

お~

いい感じじゃない?

ウツギの白も喜んでるかんじ?
Dscn8244

目を少しそらすと愛鷹山塊。
Dscn8246

歩いてきた湯船山。向こうに富士山。稜線も何とか見えるようになりました。

左に愛鷹山塊。
Dscn5854

そんな絶景を見ながら稜線を歩きます。

ウツギの花が落下してる樹もあります。
Dscn8249

ん・・・・・

これはエゴノキ?花がぶらんぶらん~ぶらさがって~
Dscn8251

ノイバラも白い花をかわいく咲かせていました。
Dscn5859

稜線歩きが終ると、一転、樹林帯の中、頂上を目指します。

ここから、ちょっと勾配が急になりました。
Dscn8253

富士山を眺められる南峰は通り過ぎて~(後でゆっくり~)

汗かきかき。。。頂上に到着です。928m。

Dscn8274

何グループかが休憩をしていました。

そして。。。

サンショウバラが何とか待っていてくれました。

やっぱりほとんど終わっていたのですが、枝によっては咲いてるものが~
Dscn8256
こんなに一枝にたくさん咲く姿を見るのは初めてです~

薄ピンク色の薔薇がとてもきれい~

Dscn8257




蕾は濃いピンク。
Dscn8263

淡い青空に淡いピンク色~
Dscn5868

金色のしべもまた美しい。
Dscn8266

こうして全体を撮ると、よくわからないですが~
Dscn8273


近くで見ると。。。。

結構花つきがいいじゃないですか?


Dscn8275


Dscn8278

後ろ姿も。。。。
Dscn8279


Dscn8281

そこでしばらく休憩。

まったりぃ~~

。。。。。。。。。。。。

さて。。。下山です。

南峰によって、富士山眺めて。。。。
Dscn8282

金太郎さんにご挨拶して。。。。

不老山にサヨナラ~
Dscn8283_2
帰りは、足の負担の少ない林道歩き。

金時神社まで~

林道の反対側も、ウツギの白でいっぱいです。

Dscn8284

綺麗だな~

白っていいな~
Dscn8286

富士山もそろそろ。。。。

お別れです~
Dscn8288

いっぱい楽しませてもらったウツギともお別れですね。
Dscn8291

愛鷹山もサヨナラ~
Dscn8292

道端に生えたきのこにもお別れですね~

ばいばい!!
Dscn8295


そして。。。

金時神社に到着。

そこから駿河小山駅までの道。。。遠かったなあ~

お疲れ様でした~

2016年6月21日 (火)

サンショウバラとウツギの不老山①

2016年6月21日 (火)

サンショウバラとウツギの不老山①

6月11日。

もう遅いと思われるサンショウバラ。

まだ咲いてるかな~

と思いながら出かけてきました。

いろんなコースがあるようですが、今回は明神峠から、湯船山~白くらノ頭~サンショウバラの丘~世附峠~不老山~駿河小山駅のコースです。

まず、駿河小山駅からバスで明神峠に向かいます。

途中バスから富士山がくっきり。

いい日だね~

明神峠に到着しました。

道路沿いにホオの木がありました。

前回、金時山で見た時はつぼみだったのですが、今回は花が咲いていました。

上の方で咲いていたので、山の方にちょっと登って観察です。

Dscn8163

きれい~

少しピンクがかったベージュ色。

蓮の雰囲気を持った花がお椀型に咲いています。

葉も花を取り囲むように。。。。

緑の花咲くように。。。。
Dscn8165

山側に咲いていた。。。

この花は?down

白と紫が綺麗だったのですが~

いろいろ調べてもわかりません~

タツナミソウかとも思ったのですが~???
Dscn8168

道草はこのくらいにして~

登山道から山に向かって入っていきます。
Dscn8171

最初から急登でちょっと大丈夫かな~と思っていたら。。。。

すぐにサンショウバラの木がありました。

花は思った通りにほとんど終わっていましたが、まだ咲いているものもありました。

でも。。。。

咲いてるものはこんなにきれい~

Dscn8176

サンショウバラというだけあって、葉は山椒に似ています。

ここが普通の薔薇と全然違うところです~
Dscn5826

咲いている花にほれぼれして。。。

見ていると、、、かわいらしい鳥の鳴き声~

何の鳥かな~
Dscn8178

サンショウバラの木から、また少し歩くと鉄塔の下に出ます。

私の住んでいるあたりは鉄塔の下なんて入れないから不思議な感じ~

見上げてみると。。。

雲の巣みたいな。。。不思議な世界~
Dscn8182

と。。。。

その横にもサンショウバラの木。

こっちは花もまだまだ咲いています。

いいわあ~
Dscn8187
ちょっと薄暗い森の中にピンクの華やかな色。

薔薇って。。。本当に癒されます。

Dscn8185

咲く場所によってか、日の当たり具合によってか、、、

ピンクの色も濃淡があります。ピンクとしべのオレンジ色がきれい!

Dscn8189

ここからは。。。尾根歩き。
Dscn8191

樹林帯の中の尾根歩き。

ずっと木のトンネルが続きます。

ヤマツツジがところどころに咲いています。
Dscn8193

風が強い場所なのでしょうか。。。。

木が途中でボキッ(と鳴って折れたかどうかはわかりませんが~)

見事に折れてトンネル作っていました。
Dscn8195

湯船山に到着。1040.7m。

展望はありません。
Dscn8197

アップダウンを繰り返しながら。。。。

大きな木に見守られながら~

(何の木だか。。。まだまだ私にはわかりません~)
Dscn5838


Dscn8199

蛇の目傘みたいなきのこ
Dscn8201

白くらの頭到着。978m。

Dscn8202

それから。。。。

どんどん下ります。結構急登の下りに四苦八苦。

樹林帯を抜けると。。。

遠くに目標の不老山が見えてきました。
Dscn8203

金時山(先日、霧雨の中登ったお山)に大涌谷の煙も見えます。

Dscn8206


右手に箱根方面を眺めながら。。。なだらかな道を。。。。

この辺から白いウツギの花があちこちで見られるように~



Dscn8207

そして。。。

再度、サンショウバラの木もぽつぽつと。。。

残念ながらほとんど終わっていましたが、私たちを待ってる花もいるもんだあ~

なんてポジィティブに~

咲いている花は、それはそれは美しく。。。。笑顔、二人。
Dscn8209

ガマズミの花がふわふわに。
Dscn8211

ウツギのトンネルも華やか。
Dscn8214

ウツギって。。。桜や、シロヤシオのようにこの花だけで話題になることは少ないようですが。。。。

私は、ウツギだけでも見に来る価値。。。たっぷりあると思うな~

本当に。。。奇麗なんですよ~

写真にはそれがうまく表れないけれど。。。。
Dscn8215

こんな満開の花の下を通るって。。。

幸せな気持ちになるっていうものです~
Dscn8216

スイカズラの花も咲いていました。

Dscn8218

スイカズラはつる性で花は白から黄色に変化していく花です。

このスイカズラがウツギに絡まって咲いていました。
Dscn8220

まだまだ。。。

サンショウバラの木は続きます。

でも。。。。やっぱり終わっていました。

これは。。。。down

サンショウバラの実。いわば。。。。ローズヒップの赤ちゃん?

オナモミ(ひっつきむし)みたいだね。
Dscn8223

サンショウバラの丘に到着。

名の通り、、、サンショウバラの木がたくさん。でも。。。全部、終わっていました。

咲いているときはどんなんだろう。。。。

サンショウバラのトンネルを通るのはどんな気持ちになるんだろう。。。

そう思いながら歩くのも、、、そんなに悪くない~

ちょっとだけでも見ることが出来たから、、そこから想像するのも何か。。。楽しくなってきます。

次回はきっと!!なんてね。

Dscn8227

そのかわりに。。。。

残念な気持ちを打ち消してくれたのが、やっぱり。。。。

この真っ白なウツギ。
Dscn8224

後ろを振り返ると。。。。

今歩いてきた湯船山が見えます。(一番高い山)down
Dscn8225



そして。。。。

何とか見えた見えた~

まだ雪をちょっとだけ残した富士山。

Dscn8229


Dscn8230

白いウツギに白でちょっと化粧した富士山がよく似合います~
Dscn8231

この場所でお昼にしよう!!ということで。。。。

今回は。。。

お蕎麦。

流水のお蕎麦。水でほぐしてつゆに浸けるだけ。

暑くなって来たのでうどんはもういいや~ということで。。。。

父ちゃんのチョイス。

のはずでしたが。。。。

なんとなんと。。。。

私がコーヒーとお箸とコップの入った袋のセットを忘れてしまったのです~

お鍋を父ちゃんが持っていたので。。。。

ほぐすことはできたのですが~

手で食べるわけにもいかず。。。コップに入れて分けて食べることもできない~

あ~あ・・・・・

またやっちまった!!

以前はうどんスープを持ってくるはずが、コンソメスープを持ってきて、大ブーイング。

今回は。。。箸がなければ食べられない~

で。。。。

サバイバル!!

Dscn8234

ご覧の通り。。。。

そこらへんにある枯れ木を持ってきて。。。。

フォールディングナイフ。。。。(初めて役に立った)

で表面を削って。。。。

こんな可愛いお箸にしました。

ちょっと抵抗あったけど、背に腹は代えられない~暑い時期のお蕎麦~

おいしかったです~

父ちゃん曰く、

「これから割り箸とうどんつゆは常備してリュックに入れておくようにしないとなあ!!」

ということでした!

山に行ったら5回に1回は何かやらかす私。

おかげで楽しみにしていたコーヒータイムもできません。

あ~あ。。。。

な私の失敗でした。

次はどんな失敗をやらかすか。。。危険のない失敗でお願いしたいものですね。

サンショウバラとウツギの不老山②  に続く。

2016年6月17日 (金)

幻のユーシンブルー② ~澄み渡る川と小さな花々~

2016年6月17日 (金)

幻のユーシンブルー② ~澄み渡る川と小さな花々~

6月4日。

ユーシンブルーを目指して出発したくらぶ❤さくら。

1片道10キロは長いです。

でも。。。美しい川の流れ、道沿いの花、そして。。。おしゃべりしながら歩くと。。。あっという間?

ユーシンロッジまだあと少しの分岐に出ました。

お~

懐かしい名前がいっぱい。

塔ノ岳に檜洞丸。。。。(つい先日行ったね~)

そして今回のユーシン。。。。

今年は西丹沢堪能しまくりか~?

10キロ歩き続けたのでユーシンロッジでちょっと休憩しうようね。

Dscn8081

コアジサイはブルーな感じがいいなあ~茎もブルーだね。

ユーシンブルーにぴったりの花だ。

Dscn8070

初めて見た自生のバイカウツギ。

我が家にもあるけれど、こんな大木のは初めてだ!
Dscn8072

上品で。。。

純白で。。。。美しい~

ほれぼれ!!
Dscn8074

ユーシンロッジでトイレ休憩をして。。。。

ロッジを覗いてきました。

昔営業していたままで。。。今にも使えそうな雰囲気でした。

宿泊館では、大量の布団を干していました。

きっと。。。。

緊急時の避難所として使われるので、こうしていいお天気の時はお布団を干しているんだな~

ありがたいです~

お山での中間点としてはとてもいい場所です。

ただ、、、

私は、ここから塔ノ岳や檜洞丸には行ける自信は全くありませ~ん。

ロッジの周りでは多くの方がお昼をとっていました。

私たちは、、、やっぱ・・・・

自然の中がいいね~ということで川沿いでランチタイムです。
Dscn8076

唯一川を渡る橋、、、雨山橋が見えます。
Dscn8078

透き通る川の流れと鳥の声を聴きながらのランチは最高!!

思いのほかのんびり~

食後はコーヒータイムで~

デザート付き!!
Dscn8079


のんびりしたので、足も体力も復活~

残りの10キロは緩やかなくだり。

さ~

帰ります。

行には気付かなかったお花などなど。。。。

ハナイカダは花が終わり。。。実になっていました。

そのうち黒っぽくなっていくのでしょうね~

布に待針刺したみたいな~

Dscn8082

バイカウツギ。。。また見つけた~

きれいだな~
Dscn8086

ユーシンロッジから、トンネル二つ抜けたところに川へ降りる道がありました。

来るときにはアドベンチャーランの大会関係者が立っていて気付かなかったのです。

もちろん、下ります。

白い大きな岩~

そこに流れる川。

Dscn8087

向こうに滝があった~
Dscn8089

滝から蛇行するようにゆるやかに流れ落ちる。

Dscn8092

そしてここへ。

さわやかな川色。透明度抜群。
Dscn8093

滝のそばに一番に行ったFさん。

一番の若手。

滝があるのは反対側なので。。。

身軽でないと川の中へ~impactsweat01

でも。。。。

この軽やかさ!

ピースしながら跳ぶこの余裕!!

このあと。。。。無事に着地。

Dscn8096

再び、ナツノタムラソウ?

Dscn8099

川で、澄んだ流れと、滝を楽しんだら。。。

また道に戻って下ります。

Dscn8101_3




帰りにはまた違った景色に感じます。

この木は岩を捕まえて、生きてるんだあ~

マジックハンドの木みたい!!
Dscn8102

もうすでにアドベンチャーランの選手はいません。

行きは邪魔にならないように端っこを歩いていましたが。。。。

真ん中を堂々と歩けます。

ちょっとうれしい~

みんな開放的。
Dscn8104

イエティーか?

Dscn8105




ウツギ。
Dscn8106

ノイバラ。
Dscn8107

モミジイチゴ。

これがまた、、、、甘くておいしい。

採るときにちょっとぐにゃっとして、柔らかいのが。。。。甘いよ。

まんまるオレンジ色が並んで。。。。かわいいね。
Dscn8108

白がいっぱい~
Dscn8111

一番多かったのが。。このヒメウツギ?かな?
Dscn8114

そして。。。。

また玄倉ダムに戻ると。。。。。

なんと!

ダムの水が全然ない!

ユーシンブルーどころか。。。。水が。。。。ないのです。

そっか。。抜かれてしまったんだ。

早い時間でないと見られなかったのね。

水は少しだったけれど、見られてよかったなあ~とみんなで強運だと話をしていました。

それでも。。。

相変わらず。川の美しさはそのままで。。。クリアなグリーンが癒してくれました。

Dscn8115

来るときも撮った砂防ダムの下。

Dscn8119

約20キロの長旅。

結構疲れました~

(次の日は足の付け根が。。。痛かった!!)

玄倉のバス停に到着。

晩御飯はオールドヒッコリーで打ち上げをして帰宅しました。

さてさて、次はみんなでどこへ行こうかな~?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

幻のユーシンブルー① ~トンネル抜けて、錆浅葱色の流れを~

2016年6月13日 (月)

幻のユーシンブルー① ~トンネル抜けて、錆浅葱色の流れを~

6月4日、土曜日。

前回坪山へ行った5人組、くらぶ❤さくら。

今回は、ユーシンブルーが見たい~という希望が多かったので西丹沢のユーシン渓谷へ行くことになりました。

毎回、電車とバスを利用しているのですが、今回はFさんが車を出してくれるということで、玄倉の丹沢湖までドライブです。

空は晴天。

まだ梅雨も早いせいか、空気もカラッと。

高速から。。。奇麗な富士山も見えました。

今回は山ではないので、景色は期待していなかったのですが~

玄倉に到着した瞬間この景色。

Beautiful Skyに。。。。美麗的富士山!

Dscn8018

うぉ~

いい具合な残雪。

山と山の間から。。。。

Dscn8017

この日は、アドベンチャーランの大会が行われていて、玄倉ダムへの往復のコースで、たくさんの人が集まっていました。

本当は、車止めの前の駐車場があったのですが、行けないと勘違い。出発地はバス停からとなりました。

往復。。。20キロの道のりです。なっがいぞぉ~

川沿いに歩きます。

左に澄んだ川を眺めながら。。。。歩きます。

歩いている横を、ランナーさんたちがどんどん追い越していきます。

時々、

「がんばれ~」なんて声をかけながら。。。。

実は。。。。頑張らなければならないのは私たち。

長い道のりはなれていないので、、、きっと帰りはへろへろに。。。

そんな予感!!

だいたいおしゃべりが多い~

山と違ってなだらかな傾斜。息もそれほどはずまないので、会話がはずみます。

初めてのユーシンブルーは。。。。

この色。

ブルーというよりは。。。透明なグリーン。。。

エメラルドグリーン。。。。

もう。。。

この時点で。。。。きれいだね~

透明度半端ない!

砂防ダムの下です。
Dscn8020

その砂防ダムの上流。

流れは穏やかです。

河原は広くて。。。。

そこにはウツギの木がたくさん。

道沿いにもウツギの花が満開。

Dscn8022

空は。。。。

真っ直ぐな雲。

あいだに見える山はなんという山なんだろう~
Dscn8023

歩いていると、何年か前には車が走っていたとは思えないくらいに花がいっぱいです。

今はウツギですが、この先もいろんな花が咲くようですよ。

ウワミズザクラ。

コップ洗いみたいな白い大きな花。

Dscn8024




ここからは車はNG。

(ただ、工事関係とか、今回のアドベンチャーランの関係者の車はOKみたいです)
Dscn8025

昔は車で行けた道。

だから道幅も広く、歩きやすいです。

ただ、、、崖崩れや、岩が落ちてガードレールが破損してるところがあったりで、ちょっと怖い。

トンネルは全部で8個。

ちょっとどきどき。

ライトは必需品だって!

おっ。。。まず一つのトンネルは檻のようなトンネルかあ~

なんて思ってたら、これは8つの中に入ってないんだって。

みんなで顔をだして。。。。

4人だから。。。

キャンディーズじゃないな~

ゴールデンハーフ?

ってちょっと古すぎ。。。。。。
Dscn8027

カーブミラーだからこそみんな揃って記念写真。

くらぶ・さくら。。。五枚の花びら~

女版SMAPか!?
Dscn8028

くらぶ・さくらだけど・・・・

周りの道や河原にはウツギがいっぱいです。

ふわっふわっ。

Dscn8031







最初のトンネル。
Dscn8033

まだまだ平気。

出口が見えるもんね~

な~んだ。。。。ヘッドライトなんていらないじゃん!

Dscn8034

トンネルを抜けると。。。。

熟成された緑が美しい木々と。。。。それにも負けないグリーンな流れ。

わお~

「きれい」の声が飛び交います。
Dscn8035

トリアシショウマ?
Dscn8038

そして。。。第二のトンネルは。。。。

で、出口が見えない!!

トンネルの中でカーブしてるので出口が見えないのです。

ここで。。。ヘッドライト登場。

あかりがないと前へ進めない。。。。。
Dscn8040

のはずだったのですが~

アドベンチャーランのイベントがあるためにトンネルの中、道のサイドに赤いランプが点々と。。。。

これじゃ~ちと。。。つまんない~
Dscn8044

トンネルから出た途端~

この景色。

なんだか水は少ないけれど。。。。

その水の流れはエメラルドカラーの輝きが~
Dscn8048

そして。。。道の斜面にはノイバラとタニウツギと?ウツギのそろい踏み。

Dscn8049

三つ目のトンネルを抜けると。。。。
Dscn8050

そこにあったのは。。。。。。

澄んだ水は、こんなにもきれいな色を発色するのかしらと思えるくらいの水の流れと。。。。

Dscn8052

ユーシンブルーではないかな~?

どちらかというとユーシングリーン?

それでも、、、深さや、石や岩の色。。。

光の当たり具合。

流れの速さなどによって微妙に色が違ってて。
Dscn8053

細かい流れの波が太陽と相まってキラキラしてるように見えます。

本当にエメラルドの流れ~

日本式に表現すると錆浅葱色(さびあさぎいろ)~薄浅葱色(うすあさぎいろ)

Dscn8054

水の量は、、、少ないみたい。

後で聞いたのですが、工事のために水を流していて、今年は水がないとのこと。

いつもだったらもっと水が多くて、幻の色のユーシンブルーが見えたかもしれません。

それでも、、、、この美しさにみんな満足。

来てよかったね~
Dscn8056

同じ緑でも、、、こんなにいろんな緑がある。

同じ川なのに、日向と日陰でもこれほど違うんだものね。
Dscn8057

川底の砂の色さえ見えてきそうな透明度。
Dscn8059

樹木の影が川に映って川に表情が見られます。
Dscn8060

うんうん。。。。

これだけでも、、、見られてよかった~

そしてまた。。。トンネルを抜けます。

最終目的はユーシンロッジ。

こんなワイルドな感じのトンネルがいいな。
Dscn8062

シルエットの二人に、、、トレランの選手二人。
Dscn8063

名もない滝は。。。

まわりにウツギが咲き乱れ季節感を出しています。

Dscn8064

あまりに気持ちよさそうなので、滝の水触ってみよっと。

「う~ん。。。。気持ちいい!!」

な~んて!!

Dscn8065

ナツノタムラソウ?
Dscn8067

マルバウツギで花道を作ってくれています。

Dscn8068

出口の形がいかにも。。。。手掘りって感じが。。。

そして出口は木々の緑ってのが。。。なかなかいい雰囲気です。
Dscn8069

このトンネルを抜けると。。。。

雨山橋。

川を越えるとじきにユーシンロッジです。さあさ。。。。

何処でランチしよっかな~?

幻のユーシンブルー② ~澄み渡る川と小さな花々~  に続く。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

梅雨の合間の庭の花と森の中

2016年6月10日 (金)

梅雨の合間の庭の花と森の中

すでに薔薇は終わりを迎え、二番花が咲くのはいつかな~

と、、、

ほのかな期待を持っているところです。

今咲いている、数少ない我が家の花々。

雨が多い、この時期ですが、合間の晴れた日に撮った写真。

少しですがご紹介します。

スカビオサ。

白いスプレーシュガー。.。を乗せたような。。。。

Dscn7986_4



香りのするミニバラ。スイート・チャリオット。
Dscn7998

まだまだ咲き続けるフランネンルフラワー。


Dscn7999

後半に咲き始めたバロン・ジロー・ド・ラン

ポイントの白いラインが心なしか、なくなってきたような気がします。
Dscn8004

クレマチス、プレンセス・ダイアナ

よく咲いてくれました。そろそろ終わりかな~?
Dscn8005

紫のスイトピー
Dscn8009

リシマキア ミッドナイトサン

薔薇庭からやってきました。
Dscn8016

挿し木で頂いた山アジサイの舞子です。

昨年までほとんど花がなかったけれど、今年はたくさん花をつけてくれました。
Dscn7991

山アジサイは小ぶりで、茎も細くゆらゆら揺れるのでかわいらしいです。
Dscn7993



紫陽花、ユーミーツギャザー

一つが薔薇みたいな咲き方をしています。
Dscn7996


Dscn7995

山アジサイ、笹の舞。

とうとう、、、白いまま終わってしまった。

買った時のマリンブルーは。。。どこ行っちゃったかな~
Dscn8013

山アジサイ。。。。伊予獅子てまり。

名のごとく、てまりのように丸く咲きます。

昨年までこれも咲かなかったけれど、今年、少しだけ咲きました。

ピンクがいいんだけどな~

うす紫色です。
Dscn8011

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

午後から通勤の森です。

もう緑が深くなり、昼間でもちょっと薄暗い感じがします。
Dscn8146

白い花はどくだみの花。

今年も一面に咲きました。
Dscn8138

咲き続けると中心が長くなってくるんだね。

三人兄弟。真ん中が長男かな?
Dscn8139

あっちもこっちも。。。

どくだみの花だらけ~
Dscn8141

こっちの白いのは。。。白いツユクサ。

トキワツユクサ。

昭和初期に南アメリカから観賞用として持ち込まれたのですが、今は野生化してるそうです。
Dscn8145

ホタルブクロ。

庭で育ててる方も多いですね。

森には自生するホタルブクロがあります。
Dscn8124

ちょっと中を失礼~

さすがキキョウ科だけあって。。。。

正面から見ると桔梗だな~

Dscn8128

この葉はなんだろう?

先っぽが白くて、、、黄緑、、、そして緑と変化していく色合い。
Dscn8149



マユミの実もあります。

金平糖みたいで愛らしいね。
Dscn8157

この時期よく見かける。。。泡になったかたまり~

昔から気になっていたけれどやっと。。。。判明。

アワフキムシの幼虫のすみか。
Dscn8151

森の中にある遊歩道沿いには紫陽花が植えてあります。

咲き始めたばかりで、初々しい。
Dscn8129



薄緑がかった白から、、、、

少しずつブルーに変化していく。。。そんな過程を見るのが楽しい。
Dscn8134


Dscn8132

小さなものや大きなもの。。。

人と同じで個性や成長に差がありますね。

みんな一緒にがんばれ~

Dscn8133


Dscn8152



これから。。。。

紫陽花も成長して。。。充実期?に入りますね。

そうするともっと雨も多くなるかな~?

短い梅雨。憂鬱な所もあるけれど、それなりに楽しみましょ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

霧雨浴びながら金時山 ~生き生きする花の数々~

2016年6月 7日 (火)

霧雨浴びながら金時山 ~生き生きする花の数々~

5月29日、30日。

長女の箱根の保養所へ一泊で出かけました。

夕方から出発したので、29日の日曜日はどこへも行かず宿泊のみ。

おいしい夕食を頂いて、宿でのんびり~

しかし、翌日は雨の予報。どう考えても出かけられる状態ではありません。

それでも。。。。

少雨ならと、、、朝から迷った末。。。金時山へ出かけることに。

晴天ならばハコネサンショウバラの不老山へ行く予定でしたが。。。

不老山は片道3時間ほどかかります。

金時山なら一番短い時間(一時間半)で行ける足柄峠の竹之下稲子場から。。。。

駐車場にはうつぎが満開でした。

雨に当たって、ちょっと重そうでしたが。。。。

ニシキウツギ。(ハコネウツギかも?)

濃い赤い色と白っぽい色が同居しています。

Dscn7875

ブーケみたいで、、、きれいですよね。
Dscn7972

こちらはヤブウツギ。

濃い赤ばかりの花です。
Dscn7971

しべが白っぽいのでそれがポイントになります。
Dscn7970

コゴメウツギ。

名前の通り、小さな花がいっぱいです。
Dscn7876

私は簡易かっぱ、長女は傘をさして歩き始めます。

金時山まで1.8キロ。

時間にして一時間半。

雨の中なので、出来るだけ短い時間で~

Dscn7964_3



道は。。。

車が通れるほどの幅があるので歩きやすいです。

でも、、、霧雨のせいであたりは薄暗くて、、、ちょっとさみしい感じです。


Dscn7880

頂上以外に唯一富士山が見える猪鼻砦跡に到着。

見えるはずがありませんが。。。。

いろんな花が咲いていました。

Dscn7936

シモツケの芽生え。ピンクのつぶつぶは花芽?透明のつぶつぶは。。。雨芽!

な~んてね。
Dscn7882

白いアヤメと紫のアヤメ。

Dscn7884

紫はよく見るけれど、白はなかなか見ないな~
Dscn7886

そして。。。。

会いたかった。。。。

ハコネサンショウバラ。

長女が見つけました。

「おかんこれなに?」

「きゃ~

サンショウバラやん。。。これ見に行きたかったやつよ~

ここで見られたのは、、、うれしいなあ~」

「ふーん。。。。でも。。。違うよ。札があって、、、ウバラって書いてあるよ~」

よくよく見たら。。。。

札が半分折れていて、、、サンショウバラのサンショが消えていたのです。

雨に濡れて、かわいそうな姿だけど、、、

やっぱり薔薇。すごく素敵です。

こんな感じで、痛んでる花があと、、、3,4、輪咲いていました。

Dscn7885

これは。。。。???です。
Dscn7888

ハンショウヅル。

クレマチスを育ててるものとしては、身近で、愛着があります。
Dscn7892

鳥居をくぐると、これから干支の名がついた鉄階段が12あります。

ヤマツツジは、、、もうおしまいかな。

ここから長女は雨も小雨になったので、傘を閉じます。
Dscn7894

道は鳥居をくぐってからは細く急な道。

一つずつ、、階段を上り。。。
Dscn7898

もうそろそろおしまい。。。

タニウツギ?
Dscn7902

そして。。。。小雨の中。。。

頂上へ。

一時間半。到着です。

ここでも。。。シモツケが雫と一緒にひっそり咲いていました。

Dscn7903

ドウダンツツジ?かなあ~。。。。。?
Dscn7904

もちろん、、、景色はありません。

富士山は~どこいった~~~あ~

なんて。。。わかってたことだからそんなに落ち込んではいません。

寒かったので、金時茶屋でゆっくり休憩。

金時娘さんとおしゃべり。

誰も登ってくる人がいなかったので。。。。

こんなにゆっくりお話ししたのは初めてです。

Dscn7906

歩いていて、、、

出会った人は3人のみです。

でも。。。こんな雨の日でも、平日でも、あけてくれてるお茶屋さんはありがたいです。

昼間でも、お天気が悪いので、即下山です。暗くならないうちに。

雨なので滑らないように、、、ちょっと神経を使いますが~

ツクバネウツギ?
Dscn7907

下山はかっぱを長女が着ました。

私は頭にタオルで済ませて。。。。

この霧の中、白い姿はちょっと不気味。
Dscn7908

カラマツソウ
Dscn7911

ガマズミ。

小花の花びら?が丸みを帯びて、そしてしべが長くてきらめいてるみたい。

大きな葉の葉脈ラインも美しいね。
Dscn7920

階段近くに咲くヤマツツジ。

シロヤシオやトウゴクミツバツツジをたくさん見て来たので、

濃いオレンジのヤマツツジはちょっと目新しく感じます。
Dscn7921

あと少し。。。

Dscn7922

階段と細い道が終ると、、、

ちょっとホッとします。

そして。。。行くときには見ていなかった花も、気持ちの余裕から見えてきます。

フタリシズカとギボウシの葉が雨に打たれて美しく。。。。
Dscn7927

ハンショウヅルも。。。捜せばあちこちに咲いていました。

これは。。。

開花してるね。

色も二色で熟女さん?

雨がしたたり落ちています。
Dscn7930

相変わらず。。。霧雨でぼやけた道。
Dscn7931

躑躅の仲間。。。?

可愛いよね。小さなベル型がたくさん集まって~

上を見上げて。
Dscn7934

ウマノアシガタ。
Dscn7941

もう一度。。。。

シモツケ。

奇麗だな~
Dscn7942

葉の周りの雫ひとつひとつに映ってる。。。。
Dscn7944

何の実かな~?down(キブシの実?教えて頂きました)

わ~やっぱり。。。白いユーレイが。。。。

怖すぎ!!
Dscn7945

ヤマボウシが。。。いっぱい!!

空を流れる天の川みたいだ~
Dscn7950

うん。。。

これは。。。月曜サスペンス劇場か。。。

世にも奇妙な物語か。。。。

Dscn7953

でた~

ついに。。。。ユーレイの本物。

なんちゃって、

長女が静かな下山の中。。。

「きゃ~

なにこれ~!!キモイ!!か~ちゃん。。。これこれ!!見て~」

と。。。驚きの声。

よく色んな物を見つける長女です。

Dscn7954

この時期、、、必ずどこかで出会う~

ギンリョウソウに。。。再び出会いました。

出たばかりでしょうか。。。透き通る白がとてもきれい。

そしてブルーアイ。

雨がよく似合います。

娘は「気持ち悪い」を連発していましたが。。。

見たことのない姿にちょっと刺激を受けていました。

私は大好きです。
Dscn7959

お行儀よく並んだ、ヤマボウシ。
Dscn7961

駐車場の近く、、ちょっと下に咲いていたヤブデマリの木。
Dscn7967

朴(ホオ)の木もあったよ。大きな蕾。

花が見たかったな~
Dscn7974

朴の木の葉はめちゃめちゃ大きい。

見上げると、、、、

何の葉かわからないけれど、、、二種類を比べたら、その大きさがわかります。
Dscn7976_2

ノイバラも始まったばかりかな?

蕾がほんのりピンクでかわいらしいね。
Dscn7981

ノイバラは小さい薔薇だけど、かわいいのに強健な感じが好き。

ただ。。。。

塔ノ岳では随分傷つけられたけどネ。
Dscn7982

金時山の道のりは、、、

派手ではないけれど、いろんなお花で楽しめた道でした。

この時期は白い花の木が。。。多いね。

でも、、、なかなか似たものが多くて名前がわかりません。

間違っているもの、わかるものがあれば、ご指摘ください~

普段では見られない、雨の中の花達。

ちょっとつらそうな花もありましたが、生き生きしてるようで。。。

また違った花の様子が見られてよかったです~

帰りに小田原のかまぼこの鈴廣によって。。。

いっぱいししょくをして。。。。。。

父ちゃんのお土産に蒲鉾買って。。。。カフェでケーキセットを頂いて帰りました。
Dscn7984

| | コメント (14) | トラッ

2016年6月 5日 (日)

丹沢縦走もどき④  丹沢山から大倉へ・下山はお花の宝探し

2016年6月 5日 (日)

丹沢縦走もどき④  丹沢山から大倉へ・下山はお花の宝探し

5月23日。

前日、蛭ヶ岳山荘に宿泊。

山頂からの朝日を体験したあと、気持ち良い朝の光を浴びて歩きはじめました。

ほどなく丹沢山に到着。(丹沢縦走もどき③に詳細)

そこからは塔ノ岳に向かって進みます。

30分ほど下ると竜ヶ馬場に到着です。

見晴らしがよく2,3個ベンチがあります。

Dscn7783_2

そこには馬酔木でしょうか。。。新芽が赤く染まった木がたくさんです。

遠くから見ると紅葉したのか?赤い花が咲く木か?って感じで、、、

奇麗です。

Dscn5788


そこからは、、、前日と同じようにトウゴクミツバツツジとシロヤシオの競演が始まります。

前日同じ景色を見ていても。。。新鮮に感じるのは、光線の違い、方向の違い、空気の違い。。。。などでしょうか。。。。。

それと。。。。

この景色は早くても来年までは見ることが出来ない。。。

と、そんな気持ちからかもしれませんね。



Dscn7787

歩く方向前方。

山の斜面に白とピンクの躑躅。

Dscn7789

そんな中、長々と続く木道を歩き続けます。
Dscn7790


Dscn7791

木道の横にはツルシロカネソウの群落。
Dscn7792

ぱちぱち

火花をは散らして~

ユキザサ。。。。見つけた。

今回初めてのご対面です。
Dscn7793

前方の山の頂上に塔ノ岳の尊仏山荘が見えます。down

Dscn7796

遠く見えるトウゴクミツバツツジも。。。木道際に咲くトウゴクミツバツツジも。。。

どっちもいいね。
Dscn7797

赤。白。かわりばんこ~

ウォーリーをさがせ!のTシャツか!!
Dscn7800

ここはシロヤシオが。。。多いね。

日の丸弁当か!!
Dscn7801


Dscn5797

写真ではわかりにくいですが。。。

終焉に近づいたシロヤシオは。。。

地面に花柄がたくさん落ちています。

それがまた美しい。
Dscn7804

地面の花はほかにも。。。

ユキザサのぱちぱちとはまたちょっと雰囲気の違うマイズルソウ。
Dscn7805

小さな花が。。。。

いろいろ見つかって。。。

楽しくなります。

春は白い花が多いかな?

白花のあこがれの存在。別名、ゴヨウツツジ。愛子さまのおしるし。

納得ですね。
Dscn7807

ここを抜けて塔ノ岳の向こうはシロヤシオの姿はありません。

もうすぐ見納めです。
Dscn7808

名残惜しいな!
Dscn5799


Dscn5800

塔ノ岳への道のり。。。。

見上げても、下を見ても。。。花がいっぱいでまるで宝探しのような。。。そんな感覚です。
Dscn7810

青空のシロヤシオを最後に。。。。
Dscn5807

塔ノ岳へ到着です。

う~ん。。。。たっぷりと花を見たり、写真に撮ったりしていたので、かなりの時間がかかっています。
Dscn5808_2

朝食が五時前だったので、早いけれど、ここで昼食です。

一泊だったので生ものは避け、カップラーメン。
Dscn7812

さ~

ここからは大倉尾根の下り。

長いくだりに持病の膝痛が悪化しないように。。。

少し歩き方を自分なりに考えながら。。。。

もちろん。。。。

ゆっくりゆっくり。。。

花があれば、、、カメラを向けて。

登りは息、切れ切れで余裕がなかったけど、下りは息苦しいということはありません。

足元だけ気を付けて。。。。

そのせいか、咲く花もよく見えてきますね。

白いすみれは?
Dscn7814

小さな小さなすみれは。。。ニョイスミレかしら。。。?
Dscn7816

シロヤシオはもう見られないけれど、トウゴクミツバツツジはたくさん咲いています。

Dscn7818


Dscn7819

金冷し。

鍋割山への分岐ですね。もつかどうかわからないので、今回はパス。
Dscn7821

これも。。。。

うつぎかしら?

地面すれすれに咲いてるんだけど、、、、

Dscn7825

本当は眺めのいいはずの岩に登って、、、見晴らし?どう?

やっぱ。。。。ガスってだめだね。
Dscn7831

ここまで。。。

何とか無事戻ってきました。

なんと。。。。ひざは全然大丈夫。

でも、まだまだあるので油断はできません。

行きに見つけたあの鮮明な紫色の小さな花。

ヒメハギ。

意外とあちこちで見られました。

Dscn7834

なんだか。。。蘭の花にも似ているよね~
Dscn5814

順調に歩いてきていましたが、次第に足も疲れて。。。

特に膝は大丈夫だったのですが、足先が窮屈でジンジン痛くなってきました。

そこで。堀山の家でいったん休憩。靴を脱いで冷やします。

水に浸したペーパータオルがめっちゃきもちいい~

履いていた厚めの靴下を薄いのに履き替えて。。。

そうしてまた歩き続けました。

今度は。。。大丈夫。痛みもなくなりなんとか落ち着きました。。。。

Dscn5817_2

それからひたすら歩き続け。。。。

ちょっと目に新鮮なヤマツツジの下を通って、約一時間半。
Dscn7835


Dscn5616

次第に階段も少なくなり、林道の中、土道が多くなると。。。

登るときには気付かなかった。。。。

花も見つけることが出来ました。

ササバギンラン。

笹のように葉が長くて。。。。

そこがギンランとは違うのかな?

Dscn7840

こっちはキンラン。
Dscn7842

ギンラン、かな~?

花がいっぱいついてる。
Dscn7844

登るときにも見た!!

コゴメウツギ。

ここまで来ればもう本当にあとちょっとだ!!
Dscn7845

マルバウツギ。。。かな?

Dscn7846


そして。。。。。。

大倉に到着。

ホッと一息。

まだ明るいうちに下山できてよかった。

今回こんなに歩いたのに膝も痛くならず。。。。びっくり!!

あふれるほどの感動をもらって、行ってよかったなあ~と思った一泊二日の丹沢縦走もどき!でした。

丹沢山系。。。また来たくなるお山となりました。

二日がかりで大変だったから、また行くのは気持ちに覚悟がいるけれど。。。。

それにしても。。。飲み物だけ持って軽装でトレランしてる方の多いこと。

すごいな~かっこいいな~

大荷物を背負いひーひー言ってる私とは大違い。

人間でもいろいろだ~

note自分で取得した下山の歩き方

アシモ君歩き!下山の時に膝はつま先からリズミカルに使うって。。。。

週1~2回通ってる接骨院での治療と、先生のアドバイスのおかげかも。

でもまだ、、油断禁物。

膝をケアしながら。。。。また進んで行きたいですネ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

一つ心残りが。。。。。

帰り。。。。

お日さまの光を浴び。。。。暑くて暑くて、、、水分もこまめに取りました。

こんな時に、、、かき氷!!食べたいよね~

花立山荘で、、、、また食べよう!!

何て話してるうちに、、、

心はもう食べることに決まっていました。

氷。。。いちごかな~レモンかな~みぞれ??なんて考えると元気も出てきます。

そして。。。小屋が見えてきて。。。

あれれ・・・・

氷の旗出てない!!もしかして閉まってる?!

そう。。。。

営業は土、日だけのようで、月曜日は閉まっていたのです。かき氷。。。食べたかったな~

そういえば。。。。

降りてきて、途中の小屋は全部営業してなかったのでした。残念!!!

そうそう。。。。花立山荘の登山バッチ。。かき氷の登山バッチなんですよ~

おしまい。

2016年6月 2日 (木)

丹沢縦走もどき③  蛭ヶ岳から丹沢山・靄(もや)にくすぶる朝陽

2016年6月 2日 (木)

丹沢縦走もどき③  蛭ヶ岳から丹沢山・靄(もや)にくすぶる朝陽

5月23日

日の出時間は4時半です。

4時に起床。

土曜日は90人ほど泊まっていたそうですが、この日は20人ほど。

ゆっくりゆったり。。。。爆睡でした。

暗い中ヘッドライトをつけて、寒さをしのぐためにウルトラライトダウン、それに冬用の上着と。。。。

やっぱり高い場所だし、日の出前なので寒いです。

前日、下界はガスがかかって、もやっていました。

残念ながら、思った通り。。。

もやもや~っと。。。。ガスがかかり、美しいきっら~んとしたあの太陽の光。。。。

見えそうにないなあ~

日の出時間になってもなかなか現れてくれません。

でもあたりは。。。。どんどん明るくなっていきます。

こりゃ~日が出たときは、もうキラキラして直視できない状態になるんじゃないかな~

そう思いながら待っていると。。。。

現れました。

まるで月のような。。。まん丸な。。。。光を出さない太陽が。

そう。。。。もやっているので、、、光を発しないように見えるだけです。

それでも、、、月とは違います。

見えないようであたりを照らしているのです。

宮が瀬ダムが。。。。

光に照らされて浮き出ているようです。

Dscn7721_2

グラデーションの太陽に、グラデーションの空。。。。

Dscn7722

ガスの薄い空は明るく広がり。。。。

ガスの濃いところはまだ。。。暗闇。
Dscn5753

カメラのモードを変えて写してみました。

空が。。。ピンク色に見えます。

宮が瀬ダムの形が。。。。

学生帽をかぶった少年が左を向いて立ってるように見えませんか?

上半身の姿で。
Dscn7731

Dscn5730

違う場所からのかなり高くなった朝日です。
Dscn7732

朝の太陽とは思えない。。。。

まん丸の形がくっきりです。
Dscn7736

手前のとがった三角お山は連なる丹沢三峰です。

(太礼ノ頭、円山木ノ頭、本間ノ頭)
Dscn7738

今までにない、靄の中の日の出を見て。。。。

私の中で、山での朝日の美しい景色。。。引き出しがまた一つ増えた気がしました。

ダメもとで富士山側へ移動。

この感じでは富士山は無理だよな~

そう思って行ってみました。

やっぱり。。。。。ダメか。。。。。

ん。。。ん。。。。?見える見える。

かすかに雪の富士山。

そして消えゆく月の形。

肉眼でちゃんと見えたのです。

他の登山客の方は。。。ほとんどいなくて。。。。

きっと見えてた人は。。数少ないんだろうな~って。

ちょっと得した気分。

(写真はピカサで鮮明化しています)

ありがとう!!

Dscn7735

木に刺さった。。。月。

父ちゃん作。

Dscn5740




山荘で、あるご婦人が、「大倉尾根は下山の時必ずみんな膝やられるんだよね」

と。。。

大変そうにおっしゃられていました。

そっか。。。。

やっぱ。。。問題は下山なんだな~

そんな不安を父ちゃんに漏らすと。。。。

「大丈夫、みんな下山で膝やられるなら、母ちゃんは膝が治るんじゃない?」

と。。。。

なんて楽天的な~coldsweats01

ぐちぐち言っても仕方ない。。歩くしかないんだな~

それにしても、蛭ヶ岳山荘には西丹沢自然教室から檜洞丸。。。。そして丹沢山~塔ノ岳~大倉の丹沢山稜縦走の方の多いこと。

皆さん。。。すごいな~私はとても無理。

ここまで来て帰るだけで精一杯です。

私のは、縦走ではなくて。。。。縦走もどき。

ま~それが私にあってるんじゃない~決して無理はしないわ!

名残惜しい、、目の前に見える檜洞丸をあとに。。。。

今日は前回行って、バッチ買えなかった青ヶ岳山荘も肉眼で見えたよ。

前回あそこから、この蛭ヶ岳を眺めて。。。。今ここにいるのが不思議な感じがしました。

さ~出発だ!!

あとは帰るだけ!

少しだけ富士山見えてて。。。。

ばいばい!
Dscn5770

バイケイソウの中の小道。。。下っていきます。

Dscn5771



Dscn7743

来るときには全く見えなかった富士山が。。。。かすかだけど。。。eye

歩きながらずっと一緒にいられるようで。。。

うれしい気分。
Dscn7744

あっという間に、山荘があんなに小さくなった。
Dscn5774

来るときも素敵だと思ったけど、同じものを見て同じく。。。また。。。素敵だな~と思ってしまう。

シロヤシオのてまり。
Dscn7746

そして。。。。

行きに感動したこの実?

やっぱり。。。。。美しくて同じ写真を撮る。

行くときには気付かなかったけど。。。これ。。。

実じゃない!花!一つだけつぼ型に開花してる。

めちゃかわいい!!

Dscn7747_2





と。。。

気になって仕方なかったこの花は。。。。帰って調べました。

それがまたびっくり!!

たぶん。。。。。名前はムラサキツリガネツツジ。

箱根や丹沢にしか咲かない希少植物なんですって。

あまりに美しいので乱獲されて、数が減っているらしいのです。

そして絶滅危惧種Ⅱ類に登録されているそうです。

このような綺麗な姿。。。

いつここへ来ても見られるように。。。。

心から願っています。





Dscn7749

鬼ヶ岩までやってきました。

行くときは逆光で。。。もやーっとしていましたが。。。

この日は順光で道もはっきり見えます。

蛭ヶ岳山荘。。。あんなに小さくなっちゃった。
Dscn7750

ズームで山荘を。。。ア~ップ。
Dscn5778

ここから見る富士山は絶景なんですって~

この日はギリギリ見える感じだけど。。。。。

Dscn7753

青空のシロヤシオ。
Dscn7754

シロヤシオ越しの蛭ヶ岳。
Dscn7756


Dscn5780

Dscn5781




約半分。。。。

棚沢ノ頭に到着。
Dscn7760

もみじの花。。。こんな花もあるんだね~
Dscn7761

こんなたくさん重なり合う山、山、山々。。。。。

初めて見た気がします。
Dscn7764

水場がありました。

登山道から3分ほど下がったところ。

悩みます。

下がったら、、登らなきゃ~

でも。。。。水は余分に購入してないし。。。

まだ、、、、2リットルほどありましたが。。。。

冷たい水は。。魅力です。迷った末。。。行くことに。

山荘で水を買うと。。。500ml、500円。。。。2リットルは1200円します。

どひゃ~

仕方ないね。。。。

そして湧水のある水場へ降りていきました。

冷たくて。。。。おいしい!!

Dscn7765

冷たい水で勇気百倍!!いくぞぉ~
Dscn7767

笹の陰にマイズルソウ。
Dscn7769

ユーシン方面をシオヤシオ越しに。
Dscn7772

丹沢山に到着。

まだまだ元気です。

丹沢山には。。。誰もいません。
Dscn7777

少々休憩してから。。。。

塔ノ岳へ向かいます。

膝は。。。。まだまだ大丈夫。

ブナ?の木。。。新緑がやさしく。。。まだまだ薄い葉!なかんじ。

これからどんどん成長するのネ。
Dscn7779

クワガタソウが可愛すぎてついつい写真を撮ってしまいます。
Dscn7782

さ~

塔ノ岳に行けば少し心の余裕が。。。。

大倉への下山はまだまだ。。。未知の下山。

少しずつ頑張ることにしよう~

丹沢縦走もどき④  丹沢山から大倉へ・下山はお花の宝探し  に続く。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »