無料ブログはココログ

カテゴリー「山歩き」の記事

2017年6月16日 (金)

初夏緑色の大室山②  ~満開のトウゴクミツバツツジ~

6月9日。

犬越路を過ぎ、大室山を目指して、ひたすら歩きました。

犬越路からは割合歩きやすい道。

お天気が良ければもっと楽しみながら歩けたかもしれませんが、それでも。。。。

山って、、、、やっぱり苦しいけれど、楽しい。

辛いこともたくさんあるけれど、一歩一歩確実に頂上に近づく実感が周りの景色からも感じていられます。

そして、ここもそれが感じられました。

山容というか、周りの緑の状況が変化してきます。その兆候。。。。。

このバイケイソウ。

丹澤山、蛭ヶ岳、そして檜洞丸。。。。いままで出かけた丹沢の山々。

そこに共通する風景が。。。。。

きっと。。。。頂上は近い!!

.

.

今まで見られなかったトウゴクミツバツツジが見られるようになります。

ただ。。。。もう終わってしまった。。。散ってしまった木々が多く立っています。

きれいに咲いてるトウゴクミツバツツジ。

そして。。。。バイケイソウの花?と間違えそうに花柄が落ちています。

.
.
.
Dscn9639_2
.
.
.
トウゴクミツバツツジって、いろんなところで見ますが、だいたい登山道から離れていて、写真に撮るのは遠くから。。。。ってのが私の場合多いのですが。。。。
今回は、登山道沿いに現れます。
わ~きれい!!
アップで見られるし、写真にも撮れるよ。
Dscn9640
.
.
.
高度を上げるにつれ、満開状態のトウゴクミツバツツジが次々に。
うっとり~
Dscn9641
.
.
.
足元はバイケソウとアザミのとげとげ葉。
緑が鮮やかで、その上に落ちた花柄がアザミの花と間違えるようです。
色も似てるしネ。
この花柄は。。。落ちてそれほど時間がたっていないようです。
Dscn9642
.
.
.
霧のかかった、白い幻想的な中に濃い赤紫色の鮮やかな花々。
Dscn9644
.
.
.
夢の中にいるみたい。
Dscn9645
.
.
.
バイケイソウの海~
そこに架かる木道をリズムよく歩きます。
そしてここを抜けると、西の肩に到着。
そこからは頂上まで5分ほど。
Dscn9646
.
.
.
やった~
大室山、到着です。1587m。
誰もひとはいません。
あれれ。。。。ここ。。。。山梨だっけ?
山梨百名山になってるよ~
Dscn9647
.
.
.
と思ったら、反対側には神奈川県の標識が!!
県境のようです。
1つのお山に山梨と神奈川の標識。これもまたおもしろい。
展望はありませんが、達成感は十分です。
で。。。。おなかがぺこぺこ。
西の肩でお昼にすることに。
Dscn6561
.
.
.
頂上近く。。。。
きゃ~
すっごい!!
大好きサラサドウダン。。。。満開というより。。。。豊作!!
下から覗くと、きんこんかん。。。。。かわいいベル。
Dscn9651
.
.
.
とこから見ても口紅色~
クチベニサラサドウダンって花があるけれど。。。。
これってそれなのかしら~
Dscn9652
.
.
.
見上げると。。。。りんりんりん。。。。あっちからもこっちからも聞こえてきそうな。。。。
見上げて鑑賞していると、いつの間にか首が痛くなるほど~
Dscn9655
.
.
.
足元には、クワガタソウ。
Dscn9656
.
.
お昼は暑くなってきたので、うどんはやめておにぎりです。
靴を脱いでリラックスしようとすると。。。。いたた。。。足がつって。。。。太ももがつって。。。一時はどうなるかと思いました。
これから。。。。苦手な下山。
距離も長いし、膝も心配です。
檜洞丸の時のように、ひざに痛みがきたらどうしよう。
不安を抱えながら。。。。下り始めました。
.
.
.
下りは加入道山経由です。
反対側の道も同じようにトウゴクミツバツツジとバイケイソウ。
Dscn9658
.
.
.
いい具合に伸びたバイケイソウ。
本当にきれいです。
Dscn9659
.
.
.
このトウゴクミツバツツジ。。。。花がびっしり。
そしてまだ。。。。葉が生えていない~?
だから。。。すごく鮮やか。
Dscn9660
.
.
.
このようなものがあると、、、ちょっとドキッとします。↓
ただ。。。。これをたたくトンカチはなくて。。。。
使えない~
でも、これがあることで、熊。。。。ここにもいるんだ!と改めて自覚を持つことができます。注意!注意!
Dscn9662
.
.
.
時々こうして青空が。気持ちも明るく!
この木は葉がないので(何の木かわかりません)空がよく見えます~
Dscn9663
.
.
.
そして。。。。
今まで数か所しか見られなかったヤマツツジが、よく見られるようになってきました。
赤紫色ばかりだったので、この朱色が新鮮です。
陽のあたる場所の花の色、、、日影の花の色。。。。同じ木でも違うな~
Dscn9664
.
.
.
今年初めてのマイヅルソウ。かわいらしい。
とても小ぶりで、、、、写真に撮るのが難しい。
Dscn9665
.
.
.
初夏緑色の道を。。。。
時々日の光を浴びながら歩き進みます。
Dscn9667
.
.
破風口に到着。
風の通り道です。汗ぐっしょりの身体がすーっとします。
そこからの眺めはう~ん。。。雲が多いなあ~
1497603286837_2_3
.
.
登り返しののち、前大室へ到着。
Dscn9669
.
.
.そしてあと少し、加入道山へ向かって。
山深い丹沢ですが、このように道がきれいに整備されています。
Dscn9670
.
.
.
かわいい~
三つ芽。これって何の木?
常緑樹葉苦手で。。。。
でも、新芽の魅力は感じますよ~
Dscn9671
.
.
.
加入道山へ到着。
またまた。。。。景色はありませんが。。。。
ここまで歩いてきた自分にびっくり。
と思う反面。。。ここからが大変だな~
.
.
ここにも。。。きれいな非難小屋がありました。
木のにおいが素敵な新しそうな小屋。
.
テーブルでさわやかな風を浴びながら、コーヒーブレイク。
すると、ひとりの登山者さんが。
避難小屋で一泊して大室山を目指すそうです。
マットや寝袋など背負っていました。
でも。。。。夜寒いだろうなあ~
明日、、、晴れ?
がんばってくださ~い!!
Dscn9672
.
.
.
ヤマモミジに励まされ、足をかばい降りて行きます。
Dscn9674
.
.
.
道は整備されてると思ったら、意外や意外、荒れている道も多くて。。。。
雪のせいか、風のせいか、雨の洪水のせいか、木が倒れていたり土砂が崩れている場所も多く。。。。
こっちから登るのも大変そうでした。
.
.
白石峠に近づくにつれ、その名の通り白い石が多くなります。
大理石がごろごろ。。。。
水の音も聞こえてきました。
耳に気持ちのいい音、目にさわやかな景色。。。。
癒されます。
Dscn9675.
.
.
白石峠からの白石の滝。別名、大理石の滝。
遠くに木と木の間に見えました~
崖際にヤマツツジが咲き、その横を落ちる滝。
残念ながら遠すぎて、木の合間にしか見られず写真に撮ることはできませんでした。
.
.
.
ここから正念場です。
膝は今回痛みはなかったのですが、下りで足先が痛くなって。。。。。
苦しい下山でした。
こんな木道。。。。
落下した木道もあるし。。。。。
ちょっと怖い!
慎重に渡って。。。。。
Dscn9676
.
.
.
川の近くでしばらく休息。
足を休めます。
川を渡ったところに、、、、
一輪だけキンランが~
登りと違う道なので、違った植物が現れるから、目が離せません。
Dscn9679
.
.
.
最後の川を渡って。。。。。
Dscn9681
.
.
林道に出ると。。。。
林道ならではのミラーで記念撮影!!
1497603293691_3_3
.
.
.
林道に咲いていたガクウツギ。
Dscn9682
20分ほどで用木沢へ到着です。
めちゃめちゃ疲れました~
でも。。。。。達成感は半端なかったなあ~
膝痛は奇跡的に全くなくてよかったです。
.
.
最初に大山へ登り、丹沢の一角をかじり。。。。
そこから塔ノ岳、檜洞丸、丹沢山と蛭ヶ岳。。。。今年になって念願の鍋割山。
そして、今回の大室山。
.
とくに昨年、蛭ヶ岳から富士山の方角へ日が沈む時、目の前に大室山が見えました。
なだらかなきれいな形をしていて、、、、その名前を忘れることなくいましたが、まさか今回そのお山へ登るなんて考えもしませんでした。
なので感動もひとしお。
丹沢って、奥深く、それぞれの山々がちゃんとつながってる感じがすごく好きになりました。
力があれば縦走なんてできたらいいなあ~なんて思いますが、身にあった山登りをしなければ危険も伴うので、それなりに続けていきたいです。
こうなったら、、、畦ヶ丸にも行ってみたいな~
.
.
おしまい

2017年6月14日 (水)

初夏緑色の大室山①  ~木々に咲く白い花~

6月9日。

梅雨入り宣言があって、なかなかお山へも行きにくい季節になりました。

この日は雨の予報はなかったので、出かけることに。

場所は丹沢の大室山。

少し、私にとってはハードル高し!!のお山です。

行って帰って来れるかしら。。。。。

なにしろ。。。。今年入って初めての標高差約1000メートル。

う~ん。。。。。心配だ!!

とりあえず、出発。。。。かすかに引き返すという選択も脳裏にかすめながら。。。。。

.

.

車は少しでも標高をかせぐために用木沢出合に駐車。この道は昨年、檜洞丸からの下山コースです。

確か、、、、かなり急登で、長~く感じた記憶があります。

不安な気持ちを持ちつつ出発。

駐車場にはエゴノキの花がゆらゆら~

白い花のスタートです。

Dscn9584
.
.
.
柔らかな流れの川を横目に鉄橋を渡ります。 
Dscn9586
.
.
.
鉄橋に覆いかぶさる。。。。夏色の葉。
丸い葉、少し赤みがかった葉、くっきりとライン(葉脈)の入った葉。。。。何だろう~帰って調べたら。。。。。
フサザクラ?だと思います。
シソの葉のような。
出たばかりの葉は。。。。
新緑という感じはなくなっていますが、汚れもなく美しい~
Dscn9587
.
.
.
透明度の高い川の流れに心奪われ、そして木の梯子を渡ります。
朝日が川の流れに輝いて~
ちょっとまぶしい。
Dscn9589
.
.
.
わ~なんてきれいな流れ~
エメラルドグリーン。
ユーシンブルーを思い出すなあ~
滝の流れが流線を描き、、、、落ちた先はクリアグリーンな滝壺です。
Dscn9591
.
.
1497603269715_2_2
.
.
.
川の流れとは逆行で歩き始めます。斜面に一年ぶりに出会ったギンリョウソウ。
見た感じは目玉おやじだけど、蝋のような白にサファイアのような目?
実は大好きなんです。
腐生植物ってこのギンリョウソウで初めて知りました。
Dscn9593
.
.
.
木に咲く白い花が登場です。
マルバウツギ?
Dscn9595
.
.
.
けっこう登りがきつい!!
梯子階段も数か所。
途中、、、、おなかがすいてきて、カロリーメイトをぱくつきます。
緑の中なのに汗はどんどん出てくるし(湿気が多い~)
こんな急だったかな~
昨年行った檜洞丸の下山時は疲労困憊で、膝の激痛と闘いながら降りてきたので、記憶があまりありません。
何回か休憩、水分をとりながら。。。。
Dscn9597
.
.
.
ようやく最初の目的地、犬越路へ到着です。1060m。
檜洞丸と大室山の分岐になります。
Dscn9599
.
.
.
ここの避難小屋はとてもきれいで過ごしやすそうです。
小屋の近くにウツギ。
Dscn9598
.
.
.
ニシキウツギもちらほら。
Dscn9601
.
.
.
犬越路からの景色。
う~ん。。。。遠くは雲に覆われ、景色は望めないかも。。。。。
それでもこの景色、奥深い丹沢の雰囲気はたっぷりです。
Dscn9602
.
.
.
リュックをとってベンチで数分ごろっと。。。。
自然の中でごろごろ。。。。。なんて気持ちいいんだろう!!
.
.
休息後は未知の山登り。頂上まであと半分!!がんばるぞ~
.
.
.
ここからは比較的歩きやすい道のり。
今まで、ツツジの花の類はほとんど見られなかったけれど。。。。
(シロヤシオはとっくの昔に終わってしまったようだし。ヤマツツジやミツバツツジもほとんど見られなかった)
ここにきて、やっと色の濃い花に出会いました~
ヤマツツジのオレンジがまばゆく~
緑深くなった登山道にきらきら~
Dscn9603
本当はこの辺で富士山が眺められるはずなのですが、この時期。。。。
霧と雲。。。。叶わぬ夢~
ま~難しいだろうとは思っていたけれど。。。。
そこは残念!!
.
.
.
白い花。。。。
犬越道までには白いウツギはたくさん咲いていましたが。。。。
オオカメノキ。
Dscn9606
.
.
.
とくに多かったのがこのカマツカ。
小さなかわいい花がびっしり。
Dscn9607
.
.
.
これから咲くものもあったけど、、、、散ってしまってるものも。。。。
路はこの小さな花びらでいっぱい~
Dscn9608
.
.
.
白い小さなかわいい花。風が吹くと。。。。桜吹雪じゃなくてカマツカ吹雪で降ってくるのが。。。。すごく素敵なんです~
Dscn9617
.
.
.
白い花の木。これもそう。。。。
ヤマボウシ。白のふちが少し赤みがかっておしゃれしています。
Dscn9610
.
.
.
.
わ~い。。。。大好きなつつじ。
サラサドウダン!!
初めて見たときになんて素敵な花だろう!!って感動した花です。
花の先が赤く染まり、アイラインならぬおしゃれラインが目を引きます~
Dscn9620
.
.
.
白い花と言えば五葉ツツジ。。。。シロヤシオ。
すでに終わっていましたが、この葉がまた。。。。きれいなんだな~
緑の花のように。。。。
エッジも赤く染まって。。。。
これもまた。。。。
初夏緑色の風景~
Dscn9622
.
.
.
尾根道なので、このような道が続きます。
霧深い道ですが。。。。時折こうして日がさしてきます。
ん?この道。。。。。檜洞丸の道に似てる~
Dscn9623
.
.
.
クルマムグラ。
木じゃないけど、愛らしい白い花。
そしてこの葉もまたいいな~
六枚の葉が車輪のように広がるところから付いた名前だって。
Dscn9626
.
.
.
ツクバネウツギの道を歩く~
足元に花はあまりないけれど、木の花々が疲れた身体、癒してくれます~
Dscn9629
.
.
.
またまた見つけた。サラサドウダン。大好きなのでついつい何度も写真に撮ってしまいます。
Dscn9631
.
.
.
霧もまた深くなってきた。まだまだ続くか。。。。
頂上はまだかしら~?
父ちゃん元気!!
Dscn9632
.
.
.
あ~笹の道に。。。。。
出てきたバイケイソウの葉。
そろそろ頂上は近いかな。。。。。期待!!
Dscn9633
.
.
.
クワガタソウはとっても小さい花だけど、これだけは。。。。。道沿いによく見られる花でした。
Dscn9636_2
.
.
.
あっというまにバイケイソウとアザミの群落。
Dscn9635
.
.歩くとアザミのとげとげが痛い!
ここまでくれば。。。あと少し~
へろへろだったけど、元気がまた出てきた!!
.
.
初夏緑色の大室山② ~満開のトウゴクミツバツツジ~   へ続く。

2017年6月 2日 (金)

雪どけの尾瀬ヶ原④  ~ほんのひと時の青空~

5月27日

前日に尾瀬に入りあいにくの霧雨のお天気でした。

この日こそはと思ったのですが。。。。

なかなかお日様とは縁遠い天候が続いています。

見晴の弥四郎小屋から出発した時は濃い霧と小雨。

ところが。。。。。

東電小屋に到着したころから青空が・・・・・

やった!!

これから晴れる!!そんな予感が!!ほら。。。。

Dscn9457
.
.
.
向こうに至仏山が見える。。。。かも!!
Dscn9458
.
.
.
東電小屋の向こうに燧ヶ岳。
あと少しなんだけどな~
Dscn6512
.
.
.
正面には至仏山~もう少しなんだけど~
Dscn9460
.
.
.
お天気の中での水芭蕉も一段と魅力的に。
Dscn9463
.
.
.
小さな木道の橋の上から~

パシャツ!

みんな上向いてるね~
「だって。。。。青空だもん!!」ってね。
Dscn9469
.
.
.
写真ではわかりませんが、流れに任せて花がゆらゆら揺れているの~
それがまたかわいらしくって。。。。。
久しぶりのお天気に水の流れに任せて鼻歌でも?
Dscn9467
.
.
.
こんな苔も。。。。ところどころに水滴溜めてる。。。。
まだ。。。蒸発しないで残ってたんだ。
Dscn9471
.
.
.
いえい~
青空に。。。燧ヶ岳。。。池塘に映るほんの少し。
Dscn9474
.
.
.
至仏山は見えないけど。。。手前の小さな山は見えてきた。低いお山でも雪が残って。
それが映って。。。。
なんてきれいなんでしょ。
Dscn9475
.
.
.
時々、、、、雲からお日様が顔を出すと。。。。世界が一転。明るく。。。。
緑の色も鮮やかに。
そして池塘の水がまぶしく輝く~
Dscn9477
.
.
.
広い空がここに映し出されて。。。。
上を見なくても、、、、ここを見れば空の様子がわかるってものヨ!
Dscn9478
.
.
.
やっぱり。。。。茶色だらけの池塘より。。。。
青い空が映る水のほうが素敵です~
Dscn9479
.
.
.
燧ヶ岳。。。。
サービスサービス。ここまで姿見せてくれた。
Dscn9481
.
.
.
このまま青空続いてほしいな~
水芭蕉絶景スポットまで、、、、維持してちょうだい~
Dscn6526
.
.
.
ぐるりと回ってきました。
お天気はまたまた下降気味。
お昼を食べてる間に、、、ガスってきておまけに風も強くなってきた。
前日の水芭蕉絶景スポットは。。。。。
やっぱり晴れ間なし。残念。
というか。。。。一日でこんなに景色が変わるなんて。。。。。
水が。。。。水が多くなって。。。。水芭蕉がかなり沈んで、見えなくなってる。。。。
Dscn9487
.
.
.これが前日の写真です↓
.Dscn9380_3
.
どうしちゃったの?
昨日の夜。。。いっぱい降ってたからなあ~
Dscn9488
.
ちょっと残念な感じになっていました。
.
.
★すっごく小さなお花はヒメイチゲ
Dscn9490
.
真っ白なしべが素敵!!
Dscn9493
.
.
.★木道沿いに咲くリュウキンカ
Dscn9495
.
.
.
★キクザキイチリンソウ
Dscn6537
.
もうちょっとで咲きそう!
Dscn9498
.
.
.
あ~
またまた。。。。。濃霧。
昨日より。。。。深いかも!
Dscn9501
.
.
.
たくさんの小さな川の集まる場所から、伏流水となって湧き出る場所。
そこは・・・・
こうしてうず潮のようにぐるぐる回っています。
水の量が多いのでわかりやすいです。
Dscn9502_2
.
.
.
水の量が多くて休憩できるベンチにまで水があふれ出ているとこともありました。
雨と、雪解け水。。。。この日は両方が集まっちゃったのかな~
Dscn9504
.
.
.
ショウジョウバカマ三兄弟。
Dscn9507
.
.
.
なが~い残雪氷~
浮島。。。。じゃなくて浮氷。。?かな?
Dscn6548
.
.
.
山の鼻でコーヒーブレークして。。。。
すごい人だらけでびっくり~
老若男女。。。。
帰りは連なって帰るようでした。
登りばかりなので、ちょっとつらかったけど。。。。。
こんな花たちにも出会えたし~
★イワナシ
Dscn9514
.
.
.
★咲ききったショウジョウバカマ
Dscn9515
.
.
.
★エンレイソウ
Dscn9518
.
.
.
上にあがってくると、いいお天気。きれいな青空が~
二日間、これになかなかお目にかかれなかったので、なんか珍しくてうれしくて写真撮っちゃいました。
Dscn9523
.
.
.
無事到着!!
陽の高いうちに戻ってこれた!
ご褒美は花マメソフトクリーム。父ちゃんより大きいソフトだぞう~
Dscn9526
.
.
.
バス乗り場まで、もうひと頑張り。。。。歩いております。
途中でも咲いていたエンレイソウ。隣のは恥ずかしがり屋さんか?
なんたって標高1591mだものね。
Dscn9528
束の間の晴れ間のトレッキング。。。。
お天気には恵まれなかったけど、尾瀬の水芭蕉、そして霧の幻想的な景色はたっぷり堪能できた今回のトレッキングでした。
一泊二日。。。父ちゃんお休み取ってくれてありがとうで~す。

2017年6月 1日 (木)

雪どけの尾瀬ヶ原③  ~真っ白な霧の中を~

5月27日。

弥四郎小屋での目覚め。

昨晩は歩き疲れて7時半に就寝したので疲れもっすっかりとれました。

朝日を楽しみにして早くに起床したのに。。。。。

外は雨!はずれです。

今日も青空が見られない~

でも。。。。ま。そういう時もあるか!!

それにしても寒い!!布団から出るのが嫌だなあ~

廊下のストーブのスイッチがつくと、一気に暖かくなります。

幸せ~

朝食を済ませ。。。。。

小雨になったので朝のお散歩。

小屋の前の湿原の水芭蕉は。。。。

雨を浴びて水滴がいっぱい。そしてこの開ききらない花の状態。。。。

ろうそくみたいだ!!

.
.
Dscn9421
.
.
.
遠くに見える、芽を出し始めた木。
木の芽?雨の雫?
区別がつかないや!
Dscn9422
.
.
.
がんばれ。。。。
春はもうすぐ!!
Dscn9425
.
.
.
昨晩の雨は、かなり降ったのか、水の量が昨日より多い気がする。
なだらかで、それほど勾配もないのに。。。。川の流れは激しくて勢いがいい~
Dscn9428
.
.小屋に戻ってコーヒータイム。
温かいコーヒーは至福のひと時。
小屋の喫茶室から見た景色は幻想的な霧の中の木。
これもまあいいよね。
Dscn9432
.
.
.
ほんと。。。。霧が濃いわあ~
Dscn9434
.
.
.
それでも、この日は東電小屋を回って。。。。
昨日行った水芭蕉の絶景ポイントに立ち寄って。。。。帰ることになりそうです。
深い霧の中を歩き始める。
Dscn9435
.
.
.
遠くは見えないけれど、木道近くははっきり見えます。
あれあれ。。。。
水の中から出てきたのは、怪獣の爪?
いやいや蟹の爪?
同じ水芭蕉の景色でも。。。。いろいろ歩くと、、、いろいろな姿がみられて面白い~
Dscn9436
.
.
.
この先雪深し!!
木道を踏み外すと、、、踏みぬいて、ずぼっと膝まではまってしまいます。
気をつけて歩きましょ。
Dscn9438
.
.
.
Dscn9440
.
.
.
木道を抜けると大きな川がありました。立派な橋がかかっていて、そこから見る川の流れ~
豊富な水の量。流れる音が大きくて、話し声が聞こえない~
Dscn6495
.
.
.
川を渡り、また木道が始まります。
新芽に付いた雫たち。
川の流れにビビってる~
Dscn9443
.
.
.
水芭蕉の群生地に出ました。
ここの花は小さくてこじんまり。。。。かわいらしい。
Dscn9445
.
.
.
父ちゃんいわく。。。。こんな水芭蕉を見ると。。。。
Dscn9446
これに見えてくるって~↓
..
.
Yjimage
うるるとさらら?
.
.
Dscn9447
.
.
.
わ~い。大好きな水滴。
尾瀬の景色がその小さな粒の中に入り込んでる。
Dscn6498
.
.
.
こんな広い景色が、こんな小さな粒の中~
不思議だな!!
Dscn6500
.
.
.
木道と木道の間にザゼンソウを見つけたよ。
これが今回見た唯一のザゼンソウです。
Dscn6502
.
.
.
Dscn9449
.
.
.
水芭蕉がたくさん咲いていると、自然と足も止まり。。。。
カメラのシャッター音が何回も聞こえてきます。
Dscn9450
.
.
.
水芭蕉とコバイケイソウの葉のコラボレーション。
Dscn9451
.
.
.
ぐちゃぐちゃだ。
白い花(正確には苞)がなくなってる~
これは鹿が食べた痕。
ここでも鹿が増えすぎて、水芭蕉があちこちで食べられるという事態になっているようです。
Dscn9452
.
.
.
Dscn9453
.
.
.
この湿原を抜けると東電小屋に到着です。
ここで休憩をとります。
小屋の近くに咲いていたエゾエンゴサク。
Dscn9456
空を見上げるといつの間にか霧が晴れ。。。。
青い空がところどころに見えるようになってきた。
お天気回復?
.
.
.
.
雪どけの尾瀬ヶ原④  ~ほんのひと時の青空~  へ続く

2017年5月31日 (水)

雪どけの尾瀬ヶ原②  ~水芭蕉のささやき~

5月26日
鳩待峠から尾瀬ヶ原に向かって。。。。
そして湿原に出てきました。
相変わらずどんより霧雨のお天気。
ザーザー降りではないのが救いです。
山の鼻を出て、木道をひたすら歩くと。。。。
.
尾瀬ヶ原。水芭蕉の絶景ポイントと呼ばれる場所へ。
Dscn9372_2
.
.
.
ここかな~
少し大きめの川沿いに。。。水芭蕉の花が。。。。
相変わらず山のほうはガスっています。
.Dscn9374
.
.
.
とうとうと流れる豊富な水量の川。
遠くに白樺林。
そして可憐な水芭蕉。
まだ。。。。咲き始めだから、花は少しだけれど。。。。
Dscn9375
.
.
.
遠くに水芭蕉のコロニー。
みんなでなに話してるんだろ。。。。
「今年はなかなか雪融けないなあ。。。。」
「なかなかお日様出てこないねー」
「そんなにくっついて咲くと狭いよ~もう少し離れて」
「ここには鹿くん。。。。来ないといいけどなあ」
なんて。。。。いろいろ想像してしまいます。
Dscn9376
.
.
.
.
至仏山側からやってきて、絶景ポイントに到着です。
ここはポスターにも使われた場所だそうです。
あの白樺の木の下から撮る!
Dscn9377
.
.
.
さっそく父ちゃんはそこから写真を撮ります。
Dscn9379_2
.
.
.
そしてここがそのポイント。
正面に。。。残雪の至仏山がど~んと!!
ないね。。。。(ノд・。)
それに。。。。ボヤーっとくもり空。
青空だったらどんなに素敵かな。。。。。
.Dscn6458
.
.
.
それでも、この蛇行した川沿いに水芭蕉の花がたくさん。
ホント、水が大好きなんだね~
Dscn9380
.
.
.花道。。。。ならぬ。。。。水芭蕉水路。
Dscn9383
.
.
.
水の多さに沈みかけてる花もいる。。。。流されないでね~
Dscn9384
.
.
.
川の両側にちゃんと咲き並ぶ姿。
すてき!!
Dscn9388
.
.
.
少し森のほうへ足を延ばしてみました。
木道はついていますが、雪がまだ覆っていたり、水の量が多く木道が水没していて、、、
人はあまり行っていないようですが。。。。。
Dscn6471
.
.
.
ここは竜宮の川の集まる場所です。
いくつもの小さな川の水がここに集まって流れてきます。↓
四箇所見えます。
Dscn9390
なのに。。。。
ここにたまるばかりで、流れ出る川が見当たりません。
流れてきた川が一旦湿原の下に吸い込まれて、伏流水になって木道の反対側に湧きだしてるんですって。天然のトンネルかな~
.
.
.
こんなに蛇行が激しい~。。。。
なんかね。。。。小人になって水芭蕉の葉に乗って。。。。流れてみたくなるね~
Dscn9391
.
.
.
雪融けのところから咲き始める水芭蕉。。。。
この時期に来ると、それがよくわかりますね。
Dscn9397
.
.
.
この辺りは、、、、
水芭蕉の甘い香りが風に乗って漂います。
Dscn9401
.
.
.
逆さ絵みたいだね。
雪が白い雲で。。。。水芭蕉が上から咲いているみたいに見える。
Dscn9403
.
.
.
竜宮小屋へ到着。
長かったなあ~
でも今夜泊る弥四郎小屋へはまだもう少しあります。
ここで小休止。
Dscn6473
.
.
.
今回初めてのスミレはこの近くに咲いていたオオタチツボスミレかな?
Dscn9405
.
.
.
北海道以来のエゾエンゴサク。
周りの濃い緑のスズランに似た葉はギョウジャニンニクかしら?
Dscn9407
.
.
.
竜宮を出て、また木道を歩いていると、ここにもまたたくさんのワタスゲの花が。
つくしのような黒い穂先から。。。。
少しずつ黄色に変化していくのがわかります。
Dscn9408
.
.
.
そして。。。。のんびり散策しながら来たので、見晴の弥四郎小屋には3時過ぎに到着です。
着いた途端、雨がざんざん降ってきました。
ラッキー。
何とか濡れずに到着。
Dscn6483
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
山小屋はとても快適。
畳の個室。
お風呂も石鹸、シャンプーは使用できませんが、体の芯まで温まるわりと大きなお風呂。
トイレも水洗。
食事もおいしいし、尾瀬の山小屋は過ごしやすいです。
.
.
食事がすんで、外へ出てみると、雨は小ぶりに。
ちょっとお散歩。
池塘に雨のあと。大きいわだちや、小さいわだち。
Dscn9410
.
.
.
正面に、至仏山のふもとがちょっと。
あんな下まで雪が残ってるの。。。。
まだまだ至仏山へは行けないね~
Dscn9411
.
.
.
霧が山の近くをおおい、目に見えるほどに動いています。
生きてるみたい。
Dscn9412
.
.
.
幻想的です。
Dscn9417
.
.
.
そろそろ日が暮れます。
あすは曇りのお天気予報。
明日こそ至仏山、燧ヶ岳がみえるといいな。。。。
濡れた木道が光って。。。。
あすはここを何人の人が歩くのかなあ。。。。。
Dscn9418
.
.
雪どけの尾瀬ヶ原③ ~真っ白な霧の中を~   ②続く。

2017年5月30日 (火)

雪どけの尾瀬ヶ原①  ~鳩待峠から木道へ~

5月26,27日で尾瀬に行ってきました。

初めての尾瀬。

水芭蕉の季節。見られるかな~

あいにく、26日のお天気の予報は雨からくもり模様。。。。。

それでも次の日は何とかお日様が出るんじゃないかと決行したのです。

乗りあいタクシーで鳩待峠に到着。

おっとびっくり、そこにはすでに積雪の山。

あら。。。。。これは大変な山歩きになりそうだな。。。。

お天気は霧雨。雨合羽、リュックカバー、スパッツ、装備して1591mからの出発です。

Dscn9297
.
.
木道はきちんと整備されていますが、山道なので、ないところも。。。。
最初は下りが続きます。
.Dscn9300
.
.
.
木道は雪融けと、小雨で濡れています。
木道も雪に覆われてるところあり。
とにかく。。。。滑ります~
Dscn9301
.
.
今年は雪が多かったのがよくわかります。昨年はゴールデンウィークには雪がなかったということですから。。。。
.Dscn9302
小さな川の流れに、ふきのとう。
春まだ遠し?。。。。。
ここは下界と違って、これからが。。。。春。
.
.
.
残雪の白と、川の流れの白い色と。。。。。イイネ!!
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
どう見ても冬?なかんじです。
Dscn9305
.
.
.
けど。。。。
こうして、鮮やかな緑も。
大きな幹に生えた苔の中から。。。。
新緑の芽が。
何の植物だろう。
緑の花が咲いたみたいだ!!
Dscn9308
とにかく。。。。
下って下って。。。。。滑らないように~
帰りは。。。ここを登るのか。。。。
急登もあるので、それもちょっと不安です。
.
.
.
と。。。。
登山道が少し開けたところに。。。。
ちょっとした沼地が。
そして、初、水芭蕉の群落。
Dscn9312
本当に雪が融けたところだけ、水芭蕉が可憐に咲く!
.
.
.
これからどんどん花が咲いてくるんだろうなあ。。。。
Dscn9313
.
.
.
ガスっているので、なかなかくっきりした姿ではありませんが。。。。とても可憐で素敵です。
青空だともっと素敵なんだろうな~
Dscn6429
.
.
.
濡れた木道、のんびり春の目覚めに気づいた木々、そんな道がずーっと続くとこんな岩が出てきた。
それまで歩いた道に、岩はそれほどなかったので新鮮。
ん????
モアイ像か?おさるの顔か?
Dscn9319
やがて、山の鼻に到着。
ビジターセンターがあったり、山小屋があったり。。。。
休憩します。
ここまで、、、、ずっと雪が深く、木道の踏みぬきが危険で、、、、
恐る恐る歩いてきました。
.
.
.
また出発。
いよいよ尾瀬ヶ原、、、湿原が顔を出します。
なんだ。。。。
この雪景色は~
ところどころ。。。。
丸いかんじで雪融けが。。。。
Dscn9323
.
.
.
地層のように、等高線のように。。。。月のクレーターのように。。。。
こんな融け方をするんだね。
予想では。。。昼間融けて。。夜凍り。。。
また昼間に温度が上がり融けて。。。。その繰り返しでこんな感じになっていくのかな?
Dscn9324
.
.
.
こんな融け方の池塘もあります。真ん中だけ凍った雪が残っています。
Dscn9326
.
.
.
わ~
何の芽だろう。。。。
この手の芽は何でも雪柳に見えてきます。。。。。
春を喜んでるナ!!
Dscn9328
.
.
.
つくしみたいな。。。この植物。さ~て。。。。。???
これ。。。。湿原のあちこちで見られます。
雪の融けたばかりの茶色の草原から。。。ぴょこぴょこ・・・・
コレ。。。。あの、、、ワタスゲなんですって~
その雰囲気は全くないけれど、、、夏にはふわふわの綿をゆらゆら揺らすんだ~
Dscn9329
.
.
.
逆さ燧ヶ岳。。。。
見えるはずなんだけど。。。。今日は無理かあ~
周りの山々は。。。な~んにも見えない!
.
いくつもある池塘。。。。それが。。。。
雪融け水の多いこの時期。。。つながって広い池のようになってるのかな~?
Dscn9331
.
.
.
突然父ちゃんの足が止まり、「いた!」の声。
何々?
わっ。
イモリだあ~にゅるっとしたかんじ。
我が家にいっぱい住んでいるカナヘビにちょっと似ています。
Dscn9334
.
.
.
そういえば、ビジターセンターの方が「竜宮の池塘の中で、イモリが泳いでるよ~」
なんて教えていただきましたが、そこまで行かなくても、こうして。。。。
見つけることができました。
かわいいな~
こんなお天気、、、雨の時などはこうして草の上に出てくるんだって~
Dscn6438
.
.
.
まっすぐな木道。
水芭蕉の時期?なのに。。。。
こんなお天気だからか。。。。
人が全くいません。
あと少しで、残雪の山が見えそうなんだけどな~
Dscn9338
.
.
.
水が。。。。水が豊富で。。。深くたまっています。
木々も水の中からにょきって。。。
Dscn9347
.
.
.
た~いへん。。。。。
水芭蕉もすっかり水中にもぐっちゃって~
大丈夫なのかしら?
苦しくな~い?
Dscn9348
.
.
.
大家族の水芭蕉みっけ!!
Dscn9351
.
.
.
そして。。。。私もまたまたイモリみっけ!
このイモリ、、、
腹が赤いのでアカハライモリっていうのですって。
そういえば、、、顔の下あたり。。赤っぽい?
Dscn9356
.
.
.
へへ・・・・
三匹もいたよ!
Dscn9361
.
.
.
色のない茶色い世界に。。。かすかにピンクの色を見つけた!!
かわい~
遠くでよく見えないけれど。。。。
ショウジョウバカマが目を覚ました!!
こんなかわいいつぼみなのね~
Dscn6450
.
.
こっちは咲き始め。
まだ緑の湿原には程遠いけど、
こうして少しずつ春がやってくるんだね~
それにしても。。。。ショウジョウバカマのピンクはかわいい色。
開花した花しか見たことなかったので、新鮮です。大きくなった花は少し紫がかってるものね!
Dscn6452
.
う~ん。。。。
予想はしてたけど、、、、
尾瀬ヶ原は。。。。広い~
歩いても歩いても。。。。
木道は続く!!
Dscn9363
.
.
.
雪どけの尾瀬ヶ原②  ~水芭蕉のささやき~  へ続く。

2017年5月11日 (木)

滝子山② ~難所、滝と花の道を下る ~

5月8日。

滝子山の頂を踏んで、ほぼ360度の景色を堪能します。

三つ峠山は二年前に行ったのかなあ。。。。

写真には写っていませんが左方向に、前々前回行った高川山が見えます。

Dscn6401
.
.
.
この写真、右手は少し木が立ち並んでいます。
隙間から、雪をかぶる八ヶ岳、そして南アルプスの山景がかすかに見えます。北岳、間ノ岳~
さすがに写真には写らないかあ~
Dscn0960
.
.
.
反対側には大菩薩嶺。
今まで行った山が見えると、うれしくなります。
1つ1つそんな山が増えていくことがまた登る楽しみにもなります。
Dscn6403
.
.
.
頂上は狭いけれど、周辺の木はまだ芽吹いたばかり。
高度が上がるごとに、木の様子から見る季節のグラデーション~
そう。。。登るにつれ季節が逆行していくのが。。。おもしろい。
それも短時間の中で感じられるのです。
これはなかなか山に行かなければ味わえない~
Dscn0959
ツツジの芽かな?
これから少しずつ大きくなって花咲かせるんだね~
,
,
,
木の隙間から富士山の姿をおかずに、昼食はいつもどおりうどんです。
登ってすぐは暑くて汗、汗~
だったのですが、じっとしていると冷えてきます。
そんなときのうどんはサイコ~
.
.
来たときは3グループほどいましたが、帰るときはひとグループだけになっていました。
名残惜しいけど下山です。
Dscn0962
そこで。。。
何と登り時には見つけることができなかった初めての出会いがありました。
.
.
.
フモトスミレ。
かわいい!!
Dscn0966
,
,
,
すごく小さくて、直径一センチくらいかな!
茎が赤く、そして白っぽい花弁に濃い紫の筋がはいっています。
花の形はカマキリの頭みたい。
Dscn0967
.
.Dscn0968
.
.
.
桜の景を通り過ぎ、防火帯を下ると、
また、川の沿いの道に合流です。
.
ぽつぽつと。。。。
ヨゴレネコノメかな~
イワボタンかな~
遠くから見ると黄色いシャクナゲのような~
Dscn0979
.
.
.
ワチガイソウ。濃い色のしべがポイントだね!
Dscn0983
.
.
.
足元を見ながら歩くと、時々、桜の花びらが~
桜の存在を教えてくれます。
見上げるとうっすらピンク色の桜が~
イイネ!
Dscn0984
.
.
.
タチツボスミレはヒトリシズカ同様、よく見られるので、撮る場所を選んでいるうちに。。。。
機会を逸してしまいそうになります。
ここで1枚~
どこにでもあるスミレだけど、やっぱり素敵だし安心する花です。
Dscn0987
.
.
.
ミヤマキケマンは道沿いに。
Dscn0988
.
.
.
そして、
難所と、う回路の分岐で、今回は難所のほうへ進みます。
さて。。。。
どんな道が待ってるやら~
でも、川沿いの道だから変化があっていいかな~
.
.
.
天然階段を流れ落ちる小さな滝の流れ。
天然日本庭園?
Dscn0991
.
.
.
岩に打ちつけられ、しぶきが飛び交う急流。
その一枚岩にはどこからか飛んできて、存在を気付いてと言わんばかりに桜の花びらが~
自然が作り出す小さなストーリー。
Dscn0992
.
.
.
難所といわれる由縁。
ここにありました。
道は狭く斜面や道は砂地。ザレ場です。
細かい砂のような土のような~
一歩歩くたびに砂がざ~と落ちていきます。
まるで蟻地獄。
滑って川まで落ちていきそうです~
川までそれほど高さがないので、危険ではありませんが~
歩きにくくて。。。。
これ。。。きっと。。登りはきついなあ~
登ってもざざ~って下っていく感じで。
Dscn0993
ひどい時はこの砂埃です。
父ちゃんの後ろを歩く私は、その砂をまともにかぶって。。。。気づいたらリュックに下げてるカップが。。。砂だらけ~
.
.一枚岩をすべるように流れてく滑滝~
やさしい流れだ~
Dscn0994
.
.
.
滝すべり~天然ウォータースライダー。。。
できそう!!
Dscn6410
.
.
.
かと思えば、、、激しく岩に当ってスプラッシュ!!
Dscn0997
いろんな川の様子が見れます。
.
.
.
ミツバツチグリかな?
Dscn0998
.
.
.
少し緑がすすんだ新緑の中に。。。。
濃いピンクのミツバツツジに目をひかれ~
Dscn1001
.
.
.
こんな迫力のある滝の前でも1枚!
日光の湯滝にも劣らない~?
Dscn1003
.
.
.
ニリンソウ見つけた。
かわいい~
大好きな花。
Dscn1004
.
.
.
念願のピンクの入ったつぼみもお目にかかれました。
まるいまるい。。。。コロンとしたつぼみ~
Dscn1007
.
.
.
開花した花とつぼみと雰囲気が全然違う~
どっちもかわいいけど、つぼみは好みだなあ。
Dscn1008
.
.
.
岩の隙間に咲くニリンソウ。
Dscn1012
.
.
.
負けじと岩の間に咲くワチガイソウ。
Dscn1011
.
.
.
.
.
.
ここでコーヒーブレイク。
川の流れを見ながら。。。聞きながら。。。。時折聞こえる小鳥のさえずりも参加して。
今回から参加したマグカップ。
いつも紙コップだったんだけど。。。。
長男とお嫁さんがプレゼントしてくれました。
いや~
コーヒーが、なかなか冷めないわ~
いつまでも温かい~
おいしい~
Dscn1015
.
.
.
そんなまったりの隣では。。。急流の水が丸太にどんどん当たって。。。しぶきが激しく飛んでいました。
見てるだけで楽しい~スプラッシュ!
Dscn1018
.
.
.
.どんどん進んでいく若葉の林を歩く歩く。。。。
Dscn6417
.
.
.
Dscn6419
.
.
もふもふ道まで戻ってきました。
やはり。。。。
これのふかふかの落ち葉を見ると、、、だれでもやりたくなるよね~
腕いっぱいに抱えて、拾って。。。
空に向かって投げてみる~
父ちゃん~ナイス!!
Dscn1024
.
.
.
陽が傾き、大木が立ち並ぶ川沿いでは陽の光がなかなか届きません。
隙間から射す一部分だけが白く明るく見える一瞬の陽の恵み。
Dscn1025
.
.
.
タオルを水に浸して~
あ~気持ちいい!!
お疲れさまでした~
Dscn1026
いや~楽しかったけど、今回は息苦しい場面も多くきつかったなあ~
下山は、久々に膝に来て。。。。
これじゃ高低差1000mのお山は無理かも。。。。。
だけど。。。。
痛かったこと、つらかったことは時間がたつとすっかり忘れ、また出かけてしまうのでしょうネ!

2017年5月10日 (水)

滝子山①  ~ 水の豊かな山道を ~

5月8日。

ゴールデンウィークも終わり、それほど人も込まないであろう。。。。高速道路。

お天気にも恵まれ、やっと、、、、山へ出かけることができました。

前回(鍋割山)、前々回(杓子山)、前々前回(高川山)と富士山の姿に恵まれず。。。。

今回こそは。。。と思いをはせながら選んだのがこのお山、滝子山です。

大月市の秀麗富嶽十二景の4番目のお山です。

高速道路からきれいに見えていた富士山。

今回は山の頂上から見えるかな?

お地蔵さんのある登山口の少し下に何台かとめられる駐車場があります。

一台しか止まっていませんでした。

さすが連休明け。

木漏れ日が気持ちいい道を出発です。

.
Dscn0888_2
.
.
.
いきなり涼やかな流れの音とともに、澄んだ川が出現です。
Dscn0889
.
.
.
透明度にびっくり。
思わず足を止めて水の流れを観察してしまいます。
木製の橋を渡るのも、両サイドをゆっくり眺めながら~
Dscn6391
.
.
.
新緑の中、岩をすり抜けるように流れていく~
Dscn0891
.
.
.
橋を渡る足も、ゆっくり。
Dscn0892
.
.
やがて樹林帯の中の、もふもふ道に出くわしました。
もふもふ道?
そりゃ~なんだ?
Dscn0900
.
.
.
厚く積もった枯れ葉道。
その深いこと!!
道も斜面も全部落ち葉。一歩足を踏み出すと足首まですっぽり。
土も岩も石も木の根っこもない枯れ葉道。
Dscn0902
.
.
.
気持ちよすぎでしょ。
この茶色の和紙を張ったような場面。
ふっかふかな道。
もったいなくてなかなか進めません。
私たちは、細い枯れ葉道をただまっすぐ歩くことしかできないけれど。。。。
その道を堂々と遮る、勇気あるものは。。。。
木々の影のみです。
Dscn0903
.
.
.
ここから川沿いを歩いていきます。
川沿いって。。。。いいよね。
こんな澄んだ流れを見ながら、さわやかな自然の音楽を聴きながら~歩けるんだもんね。
突然現れたのは。。。。
ムーミンから飛び出してきた?ニョロニョロ?
Dscn1021
こんなの初めて見た!!ニョロニョロ!!
こりゃ~
調べたらヤマウツボという寄生植物らしいです。
少しピンクがかってるので、遠くから見て「花かな」とおもったのですが。。。。
う~ん花というには難しい。
この周辺だけ、ムーミンの世界から抜け出した童話なようで。。。。
「今ね。。。。仲間と’’だるまさんが転んだ!!’’やってるんだよ~」
なんて言ってるみたいです。けど。。。。。
そもそも、、、ニョロニョロはしゃべらないんだっけ?
Dscn0908
.
.
.
それからずっと。。。。川沿いを歩きます。
名前のごとく大きな滝!はないのですがミニチュアっぽい滝や、短いけど豪快な滝。いろんな顔を見せてくれる滝や川の急流がつぎつぎ出てきます。
子供の滝がいっぱい。だから滝子山っていうのかな~
だったら滝子孫山でもいいなあ…
まったくあきません。
Dscn0913
これは。。。。
滝壺のある滝。
.
.
.
透明度の高い透き通った水が、急流になると真っ白に変化するのがまた面白い。
Dscn0914
.
.
.
ヒトリシズカが多く見られます。
どこを撮っていいやら~
何度も撮ってるうちに、こんな大家族を見つけました。
Dscn1019
.
.
.
マルバスミレ?
Dscn0915
.
.
.
わ~
ベビー布団にくるまれた生まれたての双子の赤ちゃん。
お世話をしてるのはマルバスミレのお母さん。
ストーリーだなあ~
Dscn0919
.
.
.
父ちゃんがこんな奇妙なもの見つけました。
ぽたぽたと落ちる水滴。
湧水かと思いきや。。。。。
Dscn0923
登山道をふさぐようにつる性の木が道をふさいでいたのでしょう。
人がこの木を切った痕がありました。
残った根っこのから水を吸い、切り目のところから水分が滴り落ちているのです。
おまけに、この白濁したのはたぶんムンクの叫び!!(には見えない?)ではなくて樹液?
何という生命力!!
滴り落ちた地面には小さな水たまりと白い樹液の塊。なんだか、、、ちょっと切なくなりました。
,
,
,
色んな発見がありながらゆっくり歩くと。。。。
分岐です。迂回ルートと難所(滝がきれい)。さ~どっちを選ぶか!!
Dscn1013
選んだのは、迂回ルートです。
帰りに難所を通りましょ!ということになりました。
,
,
,
この道は。。。。
迂回という割には急こう配。。。。
でも、こうして新緑の青葉がきらきらしていて。。。。
すごくいい感じ。
Dscn0926
何度も何度も斜面が、右左と入れ替わるつづら折りの道。
同じ景色がいったりきたりで。。。。
どんどん疲れてきます。
,
,
,
でも。。。。
おっと。
木の隙間から見えた!!
雪をかぶった富士山の頭!!
まだまだ雪かぶった富士山だ!!
ほんの先っぽだけど、感激の一瞬。
Dscn0927
.
.
.
わ~
今日は頂上で富士山が見れるかも~
そうなると代り映えのしない景色も、なんだか気にならなくなってきました。
ときどき新緑の中にこんなおしゃれな葉の木があるとポイントとなって景色をグーンと魅力的にしてくれます。
Dscn0929
.
.
.
ぜいぜいしながら、少しずつ高度を上げます。
それにしても迂回ルート、、、、迂回の距離が長いナ~
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
.
.
.
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
.
また見えたさっきよりも、もう少し下のほうまで見えてきた。
Dscn0933
.
.
.
そしてこの樹林帯を抜けると、またまた川に合流。
Dscn0934
,
,
,
この川のあたりから、春にしか見られないハシリドコロがあっちにもこっちにも。
Dscn0937
川沿いの緑の塊はほとんどがこのハシリドコロ。
猛毒の植物だそうです。
お~こわっ。
,
,
,
水は透き通り、川は白い砂礫なので水があることを見過ごしがちになります。
急流で白いしぶきをあげると、あ~水が流れてたんだ!
Dscn0938
.
.
.
ハシリドコロを撮る私。白いコンクリートのような道のような。。。
これ。。。
川なんですよ。ちゃんと流れていますヨ。
Dscn6397
.
.
.
このピンクのスミレは?
ナガバノスミレサイシンかな?
Dscn0942
.
.
.
そろそろ川の水音が聞こえなくなってきました。
そして大の苦手なだらだら道、防火帯をへろへろで通過。
あと。。。もうちょっとかなあ。。。。。
Dscn0944
そして、まだ、、、、
遠くに桜のピンクが待っていてくれました。
.
.
.
Dscn0973
.
.
.
ズームで!!
マメザクラかな~ヤマザクラかなあ~
この癒し。。。生き返る!
Dscn0975
.
.
.
鎮西ヶ池のある白縫神社に到着。
以前は鳥居があったようですが、、、今は雪のせいか、風のせいかわかりませんが無くなっていました。
そして、小さな池がありましたが水は湧いていませんでした。
祠に手を合わせて。。。。
Dscn0971
.
.
.
頂上までの分岐です。ここから。。。。あとちょっと。
そして富士山が見えました!!
よかった!!間に合った!
春は午前中が勝負の富士山。
でも、、、お写真は頂上で~
Dscn0970
.
.
.
陽のあたる場所にフデリンドウ。
Dscn0946
.
.
.
何と、ここからがまた急登に次ぐ、急登~
でも、頂上の近い予感がひしひし。
.
後ろからついてこられる父ちゃんは追い立てられているようなので苦手です。
いつも先に歩いてもらってるのですが、今回は頂上手前で父ちゃん、頂上を譲ってくれました~
Dscn0947
,
,
,
やった~
頂上に着いた!!1615m。
富士山。バッチリ!!
う、う、美しい!!
Dscn0956
.
.
.
いい具合の雪~
春にこんな素敵な富士山見れるなんて~
Dscn0961
.
.
.
三ツ峠山が見えます。
Dscn0951
.
.
.
途中先っぽしか見えなかった富士山。
少しずつ見えてきた後の、このでっかい富士山。。。。
よく歩いたなあ~
.Dscn6406
.
.
感動の瞬間です~
この続きは滝子山② ~難所、滝と花の道を下る~

2017年4月30日 (日)

念願の。。。鍋割山②~暖かな花の道を~

4月21日。

あいにくのくもり空の中、念願の鍋割山登頂と鍋焼きうどん。

あとは下山です。来た道を戻るよりは違う道を。。。ということで栗の木洞経由で。

登るときに見た一本のマメザクラの木。

均整がとれていて、とても樹形のいいさくらでした。

公園に植えた桜?かのようなバランスのよいマメザクラ。どこから見ても左右対称っぽい。

登山道、下方から見たマメザクラ。

Dscn0542
.
.
.
そして登山道上部から見たマメザクラ。
Dscn6381
.
.
.
まだまだ新緑が乏しい山道にピンクのミツバツツジがとても映えます。
Dscn0549_2
.
.
.
きれいだなあ~
Dscn0550
.
.
.
Dscn0551
.
.
.
やせ尾根に出ると、遠くにもマメザクラやツツジがところどころに彩って目の保養になります。
Dscn6382
.
.
.
ここは。。。。
新緑が芽吹き始めた中でのマメザクラ。柔らか色の風景です。
Dscn0552
.
.
.
このスミレは?花びら全部にラインが乗っています。
Dscn0554
.
.
.
マメザクラの道を過ぎると杉林が続きます。そして。。。。
栗ノ木洞、908Mに到着。
景色はありません。
休む間もなく出発です。
Dscn0556
.
.
.
櫟山に着きました。
ここは街並みも見えるし、桜の木も多く、そしてスミレがいっぱい。少しここで休憩です。
お日様が当たるようになってきて、、、、暖かい。
Dscn0559
.
.
.
二色のすみれが一緒に咲いていたり。。。。
Dscn0560
.
.
.
タチツボスミレはあちこちにいっぱい。
Dscn0568
.
.
.
日のあたる斜面は暖かく、スミレの花も多い~
そして、このヤマルリソウもあちこちで見られます。
かわいい~
Dscn0569
.
.
.
このスミレは。。。。葉から。。。。
ナガバノスミレサイシンかな?
Dscn0572
.
.
.
桜の花弁の散る道を下っていきます。
Dscn0573
.
.
.
ニガイチゴ。(モミジイチゴに花のつき方が似ています)
Dscn0576
.
.
.
まとまって咲くヤマルリソウ。
Dscn0578
.
.
.
ユリワサビ。
Dscn0580
.
.
.
そんな花の道を歩いているうちに、県民の森駐車場に到着。
そこで見つけたこんな小さなスミレ。人差し指の先っぽと同じくらいの小さなスミレ。
ニョイスミレかな。。。。。?
Dscn0582
.
.
.
モミジイチゴ。
Dscn0584
.
.
.
道際に咲くヤマブキ。
Dscn0588
.
.
.
くっきりしたブルーがきれいだったのでもう一度ヤマルリソウ。
Dscn0589
暖かい陽のあたる下山道、お花を眺めながら、楽しく降りてきました。
春先のお山はやっぱりいいなあ~

2017年4月29日 (土)

念願の。。。鍋割山① ~潤い豊かな道を~

4月21日。

久々にお山へ出かけてきました。

何度もキャンセルになっていた鍋割山。

お天気はいまひとつだったけど、最近は出かける機会もそうないので、雨が降らない限り。。。。ということで出かけてきました。

歩いていないので、足に自信がなくて。。。

ルートの中で、一番短い距離を歩く、県民の森駐車場からスタートです。

駐車場には二台ほど車が止まっていました。

AM7時出発です。

駐車場までの道沿いにヤマブキの花がたっくさん。

少しお花も期待して。。。。。

f

駐車場の案内板にはお出迎えのスミレがこんなところに。。。。

なかなかおっしゃれじゃない?

Dscn0490_2
.
.
.
登山道というより、林道をのんびり歩きます。
広く歩きやすいので、それほど疲れはまだでません。
ところどころに。。。。白い桜?
真っ白な綿菓子のような木が山の春を物語っています。
Dscn0492_2
.
.
.
山肌に清水がちょろちょろ。
小鳥の鳴き声と、清水の水音のデュエットは心地よく。。。。。
Dscn0494_2
.
.
.
そして、川の流れが大きくなるとともにでてきたのは砂防ダム。
そこから流れ落ちる水量の多いこと。
いつもこんなものなのかしら?
Dscn0497_2
.
.
.
これだけでもいい景色だね~
川を渡るための木の橋。
渡るのにわくわくします。
Dscn0499_2
.
.
.
これがあるおかげで、濡れずに行けるのですね~
Dscn6369_2
.
.
.
スミレ色の花が多い中、黄色い花はハッとさせます。
ミヤマキケマン。
Dscn0506_2
.
.
.
途中、鍋割山荘へ運ぶペットボトル水場がありました。(写真を撮るのを忘れちゃった)
これがあの有名な水かあ。。。。。
私の背中には二リットルは無理かなあ。。。。
とそこで見つけたのがカセットコンロのボンベ。三個入りのが4つ。
「運んでくださると助かります」のメモが。
これを父ちゃんと分けて持っていくことに。
父ちゃんは三個入りを3個。
私は三個入りを1つ。
これだったら大丈夫。
がんばるぞ!!鍋焼きうどんのためだあ~
とここからは、急勾配になります。
今までの道やさしかったけど、これから本格的な道。
この小さな滝で、水の癒しともお別れです。
Dscn0507_2
.
.
.
ゆっくり登っていきます。
エイザンスミレ。。。みっけ。
Dscn0509_2
.
.
.
白いスミレはなにスミレ?
マルバスミレかな?
Dscn0510_2
.
.
.
お~
遠くに見えていたところどころのミツバツツジが。。。。すぐ近くに現れた。
苦しい道のりだけど、こんな花があると元気になる。
Dscn0513_2
.
.
.
後沢乗越に到着。ここから分岐で鍋割方面へ。
尾根にでた。ここまで来たことがうれしくなります。
ここからどんな景色が待ってるのかと思うと、わくわく。
Dscn0516_2
.
.
.
わーいわーい。。。。念願のマメザクラに出会えた。
ほっんとにかわいらしい桜。
Dscn0518_2
.
.
.
みんな下を向いて咲いてる~
そして小さな赤い葉も一緒に出てるのが特徴かな?
Dscn0520_2
.
.
.
山で見る桜はまた格別だ!!
Dscn0521_2
.
.
.
なかなか全体を写真で撮るのは難しくって。。。。
ソメイヨシノみたいにこんもり咲かないから。。。。
それだけに、写真には撮りにくいかど、自分の目で楽しめる。。。そんな喜びもあります。
Dscn0522_2
.
.
.
高度があがるにつれ、アセビの花も現れてきました。
そういえば。。。。。昨年、塔ノ岳に行ったとき、たくさん見たな~
Dscn0530_2
.
.
.
両サイドにアセビの花を見ながら歩く。
Dscn0532_2
.
.
.
お米の粒が並んでるみたい~
Dscn0533
.
.
.
下から見ると、、、、カエルの卵?
Dscn0534
.
.
.
やっぱりこの角度がいいね。
Dscn6377_2
.
.
.
そして無事頂上に到着。
誰もいなかったよ~
待望の鍋焼きうどんも今日二組目。
平日だからって、、、、少なすぎない~?
そういえば、いつも、歩いているときに何組も追い越していくのに、今回は追い越されたのはゼロだった。
Dscn0535
いや~
歩いてる時は暑いくらいだったのに、頂上でじっとしてると寒くなってきます。
そんな時のこのうどん。
温まるし。。。おいしい~
具だくさんで完食です。
食べてる間に。。。。次々と登山客の方が登ってきました。
やっぱり。。。人気のお山だったんだあ~
みーんな、おいしそうに鍋焼きうどん。。。召し上がっておりましたヨ。
.
.
.
残念ながら、富士山は見えません。
また次の機会だね~
念願の鍋焼きうどんを食べられて、満足な山歩きでした。
秦野の街?が見えていました~
Dscn0538
.
.
.
おっと忘れていました。。。。
鍋割り山は、標高1272m。
Dscn0539
.
.
.
下山編は次回で~す。
念願の。。。鍋割山② ~暖かな花の道を~へ続きます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー